2月ネタ Topics

スポンサーリンク



今年の目標の達成度

  • 追加
  • 時が経つのは早いもので、新年があけてから1か月が過ぎました。1か月前には気持ちも新たに今年の目標を立てた人も多いのではないでしょうか。

    さて、その目標の達成度はいかがですか?順調に進んでいる人。そうではない人。目標を立てたことも忘れてしまっている人。様々だと思います。
    まだ1か月が過ぎた所です。計画通りに行っていなくても、あきらめずに頑張りましょう。
    もうあきらめてしまった人や、毎日の仕事に追われて目標達成する余裕がない人は、一度目標を見直してみましょう。

    目標を立てるコツは、小さな目標を沢山立てることです。今の状態より少し上の目標。
    それが達成できれば、また少し上の目標を立てましょう。
    そうやって、目標を沢山達成しているうちに、いつの間にか大きな目標が叶っていることもあります。

    また、検定試験など、時期が決まっている目標に関しては、その日から逆算して毎日どれくらい頑張ればいいのかを考えましょう。
    その場合は、毎日びっしりとやる計画ではなく、1週間に1日程度予備日を設けるといいでしょう。
    計画が遅れてしまっている場合は、予備日で取り戻すことが出来ます。
    計画通りに進んでいる場合も、リフレッシュに使ったり、先の計画に早めに取り掛かることも出来ます。

    目標を持つことは素晴らしいことです。今の自分を変えることができます。

    貴重な時間を割き、考えた目標です。自分のペースで構いません。
    少しづつでも、目標が叶うように頑張っていきましょう。

    目次に戻る⬆

    スポンサーリンク




    節分で落花生を投げる?!

  • 追加
  • 2月といえば日本に古くから伝わる節分ですね。「節分」は季節を分けるということを意味で各季節の始まりの日の前日のことを指すそうです。

    一般的には「鬼は外、福はうち」などと言いながら豆をまいたり、自分の歳の数だけ豆を食べたりとその年の無病息災をお祈りする行事です。
    小さいころは町内会の集まりなどで「豆まき」ならぬ「お菓子まき」があってそれを毎年楽しみにしていた方も多いのではないでしょうか。

    そんな江戸時代から伝わる恒例行事の節分ですが、同じ日本でも地域によってしきたりや風習が違うようです。

    基本的に豆まきに使用する豆はお祓いを行った大豆(いり豆)です。近年は節分が近くなると近所のコンビニやスーパーなどで「福豆」が売られていますよね。

    私の住んでいる地域では給食に節分の豆が出てきたことがありました。ところが、この節分の豆まきの豆、地域によっては落花生をまくところもあるようです。
    その地域というのは北海道・東北・北陸・南九州の地域だそうです。「え?!なんで落花生?!」と思う方も少なくないと思います。

    私もそれを聞いたときに驚きましたが、なんでも雪深い地域の節分は季節的にもちろん大雪。その雪の中で豆まきをするのですから小さくてぱらぱらしている大豆だと
    まいたあとに拾いにくいわけです(いくら豆まきだからといって豆をまいてそのままにしておくわけにもいかないですからね)。

    そこで考えだされたのが落花生。理由は至ってシンプル。「豆をまいたあとの片づけが楽だから」だそうです。
    こうやって日本の昔からの風習がその地域の特色に合わせて変化していくのだなあ、と感じました。

    目次に戻る⬆

    スポンサーリンク




    2月の風物詩

  • 追加
  • 2月と言えば一年の中で一番寒い時期です。
    そして、日差しが明るくなり春が近いことをかんじさせてくれます。そこで、雪と花に関して書いてみます。

    札幌の雪祭り
    札幌の雪祭りは、冬の北海道の一大イベントです。開催は2月の初旬、1週間ほどです。
    札幌の大通りに雪と氷の芸術品が色とりどりもライトを浴びて、昼夜とおして楽しめます。北海道の新鮮な食べ物とあわせ、楽しみたいです。

    秋田の横手かまくら祭
    やはり2月中旬に2,3日と日程は短いですが、町の何ヶ所かにかまくらが点在しています。おおきなかまくらで、子供たちは大喜びまちがいないです。
    一年の一番寒い時期にしか見られないやはり貴重な風景です。

