日本独自に進化した10月31日のハロウイン

  • 追加
  • 近年、10月31日のハロウインの日には、様々な仮装をした若者で繁華街が埋め尽くされると言う光景が繰り広げられています。まるで仮装大会の様で、若者達の馬鹿騒ぎに眉をひそめる人が出るほどの状態にエスカレートしています。

    このハロウインは、元々は古代ケルト人が秋の収穫を祝い、悪霊を追い出す行事が起源と言われています。このハロウインが現代になりアメリカで庶民の行事として定着したものです。

    庶民の行事としてアメリカで定着しているイベントでは、宗教的な意味合いは消え去っています。例のカボチャの中身をくりぬいたランタンを作って飾ったり、子供達が魔女やお化けに仮装してお菓子をもらうために近隣の家々を廻る風習などとして定着しています。

    この子供達の仮装を日本では若者達がエスカレートさせて今日の姿を形作りました。アメリカの子供達が行う魔女やお化けの仮装から大きくかけ離れた思い思いの仮装姿で街を闊歩するまでに進化しました。

    日本人は、宗教に関わらず、海外のイベントを簡単に取り入れ、独自に進化させるのが得意な民族のようです。最近では減少しましたが、かつてはクリスマスイブにサンタ帽をかぶったほろ酔いのサラリーマンが街中に溢れていた事と似た現象と言えるかも知れません。

    理由が何であれ、仮装して日頃のうっぷんを晴らせる日として楽しみにしている人が多いのでしょう。こうした機会もたまには必要かもしれませんが、馬鹿騒ぎが過ぎて周辺の方々に迷惑を掛けぬよう、節度を持って楽しんでほしいものだと思いますネ。

    スポンサーリンク




    関連ネタ & スポンサーリンク