Topics

人員を管理する事の重要性

仕事を始めたばかりの頃は、新人であり、学ぶ事ばかりで時間に追われる生活を送ると思います。 しかし、年数が経過するに従って、後輩が出来て、役職が上がってとなっていきます。 立場が上がってくると行わなければならないのが、マネジメントです。 部下や後輩を管理して的確に動かしていく役割ですが、このような能力を身につけると全体の作業効率がアップします。 1人...

Read More

スポンサーリンク

ローンウルフ型のテロ

ここ数年のテロのニュースを見ていると、少人数で大きな武器を使わずに敢行している事に気がつきます。 アメリカのツインタワーに航空機が突っ込んだような大規模で極めて組織性の高いテロは減少して、どちらかといえば、現在は少人数で必要最小限の武器でテロが発生しているような感じを受けます。 大規模なテロを計画した場合、それなりに準備も必要ですから、計画段階で捜査機...

Read More

率先垂範の励行

入社して数年が経過しますと、後輩や部下が出来る人が多いのではないでしょうか。 はじめて出来た後輩や部下を指導する立場となった時に、その指導方法がわからずに困惑してしまう事があると思います。 そして、様々な指導書を読んだり、背伸びをしたりして、失敗した経験はないでしょうか。 後輩や部下の指導で悩む事はありません。 率先垂範を励行すれば、自然と自分も後...

Read More

学校教育は悪いのか

先日、こんな話をしました。 「今の学校教育は腐っている。若手の先生は生徒に舐められて何も出来ない。社会経験の積んだものだけを教員として採用をした方が良い。」 こんな会話を聞くと、教員の方々の苦労が目に浮かびます。 子供の教育とは、「家庭教育」と「学校教育」そして、「地域教育」の三者がお互いに支え合ってこそ、有効かつ適切な教育ができあがるのです。 で...

Read More

柔道の受け身は人生の練習

中学生の頃、体育の授業で柔道を習った。 その時に、柔道を教えてくれた先生がこんな言葉を述べていたのを最近思い出して噛み締めている。 柔道は、人の前で投げ飛ばされる練習。 柔道は、人の前で負ける練習。 柔道は、人の前で立ち上がる練習。 柔道は、人の前で恥をかく練習。 柔道を通じて学ぶ事は、勝ち負けではない。 人としての生き方を学ぶのだ。 受け...

Read More

太平洋戦争の名将、山本五十六の部下指導方法

「やってみせ、言って聞かせて、させてみて、ほめてやらねば、人は動かじ」とは、 太平洋戦争開戦時に日本海軍の総司令官だった山本五十六が残した、部下を指導するときの心構えを示した言葉です。 部下の指導を行うときに、「やり方を伝えるだけ」になっていて、「なんで自分の言ったとおりに動いてくれないんだろう」と疑問に思ったり、憤りを感じることはありませんか? それは...

Read More

子供の中学受験で考えること

お子さんの中学受験でいろいろお悩みの方は多いのではないでしょうか。 我が家も今では二人とも高校生と中学生になりますが中学受験をさせるべきかどうかかなり悩みました。 ちなみに私が住んでいる地域、特に娘たちが通う小学校では2割程度のお子さんが中学受験を受けます。関西圏では平均的なところでしょうか。関東圏ではもっと高い比率で中学受験を受けることになってい...

Read More

「友情」と「愛情」

今日は、皆様に 「ドラえもん」と「のび太くん」の話をします。 この間、友人と、小さい頃に見ていたアニメの話になって、お互いにドラえもんが好きだったことが分かりました。 本当に放送されたかどうかは覚えていないのですが、友人からドラえもんの最終回の話を聞いて、感動したので紹介します。 ある日、学校からのび太くんが帰ると、ドラえもんがいなくなっていました...

Read More

スポンサーリンク

次代を担う子供達への価値観の示唆

最近は価値観の多様化が進み、善悪の判断をいかに行うかと言うことも難しくなってきました。 ドラマや映画、日常の生活においても様々なステークホルダーが絡むので全訳の判断をすることが難しくなるのは当然のことです。 しかし、我々大人にとって子供たちに善悪の判断を教えることができなければならないのは当たり前の務めです。もちろん一昔前の時代劇のように勧善懲悪が...