    水戸の梅祭り
    水戸の偕楽園にて、2月中旬から3月いっぱいの梅祭りです。こちらは雪と違い期間が長いので、スケジュールにあわせ梅の花を楽しむことができます。
    偕楽園の中には3,000本もの梅が植えられています。その梅の花の中での、野点もあり日本らしさを味わえる梅祭りです。

    梅祭り
    水戸の偕楽園ほどではありませんが、各地に梅祭りはあります。
    小田急線の梅が丘の駅近くの公園も梅祭りをしています。2月中の週末には屋台や野点があったりと、緩やかな傾斜に咲いている梅をたのしむことができます。
    伊豆方面にもたくさんの梅祭りがあり、春を満喫できます。

    雪祭りや梅祭りが同時にやっている2月は一年中で一番寒い中でも春を待つウキウキ感のある季節でもあります。

    目次に戻る⬆


    節分に関して

  • 追加
  • 2月3日は節分です。
    節分といえば豆まきですが、なぜ2月3日に豆をまくのかご存じでしょうか。

    まずはじめに、投げるのがなぜ豆なのかというと、「魔を滅する」と書いて「魔滅(まめ)」と読み、食べ物の豆にかけて無病息災を意味しているそうです。
    次に、投げるのはなぜ2月3日なのかというと、「節分」という文字に理由が隠されています。

    節分は漢字で「節を分ける」と書きますが、節とは季節のことを表しており、つまり節分とは「季節の分かれ目」のことを意味しています。
    節分の次の日である2月4日は「立春」となっており、つまり節分の日は、冬と春との境目ということになります。

    昔は立春を一年の初めとしていたので、節分は今で言う大晦日にあたります。
    旧年の厄や災難を祓い清めるために陰陽師達が行っていた儀式が一般に浸透し、さらに先に説明した「魔を滅する」という豆の別の意味と融合し、節分に豆を投げる行事が定着したとされています。

    ところで、豆まきの豆といえば、大豆を思い浮かべる方がほとんどだと思われますが、実はもともとは五穀であれば、投げる物はなんでも良かったそうで、「米・麦・ひえ・あわ」を投げてもいいそうです。
    ただ、注意しなければならないのは、「炒った豆」を投げなければならないということです。拾い忘れた豆から芽がでると縁起が悪いため、あらかじめ芽が出ないように炒っておくのだそうです。

    子供のころからなじみのある行事でも、意外に知らないことも多くあると思います。
    昔の人のように、節分は一年の節目、次の日から新しい一年が始まると思って豆を投げると、今までとは違った気持ちが味わえるかも知れません。

    今年の節分は是非一度、そのような視点で迎えてみてください。

    目次に戻る⬆


    2月はインフルエンザのピークです

  • 追加
  • 2月といえば例年インフルエンザのピークと言われています。
    職場でもそうですが、家庭でもインフルエンザに感染してしまう方もいるのではないでしょうか。
    感染してしまうと仕事にも支障が出ますので、なるべく予防するように心がけたいところです。

    一般的に取り入れやすい予防方法としては
    ・マスクをする
    ・うがい、手洗いをこまめにする
    などがあります。
    また、免疫力が低下しているとインフルエンザ以外にも風邪などにもかかりやすくなってしまうのでしっかりとした食事と睡眠をとることも重要になります。

    意外なところで乳酸菌もインフルエンザなどの感染予防に効果があります。
    乳酸菌には免疫力を高める効果があるとされていますので、朝食に一品ヨーグルトを増やすなどして毎日摂取するようにするとインフルエンザなどの予防につながります。
    これなら簡単に実践することができますので、取り入れやすい予防方法ではないでしょうか。

    また、この時期は空気が乾燥しやすいのもインフルエンザに感染しやすい原因になります。
    空気が乾燥しているとウイルスが飛散しやすい状態になります。
    簡単な加湿方法としてはマスクをすることで乾燥した空気を遮断することができます。
    ウイルスを体内に入れないという意味においてもマスクは有効なので、この時期はマスクでインフルエンザなどを予防するのが効果的だと思います。

