視点を切り替えれば不運は成長のための試練になる

  • 追加
  • 何かに思い悩んで上手くいかない時は、視点を変えることが大事です。

    たとえば、不運なことが連続して起こってしまったら、尽きのなさを嘆きたくなりますよね。どうして自分ばかりにそんな不運が続くのだろうと、真面目に考えてしまったら袋小路に迷い込んでしまい苦しくなります。そんな時は、まったく違う視点でその事態を受け止めてみましょう。

    不運が続くのは、自分がさらなるステップアップをするためのチャンスだととらえるのです。そうとらえたら不運は試練へと変わり、試練を乗り越えたらそれまでの自分よりももっと成長できているはずですよね。その姿を想像すれば、たとえ不運なことが起こったとしてもだいぶ気が楽になるのではないでしょうか。これは自己啓発の一種ですので、視点の切り替えはとても大切な考え方だといえるでしょう。

    自分ではそう考えていないつもりでも、人間は自然と自己中心的になってしまいがちです。自分が幸せにならなかったら他人を幸せにすることなんてできませんので、自己中心的な考え方のすべてが間違っているわけではありません。それどころか、自己中心的でなければいけないとすらいえるでしょう。

    ただ、その考え方が強過ぎれば、自分をかわいがり過ぎて不満をこぼすようになってしまいますよね。ですから、そんな時は視点を切り替え、不運が続いてもステップアップのための試練だと思うようにしましょう。そうすれば、結果的に不運に強いメンタルになれるはずです。視点の切り替えは、それぐらい大事な考え方だと思います。




    おすすめ関連サイト



    関連ネタ & スポンサーリンク