Read More

プレゼン能力の重要性について

プレゼン能力の重要性について、皆さんどうお考えでしょうか。 最近では学生の頃からプレゼン能力を伸ばすための研修や授業があり、プレゼンのストーリー作りや資料作り、さらにはプレゼンに臨むスタンスまですべてレクチャーされるようなこともあります。 翻って、日本人はプレゼンがあまり上手ではないといわれてきました。しかし、国際舞台でビジネスのコンペがあるような...

Read More

最近の中学高校の勉強方法について

一時期ほどのイトリ教育会の系統はなくなり、小学校、中学校、高校でもそれなりに勉強を推進するようになっています。 私の娘達も中学生と高校生ですが試験前になるとかなり勉強しています。20年前はまだまだ詰め込み型の学習が中心で、子供たちに考えさせたりディスカッションをさせたり、プレゼンテーションを含めた事業等はなかったのですが今はこういった新たな取り組みも進...

Read More

野球の選手育成について

プロ野球を長い期間ご覧になっている方にとってはここ最近の選手の育成や活躍について大きな変化があることがお分かりだと思います。 もちろん肉体的には中学、高校から筋力トレーニングや食事の改善で大きくなり、プロさながらの体格になっています。さらには、技術的にも映像などで簡単にチェックできたりするので、自分自身のものとすることも容易です。 これは野球だけに...

Read More

11月23日の勤労感謝の日に会社でのイベント

11月23日は勤労を尊び、生産を祝い、国民が互いに感謝しあう日として勤労感謝の日になっています。アメリカの感謝祭にならって制定された休日があり第二次世界大戦後に設定されました。 私は今製造業に勤めていますが、勤労感謝の日は毎年工場を中心としたファミリーのイベントが開かれることになっています。これは、父親や母親が働いている場所を子供たちや家族に紹介し...

Read More

11月3日は文化の日なので毎年子供たちの行事があります

11月3日は文化の日なので毎年子供たちの行事があります。そもそも11月3日は自由と平和を愛し、文化を薦めることを趣旨とした国民の祝日です。 ですからお子さんをお持ちのご家庭ではこの11月3日に音楽会や、文化祭が催されることが多いのではないでしょうか。我が家も昔からこの11月3日は音楽会や文化祭と言うことで幼稚園、小学校、中学校、そして今では高校まで...

Read More

子供の習い事について

子供の習い事について、流れは幼い頃からいろいろな可能性を試すためにできるだけ多く挑戦させてきました。もちろん、子供たちが嫌がるものはさせていません。あくまでも自分たちがやりたいと思ったものを継続させてきただけです。 そんな中で自分たちに合ったものを取り入れてくれればいいと言う私と家内の思いでした。そして、子供たちにもっともあっていたのがクラシックバレエ...

Read More

スポンサーリンク

勉強をすることの意味について

だれしもが、幼い頃は勉強するのが嫌だな、なぜ勉強しなければならないのかなと感じたこと、考えたことがあるでしょう。 わたしも未だに資格のための勉強を始め、座学に関しては極力さけて通りたいところです。しかし、そんなときに思い出す小学校の先生の言葉があるのです。それを今からご紹介したいとおもいます。 みなさんは、子供からなぜ、勉強しなければならないかと質...

Read More

子供の教育格差について

子供の教育格差について、少子化とともに大きな問題になりつつあります。 最新の調査によると、貧困層、つまり年収120万円以下の家庭で育つ子供が6人に1人存在するといわれています。 もちろん、統計数字であって一般的にどれだけ偏りがあるかわかりません。全体で見ると貧困層が非常に増えていると言う事は言うまでもありません。こうなると教育にかけられる資金も大き...

Read More

10月20日はリサイクルの日

10月20日はリサイクルの日です。これは以外に知らない方も多いのではないでしょうか。ただし、企業によっては10月を環境月間に設定していたり、リサイクルショップは10月にイベントを企画していることも多いのが実情です。 今の子供たちは環境に対する教育も非常に進んでいて、社会見学や遠足でもごみ処理施設や汚水処理センターといった環境に関係する施設への見学が増え...

