家族ネタ  119 件

比較的安全な釣り

  • 追加
  • 海釣りというと船で沖まで出てそこで釣りをするとか、船で海に浮かぶ岩なのか島なのかよくわからないところから釣り糸をたれ大物を釣るとか非常に豪快なことが海釣りの醍醐味だと考えている人もいるかもしれません。 そのような釣りとい…

    続きをみる




    毎年文句を言いながら株主優待を取得するわけ

  • 追加
  • 株主優待の案内が届くと誰もがちょっとそわそわし、幸せな気持ちになります。 ただ、この株主優待というのが曲者で、株主優待の品がほとんど現金同等のクオーカードやギフトカードならば誰も文句を言ったりしませんが、品物の場合はいっ…

    続きをみる




    現代の結婚について

  • 追加
  • 様々な生活習慣が変わりつつある中、結婚と言う人生で一番大きいとも言えるイベントもその位置づけが変わりつつあります。 私の家の団塊ジュニア世代であってもほとんどは仲人を立てて、親族や友人、職場の方々を結婚式場に招いて披露宴…

    続きをみる




    子供も大人も同じ

  • 追加
  • 子供の言葉に学ぶということを聞くことがありますが、 私もその一人です。 我が家にも娘が一人おりまして、これまでも学校の事・友達の事・好きなアニメの事・自分で作った物語などなど・・・・・ 本当に色々な話をしてきました。 そ…

    続きをみる




    いつも目的を見失わない

  • 追加
  • 仕事のモチベーションを保つ方法はいろいろあります。 その中でも,いつも目的を意識することを念頭におきましょう。 どんな仕事にも目的があります。 単純に思える仕事も,たくさんの小さな作業が重なって大きな成果につながっている…

    続きをみる




    ユーチューバーという職業

  • 追加
  • 子供たちの間でなりたい職業の一つに上がるユーチューバーですが、子供たちがなりたいと思う理由は、なんだかユーチューバーというのは毎日ただ遊んでいるだけで、たくさんのお金がもらえるからなりたいのではないかと私は思うのです。 …

    続きをみる




    色んな料理に挑戦

  • 追加
  • 私の子どもは、とても偏食ぎみです。 野菜は少ししか食べてくれず、野菜ジュースは外出先で購入すると飲んでくれるのですが、自宅で出すと一口飲むだけで終わってしまったりします。 タンパク質系は基本食べてくれるのですが、その日の…

    続きをみる




    声を出すことの利点

  • 追加
  • 先日小学1年生の子供の個人面談があり、普段の学習の状況や生活態度について話を伺う機会がありました。 そこで話題に上がった中の1つに、音読があります。 子供が通っている学校は毎日家で教科書か音読用の本の中から1つ話を選んで…

    続きをみる




    3才児にしっかり言葉で伝える大切さを改めて教えられたときの話

  • 追加
  • 先日、妻と子どもの3人で食事をしていたときの話です。 我が家では食事をするとき、それぞれが好きな飲み物を飲みます。一杯目は、妻がコップに注いでくれるのが一連の流れです。 そのとき、いつも子どもには「誰に」「何を」「どうし…

    続きをみる




    資産運用の問題

  • 追加
  • 資産運用というのは私たち大人の永遠のテーマの一つなのかもしれません。なぜならば、私たちは常に元気で一生働きつ続けることができるかどうかわからないので、自分が引退した後、年金だけでは少々不安になるので、引退する前にそれ相応…

    続きをみる




    「前科者が更生できない社会」そんな社会からの脱却。

  • 追加
  • 罪を犯して収監された人間が出所し再起を誓って懸命に生きる。にもかかわらず、周囲の偏見により「前科者」といったイメージを覆す事ができず、ひっそりと生きている。 こういった事例があります。 Aさんは38歳で奥さんと小学校に入…

    続きをみる




    今を大切に

  • 追加
  • 我が家では、子どもが生まれて新しい家族の増えた生活が始まりました。 赤ちゃんというのは、とにかく、自分の気持ちに素直で、何か不快なことがあれば泣いて、大人の都合なんて気にせずに、周りの大人が翻弄されてしまう毎日です。 な…

    続きをみる




    ある日突然発症する“うつ病”

  • 追加
  • ある日、突然発症する「うつ病」とはどのような病気なのでしょうか。 うつ病には、「大うつ病性障がい」と「双極性障がい抑うつ病」の二つのタイプがあります。さらに双極性障がい抑うつ病では、双極Ⅰ型・双極Ⅱ型・特殊なタイプである…

    続きをみる




    主夫について

  • 追加
  • ここ数年わたしは世間でいわれる主夫をしています。 独立して大企業のから業務委託を受けて仕事も順調に増えて何の不満もなかったのですが新たな事業が始まる時に業務の継続を依頼されたのですがこちらの方からお断りしました。 社員は…

    続きをみる




    子供の育て方について

  • 追加
  • 子供の育て方について我が家は2つの考えかたで対立しています。 ひとつは子供自身がやりたい事にたいしてNO!と言う育て方。もう一つは子供自身がやりたい事にたいしてYES!と言う育て方です。 貴方はどちら派ですか。ケースバイ…

