Topics

「いつかできることは、すべて今日でもできる!」

「いつかできることは、すべて今日でもできる!」とはフランスの哲学者モンテーニュ氏が語られた名言です。 よく、マニュアルや資料作成、お客様へのプレゼン準備等、納期の決められた仕事がある場合、 納期まではまだまだ全然余裕があると自分に言い訳をしつつ、今日はこのぐらいまでやっておけばいいやと ついつい明日以降に仕事を回してしまうことはありませんか? その結果...

Read More

スポンサーリンク

困難は避けるものではなく、解決するものである。

『困難は避けるものではなく、解決するものである。』これは、日産のカルロス・ゴーンの名言です。 この言葉はあの日産の低迷期を救った彼だからこそ、言える言葉なのではないかと思います。 困難なことは普通避けたい、逃げたいと思うのが人間だと考えます。 仕事をする上でできることなら、難しくなく平和にやり過ごしたいと思うのではないでしょうか。 しかし困難を避ける...

Read More

目標設定は具体的に

皆さん、信念も明け今年の目標は何でしょうか? 私は自分の目標設定を考える時、現実的な数値や行動レベルに落とせる内容を意識して設定しています。 と言いますのも、私が学生時代にアルバイトをしていたアパレルメーカーの社長である柳井正さんのお言葉に「目標が具体的かどうか。ちょっとしたことだが、ここが成功する人としない人との決定的な差だ。」というお言葉がありました...

Read More

どっこいしょ

今日は最初に、マザーテレサの言葉を引用しようと思います。 思考に気をつけなさい、それはいつか言葉になるから。 言葉に気をつけなさい、それはいつか行動になるから。 行動に気をつけなさい、それはいつか習慣になるから。 習慣に気をつけなさい、それはいつか性格になるから。 性格に気をつけなさい、それはいつか運命になるから。 これは、マザーテレサの言葉の中でも...

Read More

太平洋戦争の名将、山本五十六の部下指導方法

「やってみせ、言って聞かせて、させてみて、ほめてやらねば、人は動かじ」とは、 太平洋戦争開戦時に日本海軍の総司令官だった山本五十六が残した、部下を指導するときの心構えを示した言葉です。 部下の指導を行うときに、「やり方を伝えるだけ」になっていて、「なんで自分の言ったとおりに動いてくれないんだろう」と疑問に思ったり、憤りを感じることはありませんか? それは...

Read More

12月7日朝礼、羽生弓弦の名言、一進一進。

12月7日はフィギュアスケートで有名な羽生結弦選手の誕生日です。 羽生選手は今シーズンの抱負について、一進一進だとインタビューで答えました。 一進一退ではなく、一進一進。常に進化し最高の演技を追求する覚悟を感じます。 私たちも羽生選手のように進化していきたいです。 しかし、目の前の仕事を満足に仕上げられないようでは進化など出来ません。 進化するためには...

Read More

今年度の目標は達成しましたか?

12月と言えば年末ということですが、皆さん今年の初めに立てられた目標の進捗はいかがでしょうか? 既に達成できた方もいらっしゃれば、もう少しという方まだまだ達成しそうにないもいらっしゃるのではないしょうか? ここで私がお話ししたいことですが、スタンリーボールドウィンという政治家の方のお言葉で「志を立てるのに遅すぎるということはない」というお言葉があります。...

Read More

立場がかわれば

生き方や心の持ち方における大切なことをまとめた中国の古典「菜根譚(さいこんたん)」の中に、「立場がかわれば」という条があります。 感情が冷静になってから、熱狂していた当時のことを考えてみると、初めて一時は熱中してかけまわったことがなんの益もなかったことに気がつく。また、煩雑で多忙なところから、わずらわしさのない閑静なところに来てみると、初めて閑静な時の...

Read More

スポンサーリンク

宝塚「ブスの25か条」

あの華やかな宝塚でスポットを浴びる前に、宝塚音楽学院の生徒として、勉強と訓練を積むことは皆さんご存知だと思います。 その宝塚音楽学院に「ブスの25か条」という言葉があります。 ちょっと長いですが引用しますと、 01. 笑顔がない 02. お礼を言わない 03. 美味しいと言わない 04. 精気がない 05. 自信がない 06. 愚痴をこぼす 07...

Read More

笑顔の威力

日本一の便利屋さんである右近勝吉さんが言っていた名言ですが、成功する人に共通する特徴は「笑顔」だそうで、彼の数千人いるお弟子さんの中でも、「この人、良い笑顔だな。と感じる人は、間違いなく成功する」そうです。 ただ何も考えずヘラヘラ笑うだけではなく、相手に自分を気に入ってもらおうと媚びるような笑顔を浮かべるのではなく(そういう下心のある笑顔は、硬く強張っ...