Read More

スマートフォンのマナーにつて

スマートフォンのマナーについて、社会的に叫ばれるようになってからすでにかなりの時間がたっています。 しかしながら、いカニニュートラルに見てもスマートフォンのマナーがよくなっているとは考えにくい状況ではないかと思います。 海外ももちろん、スマートフォンの普及は進んでいますが日本ほどマナーが悪いという風景をテレビなどでは見ることも少ないと思います。 ...

Read More

食育について

食育について、その大事さは誰もがわかっていますがなかなか実践できていません。学校教育においても給食の時間はありますがそこで食育の大切さを学べているかというとそういうわけでもありません。 家庭においても3色をきっちり食べること、好き嫌いをしないことなど基本的なことさえできない場合もあるのが現実です。 まず、今の子供たちに教えないといけないところとして...

Read More

少子高齢化について思うこと

日本人の誰しもが社会課題だと感じている少子高齢化についてお話ししたいと思います。 日本は世界で最も少子高齢化が進ん国家であり現在1億2000万人の人口がゆくゆくは8000万人にまで減るのではないかと推測されています。 現場の人口を維持していこうと思えば女性が一人当たり1.86人の出産を求められるわけです。実態はまだ1.2人ですから、どれだけ厳しいと...

Read More

スマートフォンが広がった後の課題について

スマートフォンは今や誰もが手にしているツールです。もちろん非常に便利であり生活に欠かせないことはいうまでもありません。 しかし、そのスマートフォンに関してはマナーという問題、スマートフォンへの依存症という大きな社会課題も浮き上がってきていることは周知の事実だといえます。 まず、マナーの問題です。ながらスマホ、歩きスマホに関しては既に大きな事故が発生...

Read More

子供の個性の伸ばし方

我が家には二人の娘がいます。今は高校生と中学生になります。二人とも中学から大学まで一貫の私立に通っています。頼りないながらも曲がることなく育っていることだけはありがたいことです。 みなさん、お子さんを育てる中でいろいろな悩みがあるとおもいます。特に難しいのはそれぞれの個性をいかに際立たせて、さらにそれを、伸ばしてあげる、後ろ盾を親がどこまでしてあげられ...

Read More

オリンピック教育について

最近見たテレビ番組元気になったオリンピック教育についてご紹介したいと思います。 2016年にはリオデジャネイロ五輪、そして2020年には東京五輪と言うことで、これからオリンピックものはどんどん溜まっていくばかりです。 なかなか東京都にいないとわからないものですが、このオリンピックを通じたん子供たちの教育と言うのが盛んになりつつあります。言葉を言い換...

Read More

未来の絵

「未来の絵」をテーマに絵を描いたことがありますか? 幼稚園に勤める女性から面白い話を聞きました。 今と昔のこどもが描く未来の絵の私は、まったくテーマが逆だと言うのです。 私は40代ですが、小学校低学年のころに描いた覚えがあります。 空飛ぶ車、テレビ電話、料理ができる箱、動く道路。 教室に貼られた級友の絵も同じような便利グッズが並ぶ絵だったと思います...

Read More

祖母との思い出について

祖母との思い出について、ご紹介したいと思います。 私は生まれた頃は祖父母と両親と弟の6人家族でした。祖父は小さな鉄工所営んでおり両親は公務員でしたが正しく家族総出でのかも行っていました。米を作るだけではなくいちごやその他の野菜も出荷したほどです。 祖父が早くに亡くなり祖母が共働きである両親に代わって私の親のようなものでした。いつも祖母は優しく、私と...

Read More

夏休みが始まる前が肝心だ。

7月と言えば中旬から小中学生が夏休みに入ります。 1年の中で親が子どもと一緒にいる時間が一番長いのが、夏休みです。 そこで、夏休みに入ってから親がどのようなことを考え、どのようなことにお金を使うのかを前もって考えることが重要です。 多くの子どもがダラダラと勉強もせず、ゲームばかりしたり、友達と遊んでばかり、になるでしょう。 親はどう思いますか。 現...

Read More

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';