スポンサーリンク



働きアリは働かないか?

  • 追加
  • 働きアリはあまり働いていないのだそうです。動物行動学の研究者がアリの巣を長く観察を続けるなかで気づいたことですが、アリの集団のなかにはどうみてもただウロウロするだけで、何の役にも立っていないアリがおり、統計を取ると、全体の二割はちっとも働いていないことがわかりました。また六割が働くこともあれば、サボることもあることもわかりました。ずっと働いているのは全体の二割です。働きアリといっても、実際にはあまり働いていないようです。そこで、その研究者はこう考えました。よく働く二割のアリだけを集めれば、さぞかしよく働くだろう・・・・そこで実験をしましたら、なんと働くはずのアリだけを集めたはずなのに、やはりよく働いたのは二割だったそうです。同様に、ちっとも働かないアリだけを集めてみたところ、その中の二割がよく働くようになり、四割はどっちづかず、二割は少しも働かないのだそうです。これは蜂の場合にも同様ということです。つまり、普段は遊んでいるように見える蟻や蜂も環境が変われば働くような、そんなシステムがDNAに組み込まれているのかもしれません。すべての働きアリがいっぺんに働くと、かえって仕事の効率は悪くなるようです。それでは人間の場合はどうでしょうか?確かに社内には、しゃかりきに働く人もいれば、遊んでいるようにしか見えない人もいます。だからといって、彼もそのうち働くようになるよ、遊んでいる社員と昆虫をいっしょくたにすることはできません。アリとちがって、人は自分で仕事のモチベーションを高めることもできます。人間は昆虫のような条件反射的な行動でなく、自らの行動を自分で選ぶことができます。人間は環境が変わらなければ働かないというものではなく、自分で意思で仕事をみつけ、働くことが可能だからです。自分で働くことを選ぶ。今日一日がそんな日でありたいと思います。

    目次に戻る⬆

    スポンサーリンク




    ハインリッヒの法則

  • 追加
  • ハインリッヒの法則とは、安全に関する有名な法則で、「ヒヤリハットの法則」といわれることもあります。

    みなさんも仕事をしていて「この作業は危険だな」「あれは危ないところだった」「もうちょっと安全にうまくやる方法はないか」など感じることがあると思います。
    これらの危険な事象に関して、その危険度合いを3つに分類してみますと、危険度の低いものから順に「ハッとしたこと」「ヒヤリとしたこと」「重大事故」に分けられます。

    「重大事故」が1件発生すると、それに関連がある「ヒヤリとしたこと」がすでに30件発生していて、さらに、それに関係する「ハッとしたこと」は300件も発生しているというのが、「ハインリッヒの法則」が示している事実です。

    「重大事故」は事故にあった個人はもちろんのこと、その家族、友人、同僚、所属する会社、取引先、すべての人を悲しませ、苦しませてしまいます。このような重大事故を防ぐために、関係者全員が努力しなければなりませんが、抽象的に、言葉だけで「安全作業をしよう」「危険な作業はやめよう」と言っていてもなかなか効果は上がりにくいものです。

    だれもが一度は経験するような、仕事をしていて「ヒヤリとしたこと」「ハッとしたこと」について、その状況や原因について、関係者みんなが共有し、対策を考え、再発防止に努めることで、その先にあるかもしれない「重大事故」を防ぐことにつながります。

    毎日の仕事の中で、危険のサインを見逃さないように、見つけたらすぐにその危険の要因を除去できるように、今日も細心の注意を払いながら仕事を進めていきたいと思います。

    目次に戻る⬆

    スポンサーリンク




    「困難は分割せよ」を改めて考える

  • 追加
  • 「困難は分割せよ」。

    このことばはあまりにも有名なので、みなさんも聞いたことがあると思います。
    ビル・ゲイツをはじめとした多くの人がこの言葉を引用していますから。

    この言葉はフランスの哲学者・数学者であるルネ・デカルトが、これまた「我思う、故に我あり」で有名な『方法序説』で述べていることです。

    ただ、あまりにも有名でよく聞くので、聞き慣れてしまってこのすばらしく簡潔な警句について、大事であるという意識が薄れているようにも感じます。
    それはとてももったいないことです。そこで改めて、この言葉について考えてみます。