Read More

理由のない失敗はない

「勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし」をいうことばがあります。江戸時代の松浦静山という剣術の達人のことばですが、野球評論家の野村克也氏が監督時代に、引用して使ったので、広く知られるようになりました。 勝った場合には、まぐれ勝ちということもありますが、そこには負けにつながる課題が潜んでいることがある。逆に、負けには必ず負けるだけの理由があると...

Read More

ものを作る前に人をつくるという松下幸之助の素晴らしい言葉

昭和の偉大な経営者である松下幸之助氏を皆様ご存知でしょうか。 1大にして間パナソニック、松下電器を世界的な企業に育て上げた偉大な昭和の経営者です。様々な名言を残していますがその中でも私が最も印象に残っている言葉があります。 それは松下幸之助氏が人材について語った言葉になります。 松下電器は何を作っている会社と聞かれたときにものを作るというのが一般...

Read More

勉強をすることの意味について

だれしもが、幼い頃は勉強するのが嫌だな、なぜ勉強しなければならないのかなと感じたこと、考えたことがあるでしょう。 わたしも未だに資格のための勉強を始め、座学に関しては極力さけて通りたいところです。しかし、そんなときに思い出す小学校の先生の言葉があるのです。それを今からご紹介したいとおもいます。 みなさんは、子供からなぜ、勉強しなければならないかと質...

Read More

有限と無限

今日は、皆様に有限と無限についてお話ししたいと思います。 もし、「今から1時間あなたに差し上げます。その間、何をしようとあなたの自由です。」と言われたとします。 あなたはその1時間で、何をしますか? 1日24時間という時間は、私たち全ての人が、平等に与えられている時間です。 その時間をどう振り分け、どう使うか。 よく耳にする、「時間が足りない」「1...

Read More

同じことの繰り返しを大切に

私はイチロー選手が好きです。 コツコツと毎日努力を積み重ねて、結果を出し続けています。誰でも出来ることではないと思います。 でも、彼の考え方のエッセンスを、私たちが仕事に取り入れることは可能です。 たとえば、イチロー選手の名言に、「小さいことを積み重ねるのが、とんでもないところへ行くただひとつの道だと思っている」という言葉があります。 事務作業にし...

Read More

スポンサーリンク

冬の次は春

皆さん、おはようございます。○○部署に勤めている○○と申します。今日は元気いっぱいにスピーチをさせていただきますので、よろしくお願いします。 今日のスピーチのテーマですが、それは名言についてです。 私は中途採用でこちらに採用をされました。こちらの職場は自分に合っているのか、仕事などもじぶんなりにしっかりとこなすことができていると思っております。です...

Read More

ゆっくりでもきっちり行きましょう。

8月生まれの有名人に菅原文太さんがいらっしゃいます。 この方が「日本人の悪い癖だな。何でもかんでも急いでいる」と名言を残されています。 皆さんはいかがですか?急いでませんか?私は20代の頃良く急ぎ慌てて忘れ物をしてました。忘れる事で失う事やモノが多く「何故こんなに忘れてしまうのか?」真剣に悩んだ事があります。皆さんもおありかと思います。 そんな...

Read More

2%の許しの気持ちが心にゆとりを与える

だれでも信頼していた人に裏切られたことはあると思います。 それは、人間関係であったり、仕事上のことであったりするのですが、そんな時は傷ついたり、怒りの感情に押しつぶされてしまうものです。 ベストセラーになっている『置かれた場所で咲きなさい』という本をご存知の方は多いと思います。作者はノートルダム清心女子大学の理事長である渡辺和子氏というシスターです...

Read More

座右の銘について

皆さんは「座右の銘」をお持ちですか? あるアンケートによると座右の銘を持っていると答えた人は4人に1人。持っていない人の方が圧倒的に多かったそうです。 そこで少し座右の銘について調べてみました。辞書によると座右の銘の意味は「常に自分の心に留めておいて戒めや励ましとする格言」とあります。 さらに「座右」とは自分の右側・すぐ傍らという意味で、古くは中国...

Read More

目の前にあることをきちんと実行することが一番大事

トーマス・カーライルという評論家の言葉の中で、私が特に感銘を受けたものがあります。 「人生で最も大切な仕事は、はるか彼方にあるものを見ようとすることではない。目の前にはっきりと見えるものをきちんと実行することだ」というのがその言葉です。 ここで、この言葉にちなんだ私自身の経験についてお話したいと思います。 例えば、仕事の途中にお客様呼び止められ...

