漫才について

  • 追加
  • みなさん、おはようございます。
    自分は●●部署に勤めております。
    ○○です。
    今日は元気いっぱいスピーチをさせていただきますのでよろしくお願いします!

    自分は最近ですが、地元の友人が結婚を行い、先日挙式に参加をしてきました。
    それで自分はですが、模様しとして、漫才をさせていただきました。

    何分素人なもので、ただ単に台本を作成して、その通りにお話をすればいいとおもっておりました。
    リハーサルでも結婚式幹事の皆さんにも受けていたのでよかったと思っていたのですが、いざ漫才を行っていると、携帯をいじっている方や自分たちのことを変なものをみるような目でみるような視線を送ってきている人もおりました。

    自分たちも実際に漫才を行っている中で、ん?何かが違う違和感を感じておりました。
    ただオッサン二人が棒読みで言葉発しているような形となってしまい、結局は失敗に終わりましたが、最終的には努力は認めてもらい、盛大な拍手を送っていただきました。

    これで自分たちが感じたことはやはりテレビに出ているようなプロのお笑い芸人や漫才師の方はすごいと思いました。
    言葉一つ一つに力を感じてしまいます。
    これからも仕事とは別に自分は漫才の腕を鍛えていこうかと思います。
    暇があれば会社の休み時間でもご披露をしますので、暇があれば皆さん、見てください!




    関連ネタ & スポンサーリンク