    まず、デカルトは『方法序説』のなかで、正確には以下のように言っています。
    「検討している難問をできるだけ多くの部分、しかも問題をより良く解くための小さな部分に分割すること」。
    より良く解く、というのは、より良いベストな解決策を与える、ぐらいの意味です。

    デカルトはこの言葉を、数学の問題を解く上での規則として書いています。
    それも4つある規則のうち一つです。
    残りの3つを挙げると、この言葉はより生きてきます。

    第一は、注意深く速断と偏見を避けること。
    第二は先程の、困難を分割すること。
    第三は、単純なものから始めて複雑なことへ登っていくこと。たとえそのままだと順序がつかないものにも一度順序をつけること。
    第四は、最後に全体を見渡して見落としがないことを確認すること。

    原文はもっと長く書いてますが、私なりに抜き出すとこんな感じです。
    これら4つは、数学だけでなく全ての困難な仕事に当てはまると思います。
    あわてて決断するのを避けて注意深く見て、困難を分割して、最初は単純なものから始めて順序よく片付け、最後は全体を見渡して見落としがないかを確認する。

    複雑な問題、難しい仕事を考えてこなす上で、困難を分割する以外にもこんな大事なことがあったのです。
    これからの仕事にも困難が伴いますが、より実践的になった4つの規則を胸に、最高の仕事をしようと思います。

    ご清聴ありがとうございました。

    目次に戻る⬆


    文章の第一印象

  • 追加
  • よく第一印象は、メラビアンの法則により5秒弱の見た目で決まってしまうと言われ、会った瞬間に身だしなみや仕草などが見られていると言われています。

    しかし、実際には会う前に印象はかなり決まってしまう事が多くあります。
    それは、「文章の第一印象」です。

    就職活動なら履歴書の志望動機、営業ならアポイントのメールなどによって会う前にその人が書いた文章を目にし、文体や構成などでイメージが出来てしまいます。

    文章による印象が悪いと、就職活動なら面接までたどり着かず、営業なら新規顧客の喪失などにつながります。

    業務連絡などのビジネス文書でも、文体や構成などで良くない印象を与えてしまうと、直接会った時にトラブルが起こりやすくなります。

    私も堅い文章を書いてしまうので、初対面の人に「意外と気さくな人なんですね」と言われます。

    文章の印象は、語彙力を駆使して字面を整えたり、高度な表現力で読者を惹きつけなくても、統一された文面と「読む人の事」を考える事で文章による印象を良くことが出来ると思います。

    例えば、ビジネス文書なのに馴れ馴れしい文体で書かれると信頼できなくなりますし、プライベートのやりとりで堅い文章だとよそよそしい印象になります。

    全ての人に対して印象の良い文章を書くことはできませんが、読む人を想定して、その立場に立って考えながら文章を書いていくことはそれほど困難ではないと思います。

    そしてそのことよって、印象を良くし、面接する機会を得たり、顧客を説得できたり出来るのではないでしょうか?

    目次に戻る⬆


    時間は平等、体感は自分次第

  • 追加
  • 皆さんは「ジャネの法則」をご存じでしょうか?

    「ジャネの法則」とは、フランスの哲学者ポール・ジャネが発案した「時間の心理的長さは年齢に反比例する」という心理法則であり、
    よく先輩や上司が言う「歳を取れば1年なんてあっという間だぞ!」なんて有難いお言葉とほぼ同じ意味、詰まるところ人は歳を取るにつれ時の流れがやたらと短く感じてしまう生き物なのだと言い表しています。

    確かに20歳の人にとって1年はその人生においてわずか20分の1でしょうが、40歳の人にとって1年はそのさらに半分である40分の1。
    さらにその差分となる20年間、個人差はあれども皆、様々な事を学び生きているのですから、たとえ数字上の話と言えども、歳を取るほどに1年の比重がどんどん小さくなっていくのは致し方のない事実だと言えます。

    しかしながらこの「ジャネの法則」、あくまで過ぎ去った1年を振り返ってのものであり、現在進行形で感じる体感時間とは微妙に話が異なります。

    幼い頃「まだ遊び足りなくて時間が足らない!」なんて感じた事はありませんか?
    逆に大人になるにつれ「あれだけ仕事したのにまだこんな時間なのか?」と、やたら時間の経過を長く感じた事もあるでしょう。