    以上のように個人的に簡単に取り入れることができる予防方法はたくさんありますので、インフルエンザなどに感染しないよう頑張って予防していきましょう。””

    目次に戻る⬆


    最近の節分事情

  • 追加
  • 節分と言えば、「福は内」「鬼は外」の掛け声とともに炒った大豆をまくのが昔ながらの風習だったと思いますが、ここ最近いつからか「恵方巻」もすっかり定着しています。

    皆さんもご存じの通り「恵方巻」は、2月3日に食べると縁起がいいといわれ、その年の決まった方角を向き、願いを込めながら黙々と黙って食べる節分の行事です。

    最近では、コンビニやスーパーだけではなく、お寿司屋さんやデパ地下などでも販売されており、今年はどれを食べようかと迷ってしまう人も多いはずです。
    手頃に食べられるものから高級志向のものまで種類は様々。

    また、最近ビックリしたのが犬用の「恵方巻」まで売られ始めたことだ。
    ここまでくると「恵方巻」の経済効果もかなりあるのではないだろうか?

    私もそのブームに乗っかり、今年はせっかくなのでお寿司屋さんで頼む大堂の「恵方巻」の他にも、色々試してみたいと思っている。
    今、目をつけているのがイトーヨーカドーの「イタリア風恵方巻」だ。
    有名シェフが監修し3種類の味がセットになり、ワインと一緒に是非味わってみたい。

    また、デザートとしてロールケーキになった「恵方巻ロール」も魅力的で、今から何を買おうか考えるだけでワクワクしてしまう。
    今年は、色々な種類の「恵方巻」を買って家族と楽しい節分を過ごしたいと思っているので、もし皆さんのオススメがあれば是非教えて頂きたい。

    ちなみに今年の方角は「南南東」。
    邪気を払って楽しい節分をみんなで過ごしましょう!

    目次に戻る⬆


    鬼を追い払う

  • 追加
  • 二月と言えば節分ですね。誰でも子供の頃は、幼稚園、保育園などで豆まきをした事でしょう。知人の娘さんが通っていた幼稚園は、今はやりの、と言うよりは昭和を感じさせるような昔ながらの幼稚園だったそうです理事長先生がお父様、その息子さんが園長先生、お嫁さんも先生と言う幼稚園で、少人数のとってもアットホームな幼稚園だったと伺っています。

    そのアットホームな暖かい幼稚園を恐怖に突き落とすような日があり、それが何を隠そう節分だそうです。節分のその日の午前中、園児達は先生方と豆まきを楽しんで、お豆を食べて楽しく過ごす。ところが、年長児達はお昼を過ぎた頃からそわそわ、きょろきょろと落ち着きなくなってくる、何故なら、毎年、お弁当を食べた後に鬼が園庭に来る事を知っているから。

    毎年、毎年、年長さん達が豆をまいて追い払っているのにもかかわらず、奴は毎年やってくる。年少の時も、年中も、来た。そして、年長になった子供たちは、今年は自分たちが年少児達を鬼から守らなければならない。園舎に入れては決してならない・・・緊張もマックス、で、結構リアルに変身した園長先生鬼、何故か園内放送とともに登場。そして、年長教室に用意してあったお豆を持って、年長児達は一斉にまずは園庭めがけて、そして、多数の豆をうけて、鬼が弱ったところで一気に園庭へ。そして、鬼は園舎に入ること無く園の外へ逃げていく、そうです。

    年少児は先生の周りで、恐怖におびえながら、もしくは泣きながらその攻防を見守るそうです。

    園長先生は毎年大変だけれども、鬼を追い出し、年下の年少児達を追い払った年長児たちの顔はそれはもう、輝いているそうです。
    今年も、年長児たちが大事な園と年少児、先生達を守ってくれました。悪い鬼はもう、いません。あの鬼が悪い物も全部一緒に持って逃げていきました。安心して1年を送れますね、で終わるそうです。

    大人になって、豆まきなんて、お子さんがいない限りやる事もないかもしれませんね。でも、今年は、悪い鬼を追い払うべく、年長児のように本気で豆まき、してみませんか。

    目次に戻る⬆


    「節分」を英語で言うと?

