趣味の車について

  • 追加
  • 私は小さいころから車が大好きで現在でも車を趣味としています。
    ドライブはもちろん、車を触るのが好きで色々とメンテナンスを含め暇があれば触っておりますが、一番大事なことは全てのパーツに長所・短所があり、それぞれが繋がって走ること・安全面等が成り立っています。
    例えばタイヤはスムーズに転がるように丸い形状になっており、振動・乗り心地をよくするために、ゴムの素材やタイヤの溝等に手が加えられております。がタイヤだけでは前に進めません。エンジンをつけて動力を分けてもらわないといけないのです。またハンドルがないと行きたい方向へ向きを変えれません。そういったいろいろなパーツが組み合わさることにより、一つの車として思うように動く訳です。

    私は会社という組織も同じだと考えます。

    一人一人は多種多様長所・短所がありますが、それが組み合わさって一つの組織として前に進んでいくものと思っています。

    方向を変えるハンドルの役目は会社の方向性を・前に進もうとするエンジンは会社の動力となり・振動を押さえるタイヤはとっさに起こりうる柔軟な対応それぞれが各個体としては長所・短所がありますが、短所を補い合えば完全な物・いえば組織として成り立っていると感じます。

    物は経年劣化するものですが、人は年を重ねることにより、一層経験・知識を持ち、前に進むことを覚えますのでこれが唯一の違いかなと感じます。

    最後になりましたが、全員が一つの組織として仲良く弱点を補いあいながら盛り上げていきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。




    関連ネタ & スポンサーリンク