    時間とは、すべての人間に平等でありながらも、その時々の充実感・充足度により長くも短くも感じ取れるものです。

    もしもあなたの1日がやたら長く感じるならば、それは余程に退屈な日常を過ごしているのだと自覚するべきかもしれませんね。

    目次に戻る⬆


    262の法則

  • 追加
  • 2,6,2の法則を聞いたことがありますか?
    結構有名な法則なのでご存知の方が多いかもしれません。
    人が集団になると、そのうちの2割の人が優秀で生産性が高く、6割の人は優秀でもなく、不出来でもなく凡庸で、残りの2割が不出来で生産性型が低い能力の低い人に自然と分かられるという法則です。

    私は必ずしもこの法則が正しいとは思いません。
    1つの仕事の局面や1つの作業だけで見れば、この法則が当てはまってしまうかもしれません。
    誰しも得意苦手はあるものです。

    でも、仕事は1つだけの作業や、1つだけの局面で出来ているものではなく、いくつもの局面と作業の連続して出来ているものです。
    そして、幸いなことに私たちは会社に所属して部署として仕事に当たっています。
    例えばある人事務作業は得意ですが、お客様と会話を膨らませたり、お客様の気持ちを聞き出すのは得意ではありません。
    上がってしまって、頭の中が真っ白になってしまうのです。
    だけど、その分、確実な事務作業を行うことは得意です。
    この部署の中にその人とは反対の人もいると思いますし、一部は似ていて一部は全然似ていない人もいると思います。

    なら、その人は事務作業が苦手な方の事務作業をカバーすることはできます。
    その分、お客様とのやりとりは別の得意な人の力を借りることもできるはずです。

    このように、集団として誰かの苦手は誰かが補うという仕組みができていれば、2,6,2の法則は簡単に崩すことができます。
    補い合うことで高め合い、優秀な2の部分を3にも、4にもできるのも、集団ならではの力ではないでしょうか。

    目次に戻る⬆


    近年の少子高齢化について

  • 追加
  • ビジネスの中でよく使われる2-6-2の法則。組織は上位2割と中間層6割下位の2割で構成されており、どのような人員構成をしても必ずこの後世になるように終息していきます。

    たとえば、よくエサを集めている働きアリですが実際には2割のアリは何もせずにフラフラと歩いているだけで何もしていないと言われています。
    この2割の働きアリを排除したらみんな働き出すのかと思いきや、働いていた中の2割が働かなくなりフラフラとし出すそうです。

    企業としてよく働く上位2割の力を入れていくのか、働かない下位2割に力を入れていくのかで方向性が見えてきたりします。
    今この中でも、真剣に聞いてくれている人が2割、そこそこ聞いてくれている人が6割、まだ話すネタが決まっていなくてどうしようか考えている人が2割だと思います。

    とまあここまではよくビジネスの中でも良く聞く話です。

    ここ最近の研究でわかった事らしいのですが、働きアリの世界に関してこの下位2割のアリたちは決してさぼっているわけではないことがわかったそうです。

    働きアリの仕事には休むことのできない仕事があります。女王が産んだ卵を舐め続けると言う仕事があるそうなのです、
    これは卵を乾燥で死滅させない為のものなのですが継続した仕事は組織全体がそれに向かって全力で行うことができないそうです、
    他のものが働いている間に継続して仕事を行うために休んでいるそうなのです。

    この事から休むことも仕事の一つで重要なことだと言うことがわかったそうです。

    目次に戻る⬆


    2-6-2の法則

  • 追加
  • ビジネスの中でよく使われる2-6-2の法則。組織は上位2割と中間層6割下位の2割で構成されており、どのような人員構成をしても必ずこの後世になるように終息していきます。

    たとえば、よくエサを集めている働きアリですが実際には2割のアリは何もせずにフラフラと歩いているだけで何もしていないと言われています。
    この2割の働きアリを排除したらみんな働き出すのかと思いきや、働いていた中の2割が働かなくなりフラフラとし出すそうです。

    企業としてよく働く上位2割の力を入れていくのか、働かない下位2割に力を入れていくのかで方向性が見えてきたりします。
    今この中でも、真剣に聞いてくれている人が2割、そこそこ聞いてくれている人が6割、まだ話すネタが決まっていなくてどうしようか考えている人が2割だと思います。

