子供の時を思い出して

  • 追加
  • いきなり私事で恐縮ですが、私には幼稚園になる息子がいます。

    この春に幼稚園に通い始めました。
    初日はもう幼稚園の前で大泣きをしまして。
    先生に抱きかかえられて連れていかれました。

    2日目も大泣きをしたんですが、鼻水を垂らして大声で叫びながら、でも、自分で歩いて幼稚園の中に入っていきました。

    3日目は目に涙をいっぱいに溜めながら、唇を噛んで我慢して、とぼとぼ歩いていきました。

    4日目にはもう元気に自分から先生のもとへかけていきました。

    子供ってすごいなぁって思うんですよ。
    自分の子供だからじゃないですよ。
    他の子もみんな1日1日めまぐるしく変わるし、驚異的なスピードで成長していくんですよ。

    このあいだまで靴も自分で履けなかったのに、もう今は自分で着替えまでできる。
    おはようも言えなかったのに、帰りに「さよならー」って先生に手を振っている。

    昨日できなかったことが、今日にはできる。
    今日できなかったことが、明日にはできる。

    すごいなぁっておもって見ていて気づいたんです。
    楽しそうだなぁって。

    毎日毎日身の回りのすべてのことに興味をもって、「あれなに?これなに?」とか、「どうして?なんで?」って何もかも知りたがる。
    友達がやっていること、先生がやっていること、全部「僕も、私も」ってやりたがる。
    知ることが、新しいことが楽しくてしょうがないんでしょうね。

    5月はちょうど5月病なんて言われるように、少し仕事が嫌になったり、気分が落ち込んだりすることも多い時期ですが、少し思い出してみようと思ったんです。
    子供たちを見て。

    毎日新しい何かを知ることができる。
    毎日少しずつ何かをできるようになる。
    毎日少しずつ前に進むことができる。
    そしてそれを楽しいと思うことができる。

    まぁ子供のようにはちゃめちゃに、というわけにはいきませんが、自分次第で少し目線を上に、日々を楽しくハッピーにはできるかなと。

    ルーチンになってしまったり、少しゴールを見失ってしまっていることがある人は少し、子供のような無邪気さをちょっと思い出してみてください。

    一緒に楽しく働きましょう。
    子供たちに負けないように。

    スポンサーリンク




    関連ネタ & スポンサーリンク