Read More

「工」という字の意味

「工」という文字の語源をご存知ですか?  いろいろな説があるようですが、シャープの元副社長で戦後のシャープの発展に多大な影響を与えた佐々木正さんがその著書の中で、中国の文献を参照して述べています。いまでこそシャープは台湾の会社の傘下に入ってしまいましたが、佐々木さんはシャープのモノつくりの基礎を作った方です。 「工」の上のほうの横棒は「天の理...

Read More

子育て中の親御さんへ

かつて保育士さんから聞いた名言です。 毎日朝から夜中まで、24時間子どもと接しているとイライラすることも多いですね。 ついつい怒鳴ってしまい、後から反省することもしばしば。 そんな時、この言葉を思い出すと良いですよ。 「怒る時は小さな声で、ほめる時は大きな声で。」 確かに、その通りです。 怒る時は子どもを近くに寄せて、今何をしたか、 それがどう...

Read More

クリンリネスの大切さ

アメリカの自動車王ヘンリー・フォードは、心にしみる沢山の名言をこの世に残しました。 その中に、「不潔な工場に善良な職工なし」という言葉があります。 日本の企業では、「4S運動」を目標に掲げている会社が数多くあります。 整理・整頓・清潔・清掃の頭文字をとったもので、サービス業や製造業などでよく謳われています。 それらは売り上げにつながらないと考えてい...

Read More

松下幸之助氏の名言から「逆境に向き合う」

丁稚奉公の身からたゆまぬ努力と工夫を続け、一代で世界的企業、パナソニックを創り上げた名経営者、松下幸之助さんの名言の中から、「逆境に向き合う」をテーマに、ここで披露してみたいと思います。 「逆境もよし、順境もよし。要はその与えられた境遇を素直に生き抜くことである」 松下幸之助氏は決して恵まれたとは言えない環境に産まれました。 父の事業は氏が9歳のと...

Read More

私が感銘を受けた名言

みなさんもこれまでにいろんな人の名言や格言を聞いて感銘を受けたという方もいるかと思います。 そして私もこれまでに特に感銘を受けた名言があります。 それは一体何かというと、私が一番感銘を受けた名言は人生は大いなる暇つぶし。たのしくやろうぜという名言が一番私の心に響きました。 世の中の多くの人はやたらと生きる事に意味を見出そうとします。確かに生きる事に意味...

Read More

『善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり』(孫子)

『善く戦うものは、勝ち易きに勝つ者なり』とは孫子の兵法の名言の一つです。 この名言から営業について当てはめて考えてみました。 営業が苦手な人は、余計なことを言ったり、相手の言ったことに対して適切な反応をしないことがよくあります。 そのために、余計なフォローばかりに追われて契約に至らないものです。 営業が得意な人は、事前に相手の反応を想定し、それに対...

Read More

感銘を受けた名言

世の中には、幸も不幸もない。 ただ考え方でどうにもなるのだ。 とシェイクスピアが言っていました。 人生楽ありゃ苦もあるさとどこかのテーマソングで聞いたことがありますが、それも人の考え方しだでどうにでもなるということです。 確かに、一つの物事に関しても、落ち込むかプラスに受け取るかはその人次第であり、それによってプラスに持ち込むかマイナスになるかはそ...

Read More

笑いとはすなわち反抗精神である。

おはようございます。 私が感銘を受けた名言は、アメリカの喜劇王チャップリンの言葉で 「笑いとはすなわち 反抗精神である。」 です。 笑いが反抗精神、と聞くと不思議ですが、ここでチャップリンの生い立ちを簡単に説明させていただきます。 1歳で両親離婚が離婚し、劇場の歌手だった母親に育てられますが、 5歳で母親の声が出なくなり、代わりに初舞台をします。 その...

Read More

謙虚でいるための心がけ

アメリカの思想家、ラルフ・ワルド・エマーソンは、数々の名言をこの世に残しました。 私はその中でも、「私の会う全ての人々は、必ず何かの点において、私より勝っている」という言葉に感銘を受けました。 謙虚であることは、長らく日本の社会の「美徳」とされていました。 謙虚とは、自分を偉いものと思わず、素直に他に学ぶ気持ちがあることを指します。 手柄を立てて褒...