    とまあここまではよくビジネスの中でも良く聞く話です。

    ここ最近の研究でわかった事らしいのですが、働きアリの世界に関してこの下位2割のアリたちは決してさぼっているわけではないことがわかったそうです。

    働きアリの仕事には休むことのできない仕事があります。女王が産んだ卵を舐め続けると言う仕事があるそうなのです、
    これは卵を乾燥で死滅させない為のものなのですが継続した仕事は組織全体がそれに向かって全力で行うことができないそうです、
    他のものが働いている間に継続して仕事を行うために休んでいるそうなのです。

    この事から休むことも仕事の一つで重要なことだと言うことがわかったそうです。

    目次に戻る⬆


    メラビアンの法則

  • 追加
  • メラビアンの法則とは、人と人とのコミュニケーションにおいて、どこから得た情報で人は印象を決めたり、行動をとったりするか、というものです。

    その結果は、話の内容など、言語の情報が7%。耳から得る情報、口調や話し方などが38%。目から得る情報、見た目などが55%となっています。
    言語、聴覚、視覚、それぞれの英語の頭文字をとって3Vの法則とも言われます。

    この結果から、人は目で得る情報でおおよそ半分は相手の印象なりイメージを決めていることになります。
    ぱっと見の印象を得て、それから話し方、内容、と中身を見ていくわけです。

    つまり、相手に好印象をもってもらうには、まず見た目を良くするのが近道ということになります。
    営業で悩んでいる人は、挨拶する姿勢、話をする姿勢、身だしなみ、そこを直すだけで変わることがあるかもしれません。
    なるべく毎朝鏡で自分を見て、格好は変ではないか、髪型は清潔感があるか、顔色は悪くないか、チェックするだけで変わると思いませんか?

    大事な相手と話すときはその直前にもチェック。
    この結果をみると、そうしてまず見た目にこだわることも大事な仕事だと思えます。

    身だしなみが気に食わないと、どんなにいい話をしてどんなにうまいセールストークをしても、なんか気に入らない、そんな理由ではじかれるかもしれないのです。

    人は見た目じゃない、なんて言いますが、仕事では印象はとても大事な肩書きになると思います。

    まずはみなさん、見た目を気にしてみませんか?

    目次に戻る⬆


    2:8そばと10割そば

  • 追加
  • 美味しいおそば屋さんほど、うちは2:8です。
    うちは10割ですとそば粉とつなぎの配合割合を謳っています。

    2:8そばは、その中でもつなぎが2割、そば粉が8割というものになります。
    2割のつなぎがそば粉のつなぎを良くし、喉越しが良く風味豊かなおそばを引き立ててくれています。

    業務の場においては、パレートの法則というものがあります。

    売上の8割が全体のお客様の2割でまかなわれている。
    売上の8割は2割の従業員で生み出している。

    このように統計学上の偏りで8割のものを全体の2割で構成する現象のことを言うそうです。

    しかし、私はこう考えます。
    会社は、全体を10としてみた場合、主要な部分を担当する8と、それを補助する2で構成されている。

    役割の分担と言うのは実はとても難しいことだと常々考えています。
    担当する業務の一部を、補助してもらうには信頼関係が何よりも大切になってきます。

    先ほど例に出したパレートの法則にのっとると2割の人間しか働いていないように感じます。
    しかし、実際にはここにいる私を含めた全員が仕事に一生懸命取り組んでいるはずです。

    自分の業務が主要な8なのか、それを補助し助け、うまくまわるように調整する2なのかは、それぞれあるでしょう。

    しかし、相互に助け合うことで初めて10として完成します。

    おいしい2:8そばは、喉越しがよく香り豊かです。
    今日の業務でも、私たちがそれぞれの立場でしっかりと業務を遂行することで、
    2:8そばが10になるのと同じように、よりよい業務を行っていけるのではないかと考えました。

    今日も一日よろしくお願い致します。

    目次に戻る⬆


    ハインリッヒの法則について

  • 追加
  • 「ハインリッヒの法則」とは、アメリカの「ハーバート・ウィリアム・ハインリッヒ」がある工場で発生した労働災害(約5,000件)を統計学的に調べ、導き出した法則です。

