プロスポーツ選手からスランプの脱出方法を学ぶ

  • 追加
  • 仕事が思いのほかはかどらなかったり、小さなミスが増えたりしたことはありませんか。
    体調は良好なのに、努力しても結果が出ない、今までできていたことが出来なくなったと感じることはありませんか。

    長い間、仕事を続けていれば、誰にでも一度はこういったスランプが訪れると思います。
    そういう自分に対して、限界を感じ、原因が分からない焦りがさらに不安を助長させます。
    それらがストレスとなって、仕事に対するモチベーションが下がり、周囲への気遣いが出来なくなるなど、悪循環となってしまいます。

    常に心身を鍛えているプロスポーツ界の選手も、このようなスランプに悩まされ、結果を出せなくなることがあります。
    ただ、彼らはそういったスランプに陥らないように普段から心がけている事があるそうです。

    例えば、メジャーリーガーのイチロー選手や、プロテニスの錦織選手、プロゴルファーの松山選手などはスランプに対し、とても楽観的な思考をもっています。

    プロの世界ですから、プレーをする環境が常に変化するのは当たり前で、とてもストレスにさらされやすい環境にあるといえます。
    しかし、そんな環境でも彼らはいつもと同じ練習をこなし、なんら特別な事をすることなく試合に臨みます。
    そして、その結果に対し一喜一憂せず、冷静に受け止めます。

    彼らはスランプを自分の思いこみとわかっています。
    スランプを意識し、それを克服しよう、乗り越えようとは考えません。

    仕事においても、自分のやるべきルーティンを淡々とこなし、悩まない。そのうち、これまでと同様に良い結果が出るのはわかっている。そして、挑戦や失敗を恐れない。
    プロから学ぶスランプの克服方法は、自分を信じる、というシンプルだけど、とても大切な思考を持つことでした。




    関連ネタ & スポンサーリンク