  • 追加
  • 「節分」を英語で言うと?

    新しい年も早ひと月が過ぎ、もう2月です。
    2月に入ってすぐに訪れるのが、節分。

    この節分、英語で何と言うかご存知ですか?

    Bean-Throwing Festival 、といいます。
    直訳すると、「豆を投げる祭り」。
    あまりにも事実そのまま過ぎて、初めて知った時私は笑ってしまいました。

    「節分」は、こちらも読んで字の如く、「季節を分ける」、すなわち「季節の変わり目」を意味しています。
    日本の季節の変わり目と言えば、立春、立夏、立秋、立冬と4度訪れます。
    それぞれの季節の変わり目の前日を、「節分」と言います。
    ですので、実は節分は2月3日だけではなく、1年に4回あるのです。

    なぜ、2月3日の節分だけ大きく取り上げられるのか?
    それは、2月3日が春の訪れを告げる、立春の節分に当たるからです。

    春は、1年の始まり。
    これから始まる1年に災いがおこらぬよう、誰しもが祈ります。

    この祈る気持ちが、豆をまき、鬼を払い福を呼ぶ、私たちが良く知る「節分」に繋がるのです。

    話を冒頭に戻し、では「節分」を正しく英語で伝えるには何と言えばいいのか?
    実は、Bean-Throwing Festival 以外にも、「節分」を表す英語があります。
    それが、The day before the biginning of spring です。

    立春の前日、という意味ですね。
    細かいことを言えば、節分は春だけではない、ということになりますが、Bean-Throwing Festival よりは本来の意味に近いと言えるでしょう。
    外国の方に節分を伝える時には、是非思い出して下さい。

    目次に戻る⬆


    節分とバレンタインデー。

  • 追加
  • おはようございます。今日は節分とバレンタインデーについて話したいと思います。

    私は家族持ちで子供もいます。
    子供も三歳になり節分がわかってきたので
    今年は鬼デビューになります。

    手加減を知らないので今から豆に当たっても痛くないような対策をとろうと考えてるとこです。
    私の子供の時に好きだった白い豆を私の子供も大好きで親子だなと思ってます。

    あの白い豆は本当に美味しい甘味と豆の風味が絶妙です。
    年の数だけ食べる良いとゆうので全部白い豆で食べようと思います。
    そうしたら子供は3個しか食べれません何時から年の数だけ豆を食べる
    ようになったのかわからないです。

    話しを変えてバレンタインデーについて話したいと思います。
    バレンタインと言えば本命チョコや義理チョコがあります。

    私は今まで義理チョコをたくさんもらいました。義理チョコでも嬉しくて、ある年にモテたと勘違いしたのかもしれません。

    調子に乗って女の子に話しかける回数が
    多くなりました。すると翌年義理チョコが20個から1個になってしまいました。

    義理チョコとはいえ、女の子にしてみたら
    気持ちも少しあったし友達として認めてくれてたんだと気づかされました。

    義理チョコは大事にする。これがバレンタインデーで学んだ教訓です。
    今年も大事に食べますのでよろしくお願いいたします。
    今年が駄目なら来年も待ってますのでよろしくお願いいたします。
    結局バレンタインデーに振り回されてる男の話しでした。

    目次に戻る⬆


    沖縄プロ野球キャンプ

  • 追加
  • 2月といえば、例年沖縄であるプロ野球キャンプです。

    寒さが厳しい2月。本州ではコートが手放せない日が多々ありますが、沖縄では雨の日や曇りの日はあるけれど、最低気温が10℃を切ることがほとんどないです。

    天気が良ければ20℃を超えることもあり、汗ばむ日もあるほどです。そんな中、二年前(2014年)は日本のプロ野球12球団中10球団と、韓国プロ野球の6球団が沖縄県でキャンプを行ったそうです。