    1件の重大事故の背景には、29件の軽微な事故があり、その背景には300件ものヒヤリハット(事故には至らなかったが、ヒヤリとした出来事)が発生しているというものです。

    例えば、自動車の運転をする際、危うく歩行者を巻き込みそうになった、前方不注意で前の車に衝突しかけたなど、事故には至らなかったがヒヤリとした出来事が300回続けば、その内、車をこすってしまった、駐車時にバック事故を起こしてしまったなどの軽微な事故が起き始めます。
    そしてその軽微な事故を29回繰り返すと、小さな子供を巻き込んでしまった、何台もの車が絡む玉突き事故、最悪の場合、死亡事故に繋がるような重大事故が起こってしまうという事です。

    何が言いたいかと言いますと、
    重大事故は「起こるべくして起こる」という事です。

    これは自動車の運転を例にあげましたが、様々な職種、仕事など、あらゆるものに生かす事が出来る法則だと思います。

    こういった重大事故を起こさない為には、まず軽微な事故を起こさない、それ以前に、そもそもヒヤリハットを起こさないようにする事が大事だと考えます。

    事故が起こってから対策を考えるのではなく、ヒヤリハットが起こった時点でどうすればヒヤリハットが起きなかったかを考え、再発防止策を練り、事故を未然に防げるよう仕事に取り組んで行きたいと思います。

    目次に戻る⬆


    引き寄せの法則について

  • 追加
  • 世の中にはポジティブな人と、ネガティブな人がいます。
    私はどちらかと言うとネガティブなタイプだと思います。
    仕事においても「これは上手く行かないのではないか?」「どうせ上手く行かないだろう」「また何か問題が起こるのではないだろうか?」などと考えがちです。
    そして、何か悪いことが起こると、そのことをいつまでも引きずってしまいます

    先日、テレビを見ていると「引き寄せの法則」というものがあることを知りました。
    例えば、ネガティブな人の友達はネガティブな人が多いそうです。
    反対に、ポジティブな人の周りにはポジティブな人が集まってくるそうです。
    お金持ちの周りにはお金持ちが多いそうです。

    ものの考え方も同様で、いつも何か楽しいことを考えてるいると楽しいことが起こりがちで、悪いことばかり考えると、本当に悪いことが起こるそうです。

    これが「引き寄せの法則」です。

    その他にも、野球選手イチローや、サッカー選手本田圭佑は、小学生の頃からプロの選手になって、世界へ行くと心に決めていたそうです。
    そして自分を疑わずに信じて毎日練習をし続けた結果、彼らの願いは叶いました。
    「願えば叶う」も「引き寄せの法則」のひとつと言えます。

    ただポジティブに考えれば良いわけではなく、当然ながら努力も必要だということを学びました。

    私は毎日を楽しく働き生活するために、この法則を忘れないようにして、常に前向きな意識を持って仕事をはじめ、全てのことに取り組みたいと思うようになりました。

    目次に戻る⬆


    割れた窓ガラス理論と勤務規則

  • 追加
  • 「割れた窓ガラス理論」というものを聞いたことがあるでしょうか。

    この理論は、犯罪の統計学などで取り上げられる理論で、街の中に放置された割れた窓ガラスがあると、「管理体制が不十分であるから何をやっても良い」という意識が働き、他の窓ガラスもどんどん割られてしまう傾向に陥ってしまうということを表しており、管理体制の重要性を考える端緒として使われたりします。

    この「割れた窓ガラス理論」は、会社の勤務規則にも当てはまるのではないでしょうか。

    数分の遅刻だったり、勤務中のメールだったりを放置すると、各スタッフは、「注意されないから良いや」、「みんながやっているから大丈夫だろう」という「割れた窓ガラス理論」と同じ様な状況が浸透してきます。
    そうなると、会社内は無法地帯となってくるでしょう。

    おのおの立場はあると思いますが、先輩として、あるいは同僚として、規律を違反している者に対しては注意していくことが必要なのではないかと感じています。
    割れた窓ガラスが1箇所であれば修理するのは簡単です。

