原点に立ち返る

  • 追加
  • そうだ明日、タラへ帰ろう。

    何不自由なく暮らしてきたお嬢様が、荒波に揉まれながら強く自立した女性として波乱万丈の人生を雄々しく生き抜く中で、さらに困難に立ち向かい人間本来の強さを身に付けるという壮大なドラマとして有名な、風と共に去りぬのラストシーンで主人公が語る印象的なセリフです。

    タラへ帰るとは、彼女の原点である故郷であり、彼女が真実の幸福に向かい前進するためには必要不可欠なことであるともいえます。

    戦争を背景に時代にも飲み込まれ、辛く理不尽な宿命に翻弄されながらも、やっと人生の本質に気付いた時にはあまりにも遅すぎた、そんなラストシーン直前のストーリー展開に、彼女の人生はもう終わりだと思った直後、彼女は雄々しく立ち上がります。

    この言葉を放つことで、彼女が原点に立ち返り、強い気持ちで逆境を乗り越えるだろうと思われる終焉を迎えるのです。

    人生の行き詰まりを感じた時に原点を思い起こすことにより、人生をやり直す決意を彼女にさせました。

    悩んだとき、実現不可能な壁が立ちはだかったときには、まず原点やスタート地点に戻る事で、問題解決の糸口が見つけられるだけでなく、逆境に立ち向かう強い意志が生まれることがあるのです。

    乗り越えられないという固い信念を持った人は強く、その強い意志は逆境をはねのける力をその人に与えます。

    常に前進を意識しながら、原点である基本を忘れることなく信念を持って仕事に精進したいと思います。




    おすすめ関連サイト



    関連ネタ & スポンサーリンク