子育て中の親御さんへ

  • 追加
  • かつて保育士さんから聞いた名言です。

    毎日朝から夜中まで、24時間子どもと接しているとイライラすることも多いですね。
    ついつい怒鳴ってしまい、後から反省することもしばしば。
    そんな時、この言葉を思い出すと良いですよ。

    「怒る時は小さな声で、ほめる時は大きな声で。」

    確かに、その通りです。
    怒る時は子どもを近くに寄せて、今何をしたか、
    それがどうしていけないのかを静かに語って聞かせます。
    外出中ならなおさら、このように伝えるのが賢明ですね。
    よく電車内などで「うるさい!」と怒鳴っているお母さんがいますが、
    「あなたが一番ウルサイ・・・」と思うことがあります。

    逆にほめる時は感情をこめて「○○ちゃん、スゴーイ!!」と
    大げさに喜んで伝えます。
    親御さんが嬉しそうにしているのは、子どもにとっても
    とても幸せなことなのです。

    これはもしかしたら大人にも通用するのかもしれません。
    誰でも、叱られる時は回りに気付かれたくないですし
    できれば個室で静かに注意されたい。

    反対にほめられる時は自慢したいですし、皆に聞いて
    もらえれば株が上がる、という心理になります。

    ちょっとした心遣いで人間関係もスムーズになるのなら
    言うことありませんね。
    私は今でも実践しています。

    スポンサーリンク




    関連ネタ & スポンサーリンク