    しかし、次々と窓ガラスが割れた状態となったら、修理をするのも困難ですし、窓ガラスを割る人数も複数に増えるでしょうから、その対策も困難です。
    誰しもが人を注意する事に抵抗を感じると思いますが、無法地帯となってからでは遅いので、職場環境の維持のために、お互いが注意し合える様な信頼関係を構築していければと思います。

    これが、より良い職場環境の第一歩であると信じています。

    目次に戻る⬆


    暇な人ほど忙しい、時間があるほど時間がない

  • 追加
  • 「時間に余裕があり暇な人ほど、時間がなく忙しい」という考え方があります。
    C・N・パーキンソンの『パーキンソンの法則』から、1つエピソードをご紹介します。

    とある老人が知人あてにハガキ1枚の手紙を書くのに1日がかりになることがあります。ハガキを探すのに1時間、メガネを探すのに1時間、住所を探し文面を書くのに2時間、ポストに行くまでに買い物をしようと1時間・・・。このように忙しい人なら全部で5分しかかからないことが、時間を持て余す老人にとっては1日仕事になってしまうのです。時間がある人は「時間があるから」と油断し、するべきことを後回しにしがちです。時間があるからといって他の用事をしたりして、なすべき仕事をいざしようと思うと、時間がなく慌ててしまいます。「忙しい気分」になっているだけなのです。

    逆に、忙しく時間のない人は計画を立てます。時間がないので順序良く効率良く仕事をこなすしかないのです。Aの仕事を5分で終わらせ午前中にはBの仕事にとりかかる・・・結果、仕事を終わらせた後には時間が余ります。良く仕事の出来る忙しそうな人ほど、約束の時間に遅れなかったり、趣味や勉強に時間を費やしていて「忙しいのに凄い人だな」と思うことがありますよね。これは忙しい人こそ、時間を大切に使っていて、時間が余っている証拠です。

    私はこの話を上司に聞いてから、必ず朝一番に仕事の計画を立て、時間が少しでも余るように努力しています。「忙しい」と思っているときほど、「それは本当に忙しいのか?暇が故に忙しい気分になっているのではないか?」と自分に問いかけるようにしています。

    目次に戻る⬆


    充実感のある生活を

  • 追加
  • 若い頃に比べて1日が早い、1年が早いと感じたことはありませんか。この現象は「ジャネーの法則」呼ばれています。

    例えば50歳の人の1年は50年生きてきたうちの1年、つまり1/50であり、5歳の人の1年は5年生きてきたうちの1年、つまり1/5ということになります。同じ1年という期間でも5歳より50歳の人の方が生きてきた年月から考えて短い期間に感じるというものです。

    しかし、こう思った人がいるかもしれません。小さい頃は遊びに夢中で1日が早く感じ、大人になり働いている中でミーティングが長く感じることある。ジャネーの法則に沿って考えると子供は1年が長く感じ、大人になると1年が短く感じるはずなのに、1日ではその逆になっているのはおかしいのではないだろうかと。
    ただし、毎日が早く感じていた子供は1年を振り返ると1年間の記憶は濃密だったと思うでしょう。仕事をただこなし毎日を何となく過ごしていた大人は1年の記憶は希薄なものでしょう。

    ジャネーの法則でいう時間の感覚とは、その瞬間な時間のことではなく、過去を振り返った時に感じる時間ということが重要な点です。
    1年を濃密だと感じた子供はなぜそう感じたのでしょう。それは新しい発見や体験が多いからではないでしょうか。大人になると知識や経験が増えるために1年に濃密さを感じにくいと言えます。

    ちなみに今年は酉年ですね。前回の酉年をみなさんは覚えていますか。
    12年前、2005年の出来事を調べてきました。愛・地球博の開幕、流行語にはクールビズ、ベストセラーには「頭のいい人、悪い人の話し方」、「電車男」などがあります。

    これらの出来事があった12年前から現在までで、自分のことで何を思い出すでしょうか。たくさん思い出せるほど濃密な人生で長い12年だったことでしょう。
    今年も全ての人に平等に与えられた1年ですが、私は新しいことに挑戦して日々を充実させることで、この1年を子供の頃ような濃密な1年にしたいと思います。

    目次に戻る⬆


    引き寄せの法則について

  • 追加
  • 引き寄せの法則とは、「自身が考えたものが望む望まないに関わらず引き寄せられてくる」という波動同調の法則です。

    自分の身の回りで起きていることは、全て自分の思考から生まれた事象である、という法則で、これを上手く活用することで、自分の望みをことごとく叶えている人が世界には大勢います。