Read More

松下幸之助氏の名言から「成功への道」

丁稚奉公の身からたゆまぬ努力と工夫を続け、一代で世界的企業パナソニックを創り上げた名経営者、松下幸之助さんの名言の中から「成功への道」をテーマに、ここで披露してみたいと思います。 「私は小さい頃貧しかったので、最初は腹一杯食べたい夢でした。丁稚奉公にいってからは、貯金して早く店を持ちたいと思いました。商売をはじめても、大きな会社など望みませんでした。一...

Read More

人はいつでも「新しさ」を手に入れられる

Dell Incの創業者であるマイケル・S・デルは、小難しい名言をたくさん残しています。 その中に、「新しいデータを受け入れるのに時間がかかればかかるほど、その人は自分の感情に左右されているのである」という言葉があります。 パソコン王であるがために、データという言葉を用いるところが実に彼らしいと思います。 私達は、パソコンではなく人間です。 そのた...

Read More

人に会える喜び

皆さんは『ワンピース』という漫画はご存知でしょうか。1997年より連載が開始され、現在も爆発的人気のある海賊たちの冒険物語です。主人公ルフィを含めた麦わらの一味は全部で9人。それぞれ個性的なキャラで名言となるセリフを言っているのですが、今回私がピックアップしたいのはブルックが言ったセリフについてです。 ブルックは一味の中でも最年長で最後に入ったメンバー...

Read More

為せば成る、為さねば成らぬ何事も。

「為せば成る、為さねばば成らぬ何事も。」 この言葉をご存じの人も多いのではないでしょうか。 改めてその言葉の意味を振り返ってみたいと思います。 行動するということはとても大切なことで、じっとして考えることよりも勝る場合が多々あります。 特に、適切で勇敢な行動や思い切った行動は、人々の役にも立ち、自身の心も豊かにします。 ここぞと思った時は、思い...

Read More

代でも通ずる世界恐慌時の名経営者のメッセージが熱い!

「下足番を命じられたら、日本一の下足番になってみろ。そうしたら、誰も君を下足番にしておかぬ。」  明治6年山梨県生まれの実業家で阪急グループの創業者小林一三の言葉です。 彼は慶應義塾卒業後三井銀行などを経て阪急電鉄に移り、昭和2年に社長に就任。ただ鉄道を敷設するだけでなく、阪急百貨店や宝塚歌劇団を創設して積極的に人が集まる街づくりをします。彼は...

Read More

松下幸之助氏の名言から「視点を変える」

丁稚奉公の身からたゆまぬ努力と工夫を続け、一代で世界的企業パナソニックを創り上げた名経営者、松下幸之助さんの名言の中から「視点を変える」をテーマに、ここで披露してみたいと思います。 「山は西からも東からでも登れる。自分が方向を変えれば、新しい道はいくらでも開ける」 山は不動のものであり、人間の力では到底動かせません。 しかし、人間は自分の意思で、自...

Read More

全ての仕事は繋がっている

私が感銘を受けた名言は、黒澤明監督の放った「些細なことだといってひとつ妥協したら、将棋倒しにすべてがこわれてしまう」という一言です。 従業員やお客様、絶えず人がかかわって来る仕事という場面で、何度も実感しました。そして、何度もこわれてしまった状況を目の当たりにしました。私は、お客様に対して、いつもにこやかでいても、内心は綱渡りをしているかのような緊張...

Read More

あおいくま

「あおいくま」というキーワードを聞いたことがあるでしょうか。 私はちょっと辛いことがあったときにこのフレーズを心の中で唱えることにしています。 この「あおいくま」ですが、5つの言葉の頭文字をとったものです。 あ:あせるな お:おこるな い:いばるな く:くさるな ま:まけるな ということなんですが、もともとはお笑い芸人のコロッケさんのお母様の言葉です。...

Read More

最も多くの人間を喜ばせたものが、最も大きく栄える

「最も多くの人間を喜ばせたものが、最も大きく栄える」徳川幕府の初代将軍である徳川家康が残した名言です。 仕事ができるという評価の基準は何でしょうか。作業の質や量、利益など数値的な値はもちろん大切ですが、昨今発展のめざましい企業をみてみると、すべてはこの言葉に含まれている「人を喜ばせる」という部分に集約されているような気がします。 多くの人を喜ばせる...

Read More

10・10・10の法則について

「10・10・10の法則」とは、帝国ホテルの元社長、藤居寛さんが語られた名言です。 ホテルでは、ドアボーイがお客様をお迎えし、それぞれの持ち場のスタッフが連携を取りながら、お客様が心地よく過ごせるようなおもてなしをし、最後にまたドアボーイがお見送りをするという一連の流れがあります。 この過程でどこか一つでもミスがあれば、他のところでどんなに素晴らしいサ...

Read More

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';