    プロ野球キャンプのいいところは、選手を間近で見ることができ、直接声を掛けられるところです。友人がちょうどそのプロ野球キャンプに行ってたらしく、写真撮影やサインをもらうことができ、プロ野球ファンには選手と接することができるまたとないチャンスでした。友人も何人かのプロ野球選手と握手をしたりしたそうです。

    キャンプ場がそれほど離れていないので、ドライブをしながらキャンプ地巡りができるのも沖縄だからだそうです。

    沖縄といえば、私が高校生だったとき、修学旅行で行ったんですが、ちょうど楽天イーグルスがキャンプで来ているときでした。私は楽天ファンだったので、楽天のどなたかとお会いしたい思いでいたのですが、私自身風邪をひいてしまい、熱も高熱が出てしまいました。だいぶショックでした。

    最後まで楽天イーグルスメンバーを見ることなく、私の沖縄修学旅行は終わりました。また2月に沖縄に行ってみたいなぁと思ってます。沖縄修学旅行をリベンジしたいですね。

    目次に戻る⬆


    節分のイベント

  • 追加
  • 2月といえば節分、節分といえば豆まきがポピュラーです。

    その時期はあちらこちらの神社で有名人を招いた豆まきが開催されています。
    家族で行う節分のイベントで一番多いのも豆まきです。

    そこで豆まきのポイントをおさらいしましょう。

    ①夜に行う
    ②家長が豆をまく(お父さんが鬼の面をつけて鬼役になる場合が多いが間違い、まいてください。)
    ②生ではなく炒った大豆をまく
    ③「鬼は外」とかけ声をかけながら奥の部屋から順番にまく 窓を閉めてから「福は内」と声をかけながら家の中へ向かって豆をまく
    ④各自数え年分の豆をたべる(節分の翌日が立春 立春に年をとるという考えから)
    ⑤全部食べ切れない場合は「福茶」にして飲む 以上です。

    近年は少子化や住宅事情・後片付けの問題で家庭での豆まきが減ってきているようです。しかし小さいお子さんがいる家庭では特に楽しくできますし、ご家族の健康を願う行事でありこのような風習は残していきたいものです。

    豆まきの次は、“恵方巻を食べる”ことです。

    元来大阪中心の風習が、年々全国規模になり、恵方巻はスーパー・デパート・コンビニ等で多種類が売られています。
    その年の恵方をむいて無言で太巻きを食べるというものです。

    恵方とは?その年の福徳を司る「歳徳神(としとくじん)」がいる方向で、今年は南南東です。正確には南南東より少し南です。
    恵方はどうやって決まるか? 暦などに用いる十干(じっかん)という概念を用いるそうです。二十四方位のうち恵方になるのは4つしかなく、どれになるかは西暦の末尾の数字で決まっています。組み合わせの過程は複雑・難解ですので興味のある方は調べてみてください。

    さて今年はどんな願い事をしながら恵方巻をかじりましょうか。

    目次に戻る⬆


    斬新的な恵方巻き

  • 追加
  • 2月の行事といえば恵方巻きです。

    節分の日に、その年の恵方を向いて太巻きを食べるという風習は、なんと関西から始まったものだそうです。
    福を巻き込むという意味で巻き寿司で、福を切らないという意味で包丁を入れないという意味です。

    縁起担ぎですが、楽しいですね。食べ終わるまで話をしてはいけないので、我が家では毎年一切話をしていません。実際無言って結構辛いですよ。

    それはさておき、我が家は毎年イトーヨーカドーの恵方巻きを買っています。芸人のあぶちゃんの旦那さん(料理人)が作ったイタリアンな恵方巻きがのってました。私はそれを頼みました。
    恵方巻きといったら一番よくある、たまご、椎茸、かんぴょう、きゅうりが入っているのを思い浮かべますが、今の恵方巻きは斬新的ですね。

    でも祖父母の代からしたら、やはり昔ながらの恵方巻きが良いみたいですね。恵方巻きに限らず、お寿司なども斬新的になっていますね。ネタには唐揚げがのってたり、エビフライがのってたり。

    話は戻りますが、2016年今年は南南東に向いて食べるそうです。毎年家族揃って食べているので、楽しみです。イトーヨーカドーに限らず、スーパーやコンビニエンスストア、デパ地下など色々な場所で売られてます。自分の好みの場所で買うのも良いですが、色々なところで色々な種類の恵方巻きを買って、比べてみるのも良いかもしれませんね。

    また恵方巻きの歴史を調べた上で、食べてみるのも楽しいかもしれません。””

    目次に戻る⬆


    2月12日は何の日?

