東京ディズニーランド35周年から学べること

  • 追加
  • 今年2018年度で、東京ディズニーランドが開園35周年となりました。

    日本では様々なレジャースポットが経営不振から幕を下ろしていく中、入園料金が値上げを続けているにもかかわらず、なぜディズニーランドは世間から人気を集めるのでしょうか。

    それは、『料金を上回る高いホスピタリティー』が勝因の一つだと私は考えます。ディズニーランドへ行ったことがある人ならば、掃除担当のキャストが掃除用のモップに水をつけ、ディズニーキャラクターのイラストを地面に描いているという光景を目にしたことがあると思います。

    実はこれは、オリエンタルランド社のマニュアルにはない事で、自らが始めたお客様へのサービスだと言われています。この他にも、ディズニーランドでは一人一人がお客様の笑顔を見るために、独自の発想を活かして仕事をしているのです。

    これは弊社でも参考にすべきホスピタリティではないでしょうか。マニュアルにただ従うだけの仕事では、会社の成長にも自分の成長にも歯止めをかけてしまいます。仕事に来るのが憂鬱、仕事が辛い、そんな時にこそ仕事を通して誰かを喜ばせたり、自分が満足できるような発想を考えていくべきなのではないでしょうか。

    業種は違えど、そんな東京ディズニーランドが開園してからの35年間と、私が生きてきた数十年間、何が違って何を学ぶべきなのかということを今日から考えながら、目の前の仕事に取り組んで生きたいと思っております。




    おすすめ関連サイト



    関連ネタ & スポンサーリンク