    続きをみる




    災害時はLINEを活用

  • 追加
  • 災害時には、誰しもが安否確認などのため、通話やメールの通信が膨大で、通信がパンクしてしまいます。 そんな時は、LINEを通信手段にすると連絡が取れ易いそうです。 それでは、災害時に、LINEが強い理由とはどんな事でしょう…

    続きをみる




    インナーマッスルの話

  • 追加
  • みなさんはピラティスをご存知ですか? ヨガと少し似ていますが、元はリハビリから始まった、現在非常に女性に人気のスポーツです。 今日は、最近妻から聞いた、ピラティスの話を元に、 お話しをしたいと思います。 私の妻は、現在、…

    続きをみる




    私たちにとっての食事

  • 追加
  • 最近思うのですが、何でも値段だけ見て「高い。」とか「安い。」とか決める人たちが多いように感じます。私たちは栄養をとるだけのために食事をしているのならば、食事の味など考えずにただ、料理の栄養と値段だけ考えればいいのでたいへ…

    続きをみる




    朝ご飯をしっかり食べて元気に一日過ごしましょう。

  • 追加
  • 朝は忙しくて、朝ご飯を抜いてしまっている方もおられると思いますが、是夫、この機会に見直していただけると幸いです。 代謝を落として人は寝ているため、寝起き時は体温が低いです。 やはり、体温を上げて活動できる状態にして、元気…

    続きをみる




    努力でなんとかなることもあります

  • 追加
  • 皆さんは何か人に教えてもらう時にどのような人に教えてもらいたいと思いますか。私は、自分がお金を出して教えてもらいたいと思う人はその道のプロから教えてもらいたいと思います。ここで言うその道のプロというのは、別にその道の大家…

    続きをみる




    女性と男性の違い

  • 追加
  • ある女性ファッション誌によりますと働く30代女性に貯金に対するアンケートを実施したところ6割程度の女性が貯金が「100万円未満」と回答しているそうなのです。しっかりとお給料をもらっているにもかかわらず貯金100万円ないと…

    続きをみる




    仕事を行う上で大切なこと

  • 追加
  • 仕事を進めていくうえで、取引先との約束を守るとか、確実に与えられた業務をこなすのは当たり前のことと思います。 普段、私が仕事を行う上で大切と感じていることを述べさせていただきます。 一番大切なことは、「安全」と思っており…

    続きをみる




    見守り社会の実現に向けて意識したいこと

  • 追加
  •  家族の安全を守っていくためには、見守り社会を浸透させていく必要がありますよね。特に子どもや高齢者が守られる側の対象となるわけですが、みなさんの家庭ではちゃんと見守れているでしょうか?仕事に追われる生活では、家族の見守り…

    続きをみる




    会社内のジェネレーションギャップにどう対応していけば良いのか

  • 追加
  •  老若男女を問わずさまざまな年齢の人が働いている会社では、ジェネレーションギャップに悩まされることがありますよね。同年代同士では当たり前の常識が違う世代にはまったく通用しない、そんなシチュエーションに遭遇することは日常茶…

    続きをみる




    昭和58年の国語辞典を見て驚いたこと。

  • 追加
  • 私的、公的を問わず、「介護」に携わっている方は、益々増えていることと思います。 私が親の介護で悩んでいた時に、ケアマネジャーさんが、昭和58年の国語辞典を私に手渡し、「介護という言葉の意味を調べてみてください。」とおっし…

    続きをみる




    父の日にはバラを

  • 追加
  • 6月の第3週の日曜日は「父の日」です。それまでにも父の日は存在していましたが、一般的な知名度が低く、1966年アメリカの第36代大統領ジョンソンが父の日の存在を賞賛する告示を行ったことで広く知れ渡ったと言われています。こ…

    続きをみる




    最初サンタクロースの服は赤くなかった

  • 追加
  • 4世紀頃の東ローマ帝国・小アジアのミラの司教であったニコラオス(ニコラウス)の伝説が起源であると言われるサンタクロースですが、貧しい子どもたち、また良い子として過ごした子どもたちに対して、クリスマスプレゼントとして贈り物…

    続きをみる




    「信士」より「居士」が良い

  • 追加
  • 父の13回忌が終わりました。 父が亡くなった時の事を思い出します。 長男である兄がお寺に戒名をいただきに行きました。戒名の申請用紙に必要事項を書き込み、提出しました。いただいた戒名は「○○○○信士」でした。 ちなみに、父…

    続きをみる




    住まいに感謝して

  • 追加
  • 住宅の解体工事に携わっていて感じる事があります。 住んでいた人がいなくなった住宅の玄関のかぎを開けて中に入ります。 家財道具が全て片づけられ掃除機をかけたであろうと思われるちり一つ落ちてない部屋、雑巾がけをしたであろうぴ…

    続きをみる




    勉強の極意は理解をすること

  • 追加
  • どんな分野の勉強もそうですが、何事も理解をしなければ学ぶことは出来ません。 テストでいい点を取るためにその場しのぎの勉強をしていれば応用が利かなくなり、テストだけが出来る人になってしまいます。 そのまま世の中に出てしまえ…

    続きをみる




    おすすめ関連コンテンツ



    関連ネタ & スポンサーリンク

    Popular! 朝礼ネタ

    著書

    新着情報のみの発信はこちら↓↓

    タグからネタ探し!