  • 追加
  • 2月14日は皆さんご存知のとおり、バレンタインデーですが、その2日前の2月12日は何の日かご存知ですか?

    それは、ブラジャーの日です。では、なぜ、ブラジャーの日と言われるかと言いますと、1913年の2月12日にアメリカ人女性によって、ブラジャーが開発され、特許が獲得された日だからです。当時のブラジャーはハンカチをリボンで結んだ、非常に簡易的なものでした。ブラジャーが日本で売れ始めたのは1920年に入ってからです。

    このブラジャーの日のほか、2月12日はいくつか記念日があります。

    ペニシリンの日
    1941年のこの日、イギリスの大学病院にて、世界で初めて、ペニシリンの臨床試験に成功したことから、こう呼ばれます。

    ボブスレーの日
    1938年のこの日、札幌にて全日本ボブスレー選手権が行われたことからこう呼ばれます。

    レトルトカレーの日
    1968年のこの日、日本で初めてのレトルトカレー、ボンカレーが発売されました。

    黄ニラ記念日
    黄ニラとは岡山県の名産品です。JA全農おかやまが黄ニラのPRのために制定しました。にっこり(2)いい(1)に(2)らという語呂合わせ、ちょうど鍋での需要が多くなる時期ということで制定されました。

    リンカーン誕生日
    アメリカ合衆国の16代大統領、エイブラハム・リンカーンが産まれた日です。後に奴隷解放宣言を行います。
    この奴隷解放に反対している南部では今でも祝日になっていないところもあります。

    このように、2月12日は記念日が沢山あります。他にも知られていない記念日もあると思うので、調べてみるのも面白いですね。

    目次に戻る⬆


    2月の朝礼スピーチ

  • 追加
  • 2月の行事

    1.節分は日本人であればはずせない年中行事の一つです。
    最近では、コンビニでも恵方巻が節分にあわせて販売されています。東を向いてまるかじりをします。
    それぞれの家で「福は内、鬼は外」と言って豆まきをします。お子様がいるご家庭ではたいへん盛り上がりますが、まいた後の豆の片付けがなかなかたいへんです。

    2.北海道、東北では雪祭りがあります。
    雪の多い地方では、寒いこの時期の一大イベントです。秋田のかまくらもたいへん幻想的で、北海道の雪祭りに負けないぐらいのすばらしい風景です。
    スキー、スノボーだけではない雪の楽しみ方です。

    3.日本の暖かい地方では、梅祭りもあります。
    水戸や伊豆方面では、さくらの前に梅が咲き、早々と春を感じさせる行事があります。梅の花は桜と違って1ヶ月近く咲くので時間を調節しながら、のんびりと楽しめます。

    4.バレンタインデーはやはり2月の一大イベントとしてはずせませんね。
    デパート、スーパー、コンビニとどこに行ってもチョコーレートが並びます。毎年いろいろなチョコレートがでまわり、みるだけでも楽しいです。
    もちろん手作りチョコも女の子でしたら、はりきって作ります。いただいた人はどんなチョコであれ、嬉しいものです。いつからか職場でも義理チョコがあたりまえになってしまっています。
    チョコレート会社にとっても力がはいり、売上げも多くなる時期です。普段チョコを買わない人まで買ってしまいますから。

    目次に戻る⬆


    日本独自の進化をし続けるバレンタインデー

  • 追加
  • 2月と言えば、バレンタインデーですよね。
    毎年男女問わず学生の頃から、何だかそわそわする日だと思います。

    このバレンタインデーができたのは諸説あるそうですが、
    ローマ帝国の時代、キリスト教司祭であったウァレンティヌスが
    当時婚姻を禁止されていたローマの兵士を秘密で結婚させたために処刑された日が
    恋人たちの日になった、というのが一般の説らしいです。

