出身はカーリングで有名な北海道北見市で、自称文学青年です

  • 追加
  • 皆さま、お早うございます!このたび、こちらにお世話になることになりました、山本太郎と申します。慶応大学理工学部 電子工学科を今年卒業しまして、出身は北海道の北見市です。

    北見市はどこにあるかと申しますと、北海道地図を見たとき、すぐ横に北方領土がありますがそのすぐ近くで、なんといっても有名なのはカーリングです。先日の平昌オリンピックで女子カーリングチームが銅メダルを獲りましたが、カーリングの盛んな街として有名になったその町です。冬はとても寒く、冷蔵庫が必要ないと言われている地域で、1か月の暖房でかかる燃料費が5万円くらいですので、いかに寒いかが想像していただけると思います。

    私自身はスポーツはあまりやらなくて、趣味としているものは本を読むことです。少し時間があるときは常に本を開く自称文学青年です。好きなジャンルはミステリーで、多くの作家の作品を満遍なくよく読みます。高校時代の最初の読書体験で魅力にハマリ、以来、ミステリー小説の最後の謎解きが展開されて、どんでん返しの記述部分を読んでいるときは一種の快感やカタルシスを感じます。

    学生時代はアルバイトもよく行い、時給の高いところを選んでたくさんの種類のバイト経験があります。時給が高いところばかり選んだ理由としては、親に学費以外の迷惑をかけたくなく、せめて衣食住の生活する上で、かかるお金だけは自分で稼ぎたかったからです。多くの種類のバイトをしたお陰で、たくさんの実社会を体験でき貴重な経験をした思っています。

    本日から会社に入社し、早く会社のためになる仕事をしたいと考えております。まだ所属は決まっていませんが、配属されたところの即戦力になれるよう全力を尽くしますので、どうぞ皆様宜しくお願いいたします!




    関連ネタ & スポンサーリンク