    「そんな法則があるなら、世界は幸せな人であふれているのではないか?」と思いますよね。

    しかし、この法則の真理は、「それが既に手に入っているという意識で行動する」ということなのです。
    これがとても重要であり、多くの人が幸せになっていない落とし穴でもあります。

    例えば、「私はサッカー選手になりたい」という願望があるとします。

    これは、「サッカー選手になっていない自分」を認めていることになるため、サッカー選手になっていない自分を引き寄せているのです。
    なので、「私はサッカー選手だ!」というマインドで、サッカー選手と同じような練習やスケジュールを行うのです。
    そうすることで、少しずつサッカー選手という願望が引き寄せられ、やがて実現するということなのです。

    つまり、願うだけで叶うような他力本願なものではなく、願いを受け入れる器を自分の中に用意すること。
    これが引き寄せの法則の神髄なのだと考えられます。

    私も、毎日を楽しく生活したいと考えているので、「私の毎日は楽しい!」と考え、ひとつひとつの小さな喜びに目を向けるよう意識しています。
    そうすることによって、自分の中の幸せのハードルが下がり、小さなことでも喜びを見出せるようになると考えています。

    この法則をもっと生かして、公私共に充実した人生を歩んでいきたいです。

    目次に戻る⬆


    2:6:2の法則について。

  • 追加
  • 2:6:2の法則というのがあります。

    100人の社員がいたとして20人は何も言われなくても自分から率先して働くそうです
    これを自ら燃える自燃集団と呼ぶそうです。

    また20人は何を言われてもあまり働かない、つまり仕事に燃えない不燃集団というそうです。

    残りの60人はその時その時や周りの環境によって自燃集団や不燃集団にいく
    つまり他人や環境に左右される他燃集団と呼ばれるそうです。

    もしあなたがリーダーだとしたらどこに目を向けますか
    大半の人は不燃集団が気になって仕方がないはずです。

    「どうしたらもっとはたらいてくれるの?」
    「みんな働いてるのにどうしてさぼろうとするの?」などなど

    人間は自然と負が気になるようにできているそうです。

    そこで気になる不燃集団を何とかしようと
    時間やコストをかけて
    あの手この手を使いますがなかなかうまくいきません。

    理由は彼らは不燃集団だからです。

    ここで気づいてほしいのですが
    不燃集団20人のほかに80人残っています。

    確かに目についたり気になるのは不燃集団なのですが
    そのた80人の方が働くし且つそのうち20人に関しては
    放っておいても頑張ってくれる貴重な20人なんです。

    時間や労力を自燃・他燃集団に使った方が効果的ではないですか、
    働く環境や条件などいろいろあるとは思いますが
    自分自身は自燃集団でありたいですし。

    リーダーとなる立場であればどこに目を向けるかでずいぶん結果も変わってくると思います。
    2:6:2を活用してみてください。

    目次に戻る⬆


    富士山の写真について

  • 追加
  • 今日は富士山の写真のついてお話ししようと思います。

    富士山といえば、日本の名峰、日本一高い山として、知らない人はいませんよね。
    実は、業績の伸びる会社のは必ずと言っていいほど富士山の写真や絵が飾ってあるのだそうです。

    これは、富士山専門の写真家であるロッキー田中さんの実体験です。田中さんは富士ゼロックスの社員当時、業績伸び盛りの営業先には必ず富士山の写真や絵が飾ってあるのを目にしたそうです。

    そこで、田中さん自身もデスクに富士山の写真を置いて、縁起を担ぐことにしたのだそうです。すると、田中さんは富士ゼロックスの社員1500名の中で営業成績がトップになったのだそうです。もちろん努力はしていると思いますが、富士山を話題に出すことで営業先での会話が弾んだことが、営業成績をあげるきっかけになったのではないかと分析しています。

    富士山は、私たちに生きる上で様々なことを教えてくれます。
    日本一の山ですから、一番になれ、と語りかけているように思います。また、どこから見ても美しいその姿から、いつ何時どんな場所で誰に見られても美しくあれ、という教えも見出すことができるでしょう。私も、富士山を見ていると、自分も立派になろう!と身が引き締まります。