    このバレンタインデー、御存知の方もいらっしゃるとは思いますが、
    女性が意中の男性にチョコを贈るという形式は日本独自のものだそうです。
    ヨーロッパなどでは男性、女性に拘わらず花やケーキなどを
    恋人や親しい人に贈ることがある日だそうです。

    ちなみにこのバレンタインが日本に定着し始めたのは1970年代の後半だそうで、
    そんなに驚くほど昔というわけではありません。
    今時は本命チョコに義理チョコだけでなく、
    女の子の友達同士で贈る友チョコや、自分で食べるための自己チョコなるものも
    出てきました。
    今時の男子は自分で手作りチョコを作って、
    女子に贈るなんて言う逆チョコなるものもあるようです。

    個人的には恋人や親しい人との仲を深めたり、より周囲とのコミュニケーションを
    広げたり、円滑にできるという点からは、大歓迎なイベントです。
    例え義理でも、素直に貰って嬉しいと思える関係を続けていきたいものです。

    最近は秋にもハロウィンのイベントをやるようになってきたので、
    いずれバレンタインのように、日本でまた独自の形で定着するかもしれませんね。

    目次に戻る⬆


    2月が他の月よりも日にちが少ない訳

  • 追加
  • 2月が他の月よりも日にちが少ないのはなぜだか知っていますか。
    今日はその理由をお話したいと思います。

    今の暦の元になっているユリウス暦は昔、古代ローマ時代に作られたものです。
    ユリウスというのはユリウス・カエサル、「賽は投げられた」「ブルータス、お前もか」の台詞やクレオパトラと恋仲だったのが有名な話として残っていますが、今の暦の原型も作っていました。

    1年を365日ないしは366日としたのも、31日と30日を交互に来るようにしたのも、4年に1度の閏年を決めたのもこのユリウス暦です。
    当時、1年の始まりは3月で終わりは2月でした。ですので、その2月で日にちを調整したため2月が他の月よりも日にちが少なくなったと言われています。

    ここで不思議なのが7月と8月がともに31日であるということ。
    7月はユリウスの誕生月です。そこでユリウスは自分の名前を7月につけました。英語で7月がJuly(ジュライ)と言われるのは、ユリウスの名が英語読みでJulius(ジュリアス)だからです。

    そしてその後継者であるアウグストゥスは8月に自分の名をつけAugust(アウグスト)としたのですが、ユリウスが大の月と呼ばれる31日なのに対して自分が小の月と呼ばれる30日であることを嫌い、8月も31日にしてその後の月の日にちをずらしていったと言われています。

    昔、月の日にちを覚える際、なぜ7月と8月は31日なのだろう、それさえなければもっと覚えやすいのにと思われた方もいるかもしれませんが、そういった理由があるからなのです。

    今では1年の始まりは勿論1月ですが、季節としてみると2月までが冬、3月は梅や桜の花が咲き始め春の始まりという感じがしますよね。
    今月の終わりには古代ローマ時代に思いを馳せ、冬の終わりと同時に1年の終わりを感じてみてはどうでしょうか。

    目次に戻る⬆


    猫の日

  • 追加
  • みなさんは猫の日があるのをご存知でしょうか。
    実は2月22日は猫の日なんです。

    鳴き声の『にゃん』をかけてその日にしたそうです。
    猫と一緒に暮らせる幸せに感謝をしてとの意味で作られたそうです。
    今では猫カフェなんかもあります。
    そして猫サークルも。

    猫の文房具や服などを作り、販売をしたりしているところもありますね。
    私は犬派なので、あまり最近まで気にはとめてなかったんですが、テレビでやっていた猫カフェや猫サークルにビックリしました。
    猫は犬と違って散歩はあまりしない動物らしいので、大変育てやすいみたいですね。
    家でじっとしている感じなので、比較的犬よりも育て易いそうです。

    私の友人で猫が非常に好きな人がいます。
    その人は週に1回は必ず猫カフェに行ってますし、お家でも猫を3匹飼っています。
    以前は犬を飼っていましたが、犬は散歩をしないといけなかったり、ワンワン吠えるので、途中で育てるのがしんどくなったそうです。

