立会い出産

  • 追加
  • 会社の仕事を安定的に全うするためには、家庭の支援は必要不可欠です。

    仕事で遅くなる時もありますし、辛く苦しい日々もあります。

    そんな時に家庭とは、仕事の疲れを癒してくれる場所とならなければ、辛く厳しい仕事を全うする事など出来ないのではないでしょうか。

    先日、仕事が忙しい最中に、ある人物の奥様が子供を出産しました。

    この人物は、本当に仕事が忙しかったのにも関わらず、奥様の出産に立会いました。

    会社の上司からは、出産は病気ではないのだから仕事をしろなどと言われたそうですが、上司を説得して立会い出産を成し遂げたそうです。

    この彼が言うには、子供を産むために、奥様が本当に苦労をされ、本当に大丈夫なのかと心配をするほど大変な出産だったそうです。

    後に話の詳細を聞いてみると難産では無く、むしろ安産の域と判断をしましたが、それでも奥様が苦しんで子供を産見落とす姿は目に焼き付いているそうです。

    よく産みの苦しみなどと言いますが、通常は奥様が味わうもので旦那は全くその辛さを知るよしはありません。

    しかし、その彼は立会い出産をしたおかげで、産みの苦しみを分かち合う事が出来、奥様に対する感謝の気持ちが強くなったようです。

    このような事をきっかけとして、夫婦の絆が強くなる事は会社にとっても悪いことではなく、むしろ良い事だと思います。

    夫が新規事業などで、仕事の面で産みの苦しみを乗り越えようとしている時に、その奥様は絶対に応援してくれる様な気がします。

    この様に夫婦の絆を育てるバッグアップをするのも会社の役割ではないでしょうか。

    スポンサーリンク




    関連ネタ & スポンサーリンク