誰もが出来るラジオ体操

  • 追加
  • 夏休みの朝はラジオ体操で始まると考えるのは、もはや昭和の人間の発想でしょうか?

    子供の頃は朝のラジオ体操が面倒でしぶしぶ地域の広場に出かけていました。せっかくの夏休みなのになんで朝から運動なんてするんだよと思いながらです。
    おまけに昭和の時代はラジオ体操の後にみんなで縄跳びだの広場の草取りだの、何かしらさせられていました。お盆を除いて雨の日以外は毎日です。

    最近は夏休みの始め1週間だけラジオ体操をしましょう。と言う地域が多くなっています。共働きが多く生活環境も家庭によって違うので保護者の負担を減らすためです。
    特に朝のラジオ体操を減らしても問題ないと思う人がほとんどです。
    学校では体育の時間や運動会でラジオ体操を行うので誰もができるようになります。

    先日あった熊本地震のニュースを見ていた時、避難生活をしている方々が運動不足やストレスを抱えているとありました。その中には体調を崩す方もでているとのこと。
    「今朝はみんなでラジオ体操をして体を動かしています。」と言ってラジオ体操をしている中継でした。

    ラジオ体操の音楽が流れるとみんながリズムをとり始め子供たちや大人、おじいちゃんおばあちゃんまで誰もがラジオ体操を始めました。
    テレビを見ていた私も「あ~これこれ」と言いながらみんな出来る事がうれしくなりました。

    「体で覚えた事は忘れない」とよく言われます。

    学校を卒業するとなかなかラジオ体操をする機会もありません。しかし何年経ってもラジオ体操の曲が流れると体が動き出す事がとても素晴らしく思えました。

    仕事においても頭で覚えるだけでなく体で覚える事を忘れずにしていきたいと思います。




    関連ネタ & スポンサーリンク