    なので今は猫を飼うようになったそうですね。
    猫はやはり散歩しないですし、ニャーニャーと軽く鳴いているだけなので、育て易いそうです。
    猫ってほんとうに癒やしですよね。
    猫がいるともう他の動物なんか飼えなくなりますし、他の動物とか考えられないですね。

    もし何の動物を飼おうか迷われているのであれば、猫をオススメします。
    そして一度猫カフェへ行っていただきたいですね。
    かなり猫グッズなんかも置かれていますし、良い感じですね。

    目次に戻る⬆


    2/20は選挙の日

  • 追加
  • 2月20日という日は、まずかなりたくさんの著名人が生まれた日です。

    有名なところで挙げていきますと、スポーツ界では野球の長嶋茂雄、プロレスのアントニオ猪木、芸能界では、お笑いタレントの志村けん、女優のかとうかず子、いしのようこ、ミュージシャンでは、ばんばひろふみ、クロマニヨンズの真島昌利というように多数の一流と呼ばれる人たちが誕生しています。

    またこの日に始まった事を挙げていきますと、まず1番大きな事といえば普通選挙が日本で初めて実施された日です。

    全国民の納税額の多少にかかわらず全ての男性に選挙権が与えられた日です。
    ちなみに女性に選挙権が与えられたのは、1946年4月10日の総選挙からです。
    自分の1票が政治に影響するという歴史的にも大きな前進をした瞬間です。

    また、伝統行事で見てみますと日本で初めて歌舞伎が行われた日です。

    1607年のこの日に、江戸城にて出雲の阿国が将軍徳川家康や周辺諸国の大名たちの前で初めて歌舞伎踊りというものを披露しました。
    そして1603年に京都の四条河原で出雲の阿国が歌舞伎踊りをしたのが歌舞伎の発祥と言われています。
    この頃から女性が注目を浴びるようなものも誕生していたのですね。

    そして最後に2月20日という日は、夫婦円満の日であります。

    御社においても結婚して家庭を持っている従業員はたくさんいると思います。
    この日は宇治田原製茶場という会社が夫婦でお茶を飲んでもらいたいという思いから2010年に正式に始まりました。
    なので今日は仕事から帰ったら夫婦団欒でお茶でも飲んでゆっくりと過ごしてください。

    目次に戻る⬆


    バレンタインデー

  • 追加
  • 本日、2月14日は、日本中の女子が、男性諸君にチョコを渡すバレンタインデーなのは皆さんもご存知であると思います。

    この日が来ると、男性の皆さんは、少なからず自分が女性からチョコを渡される時に告白なんかされるんじゃないだろうかと、淡い妄想にかられる時があったんではないでしょうか?

    しかしながら、現在ではこのバレンタインデーで女性が男性にチョコを渡すという常識が、どんどん変化して行っているのはご存知でしょうか。

    現在のバレンタインデーでは、カップルとして成立している男女はもちろんあると思いますが、現在では女性が女性とチョコを交換する『友チョコ』、
    家族に対して渡すチョコなど、様々な形でのバレンタインチョコがあります。

    実はこの独特の日本の文化ですが、海外ではもっと違う形である地域があります。

    世界中では、バレンタインデーは、男性が日頃の感謝を伝える、または愛の告白をするために『花束を贈る日』であることはご存知でしょうか?
    日本では2月14日に女性からバレンタインデーとしてチョコをもらい、3月14日に男性からホワイトデーとしてクッキーのお返事をするという習慣ですが、
    これは日本独特の習慣のようです。

    海外の常識においては、男性が先に女性にアプローチをかけ、その返事を女性が3月14日に行うという習慣みたいです。
    日本男児は昔から、関白宣言という曲があるように、女性に先に何でもさせてしまう習慣があります。

    日本と世界、男女の有り方も随分と違う様な感じがしますね。
    毎年一回のこの日を、今年は違う形で、女性を喜ばせてみる1日として、過ごしてみられてはいかがでしょうか?

    目次に戻る⬆


    関連ネタ & スポンサーリンク