    私も富士山のように立派で、誰がどこから見ても美しく、一番になれるような仕事人を目指して日々頑張りたいと思います。
    さっそく、今日から富士山の写真を用意しました。富士山は誰でも撮れますし、どこからか写真を探してもいいと思いますので、皆さんもお試しください。

    目次に戻る⬆


    3の力

  • 追加
  • 3という数字には不思議な力があります。

    本屋さんにいけば、「○○の3つの習慣」「××の3つの法則」「3つの△△」など、3をタイトルに入れた本が非常に多いです。それほど、3という数字にはすばらしい効果があるといえます。その中でも、習慣と3にまつわるお話をしたいと思います。

    習慣と聞くと、早起きの習慣や勉強する習慣、運動をする習慣などさまざまな習慣が考えられます。しかし、それを習慣化している人というのは果たしてどれくらいいるでしょうか。かく言う私は、社会人になるまでお恥ずかしながら、早起きの習慣というものを身につけていませんでした。弊社に内定を頂いてから、早起きを習慣化しなければと危機感を持ったほどです。

    そんな私が行ったことは、ただ早起きの習慣をつけるということなのですが、これと3という数字にいったいどんな関係があるというのでしょうか?実は、人間が何かを習慣としてみにつけるためには、3つのターニングポイントがあるといわれ、3日、3週間、3ヶ月という3つのスパンがあるようです。

    3日坊主ともいわれるとおり、新しいことを続けようとすると、3日で終わってしまう、というのに覚えがある方は大勢いらっしゃるのではないでしょうか。次にこれを乗り越えたら、3週間ほどたってから、だんだんと慣れてきて、だらけることを覚えるのです。そしてその3週間を乗り越えたら、3ヶ月続けられるかの壁が立ちはだかります。無事、これを乗り切ったら、習慣が身につけられるというのです。

    こういうことを知らなければ、習慣について身につけようと思っても、なかなかできないのではないのでしょうか。人間はこういう風にできているんだ、と客観視できれば習慣化できる人も増えるのではないかと思い、スピーチさせていただきました。

    私は現在、運動する習慣を身につけるよう、このサイクルを頭にいれて日々がんばっていますので、この調子で続けていきたいと思っています。

    目次に戻る⬆


    岩をむ砕く「信念」の力、「成功のイメージ」を終始持ち続けること

  • 追加
  • 今回は『岩をむ砕く「信念」の力、「成功のイメージ」を終始持ち続けること』についてです。

    全ての成功してきた経営者の方が一様に話していることに「イメージ・信念=想念」の力への確信という事実があります。
    松下幸之助氏、本田宗一郎氏、稲森和夫氏、皆その発言録の中で「信念」を持つことの重要性を説きます。

    例えばある商売を始める際、寝ても覚めてもその商品、販売方法のことを考えている方は、注意力が弛んだ神経の方より、「注意力が増す」ことは自明の事実でしょう。
    信念、それも成功するという確信はかならず商品を販売する際、揺るぎない「自信」へとつながり、迫力のある説得力のある商談ができるのではないでしょうか。

    稲森和夫氏はその複数の著作において、さらにこの考えを推し進め「成功のイメージ」を「もう成功した、イメージ」にまで深めなければならないと言います。
    脳をだますと話されておりますが、すでに成功したというイメージは、本当に成功するという事実を「引き寄せる」というのです。

    にわかには信じられない非科学的な話かもしれませんが、成功された方は皆このようなことを仰ります。
    ということは(一流アスリートなどもそうですが)、なにか人知を超えた不思議な力が人間に備わっているのかもしれません。

    このことは私が難関の資格試験や、受験の際にも使ったテクニックであり、そのすべての場面で上々の成績を納めることが出来ました。

    想念の力、しかも「もう叶った」と思うほどの強力な意思の力は、なにも超常的な観点以外の面から見ても、成功しやすい=熱意、モチベーションが高まる、という現実的な状況を産むと思われます。
    溢れるほどの熱意を持ち仕事に打ち込むと驚くほどの成果が生まれる、当然の真理かもしれませんね。

    目次に戻る⬆

    スポンサーリンク




    関連ネタ & スポンサーリンク