走るようになって変わったこと

  • 追加
  • 3年ぐらい前からですが、趣味で走りはじめました。走り始めたきっかけは、マラソンが趣味の友達に半ば無理やり大会に出るように言われ、エントリーしたことが始まりでした。

    はじめは5キロの大会でしたが、時間制限があり、出るからには完走したいという思いがあり、さっそく練習を始めました。最初は5分走っただけでとてもきつく、すぐ歩いてしまいました。このままでは完走がすら危うい…ということで、それから週3日は仕事終わりに走ることを習慣にし、徐々に距離を伸ばし、無事完走することができました。

    完走した時の達成感が忘れられず、次は10キロの大会にエントリーし、その後もたくさんの大会に出るようになり、1年後にはフルマラソンデビューすることができました。
    走るようになってから、休日も外に出ることが増え、仕事と休日の切り替えがうまくできるようになり、いいストレス発散になっています。

    マラソンは一発本番ではうまくいきません。毎日の練習の成果が本番に出るのです。仕事も同じだと思います。毎日小さなタスクや目標を積み重ねることによって、
    大きな達成感を得られるのだと思います。今は日々の業務を目的をもって取り組むようになり、以前より効率もアップしたように思います。

    この3年間でマラソンを通じてたくさんの友達ができました。一人ではなく友達と一緒に練習する機会も増えました。練習では走り方が綺麗な人について走って、少しでもいいものを吸収したいと日々思っています。仕事においても、周りの先輩方からいろいろ吸収させてもらい、早く自分なりの仕事のやり方、カラーを見つけられるようになりたいと思っています。




    関連ネタ & スポンサーリンク