Topics

春分の日

3月には春分の日があります。例年、20日か21日頃になります。 なぜ、日にちがずれるのでしょうか。 春分の日は、「祝日法」という法律で、「春分日、つまり太陽が春分点を通過した日」と決められています。日にちは固定されていません。 では、いつこの日にちが決まるのかというと、国立天文台が作成する「歴象年表」という小冊子に基づいて前の年の2月に決める、とこの「...

Read More

スポンサーリンク

春分の日の本当の意味

日本の暦(こよみ)にはさまざまな由来があり、そのなかで「三月」を和暦で表すと「弥生(やよい)」といいます。 語源となった理由としては、有力な説として「木草弥生い茂る(きくさいやおいしげる、草木が生い茂る)月。」だとされています。 これは厳しい冬を耐えてきた植物や生き物たちが、自然に感謝し春を迎え祝福する日だといわれています。 そして、その三月には色...

Read More

3月17日(木)彼岸の入り

今週末の3月20日(はつか)日曜日は、春分の日です。 この冬は雪が降ったり、例年より温かい日があったりと、寒暖差もあり体調を崩された方も少ないくないと思います。 3月20日昼と夜の時間が同じになります。 これから昼の時間が少しずつ伸びて、温かくなる日も増え過ごしやすくなると思います。 今日、3月17日は彼岸の入りです。 毎年このお彼岸の時期を迎える...

Read More

お彼岸と春分の日の意味について

そろそろお彼岸が近づいてきました。 お彼岸はご存知のように、1年のうち春と秋の2回あります。 2016年の春のお彼岸は、3月17日から3月23日までの7日間になりますね。 初日の3月17日を「彼岸の入り」と言い、最終日の3月23日を「彼岸明け」といいます。 そして3月20日の春分の日を「彼岸の中日(ちゅうにち)」と言います。 ところで皆さんは「彼岸...

Read More

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';