ハインリッヒの法則について

  • 追加
  • 「ハインリッヒの法則」とは、アメリカの「ハーバート・ウィリアム・ハインリッヒ」がある工場で発生した労働災害(約5,000件)を統計学的に調べ、導き出した法則です。

    1件の重大事故の背景には、29件の軽微な事故があり、その背景には300件ものヒヤリハット(事故には至らなかったが、ヒヤリとした出来事)が発生しているというものです。

    例えば、自動車の運転をする際、危うく歩行者を巻き込みそうになった、前方不注意で前の車に衝突しかけたなど、事故には至らなかったがヒヤリとした出来事が300回続けば、その内、車をこすってしまった、駐車時にバック事故を起こしてしまったなどの軽微な事故が起き始めます。
    そしてその軽微な事故を29回繰り返すと、小さな子供を巻き込んでしまった、何台もの車が絡む玉突き事故、最悪の場合、死亡事故に繋がるような重大事故が起こってしまうという事です。

    何が言いたいかと言いますと、
    重大事故は「起こるべくして起こる」という事です。

    これは自動車の運転を例にあげましたが、様々な職種、仕事など、あらゆるものに生かす事が出来る法則だと思います。

    こういった重大事故を起こさない為には、まず軽微な事故を起こさない、それ以前に、そもそもヒヤリハットを起こさないようにする事が大事だと考えます。

    事故が起こってから対策を考えるのではなく、ヒヤリハットが起こった時点でどうすればヒヤリハットが起きなかったかを考え、再発防止策を練り、事故を未然に防げるよう仕事に取り組んで行きたいと思います。

    スポンサーリンク




    関連ネタ & スポンサーリンク