知識に投資することは、常に最大の利益をもたらす

  • 追加
  • 「知識に投資することは、常に最大の利益をもたらす」とはアメリカ独立戦争時の政治家・外交官であり、凧を用いた実験で雷が電気であることを明らかにした人物です。
    子供は、よく「こんな勉強、意味あるの」といった問いを大人に投げかけることがあります。
    こういったことを聞かれて返答に窮した経験をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。
    この言葉の前後を紹介すると、
     もし、その人の頭の中が空っぽなら、その人は何も手に入れることができない。
     なぜなら、誰もその人から得られるものがないからだ。こうしてみると、人生において最大の投資法というのは、
     自分の勉強への投資であることがわかるだろう。そこに最高の利子を生む源があるからだ。
    仕事をしていくうえでとても重要なものの一つに「人脈」があります。
    自分自身が「空っぽ」な人は相手に自分と付き合うことのメリットがない会話をしてしまうかもしれません。
    それでは、一向に「人脈」は広がりません。
    自分自身の価値を高めるためには、自分で知識を増やし、多くの物事を知らねばなりません。
    たしかに、現代はインターネットの発達により単純な知識は努力なしに手に入れることができるようになりました。
    しかし、自ら知識を増やし関連知識を結び付けてネットワーク化するためには、能動的に知識を得て、実行に移し、体得せねばなりません。
    知識が簡単に手に入る時代だからこそ、知識を得る時間に投資をすることで「教養」という利子を得るべきではないでしょうか。




    おすすめ関連サイト



    関連ネタ & スポンサーリンク