感謝の気持ちを持つこと

  • 追加
  • どんな仕事をしていても、いらいらすることがあります。ミスをして落ち込むこともあります。お客さんに怒られてストレスがたまることもあります。

    先日、自営業をしている友人と会った時、友人が私に言った言葉があります。それは「うまくいかない時こそ感謝する」という言葉です。

    友人は私に、自分は毎日公私共に感謝の気持ちを忘れずに過ごすようにしていると言いました。幸せなことや嬉しいことが起こると、もちろん人はそのことに感謝します。友人は、仕事でお客さんに怒られたりうまくいかなかったことは全て自分を成長させる為に起こったことだと考えて、起こった出来事や怒ってくれた人に感謝しているのだと言いました。

    ミスをした時、そのミスによって学ぶことがあれば自分は一つ成長したことになります。お客さんに怒られた時、お客さんは自分に期待してくれているから怒るのであること、もっと私の仕事が良くなるようにと思って正直な気持ちを伝えてくれているのだと考えて、感謝の気持ちを持って対応するのだと友人は言っていました。

    友人の言葉を聞いて、私も感謝の気持ちを持って過ごしてみようと思いました。感謝の気持ちを持っているとそのことが相手にも伝わって、人間関係もお互いにより良い関係を築けるようになるかもしれないと思っています。

    ありふれた二文字の感謝という言葉で、自分の人生が少し変わるかもしれないと思いました。自分がこうして仕事を続けていられることも、自分一人だけで出来ることではなくまわりの方々の助けがあるから続けられるのだと思い、本当に有難いことなのだとあらためて思っています。

    又、仕事のみならず、プライベートな生活でも感謝の気持ちを持って過ごすようにしていたら、心に余裕を持って生活出来るようになった気がしています。これからも感謝の気持ちを持ち続けていきたいと思っています。

    スポンサーリンク




    関連ネタ & スポンサーリンク