「友情」と「愛情」

  • 追加
  • 今日は、皆様に
    「ドラえもん」と「のび太くん」の話をします。

    この間、友人と、小さい頃に見ていたアニメの話になって、お互いにドラえもんが好きだったことが分かりました。
    本当に放送されたかどうかは覚えていないのですが、友人からドラえもんの最終回の話を聞いて、感動したので紹介します。

    ある日、学校からのび太くんが帰ると、ドラえもんがいなくなっていました。
    机には、「未来に帰ります。僕に頼らないでください。」と、書かれていました。
    のび太くんは悲しくて、何もする気が起きませんでした。

    ある日、「もう1度、ドラえもんに会うためには、僕が作るしかない!」と決心して、一生懸命勉強するようになります。
    大人になったのび太くんは、多くの発明で有名な科学者になりました。しずかちゃんと、幸せな生活を過ごしていたのび太くんも、やがて老人となり、最後の時を迎えようとしています。

    家族が見守る中、のび太くんは小学生の孫に「お願いがあるんだけど、聞いてもらえるかな?小学生の頃、おじいちゃんにとって大切な友達がいたんだ。もう一度会いたくて一生懸命に作ろうとしたんだけど、完成することができなかった。大きくなって、おじいちゃんの代わりに完成させてくれると嬉しいな…。
    でもひとつ、大切なことがあるんだ。

    おじいちゃんの小学生時代に、このロボットを送るとき、ある程度たったら未来に戻ってくるようにしてほしい。そうしないと、のび太くんは何もできないままだから。」
    と、最後のお願いをして、隣においてあるドラえもんの未完成品を指差しながら、ゆっくりと目を瞑りました。

    本当の友達が、どういうものなのか考えてさせられました。
    何でも言うことを聞いてあげることだけが、親切ではないと思います。嫌われるのを覚悟で突き放す優しさも必要ですね。

    のび太くんは、ドラえもんを作ろうと思ったから、頑張れたのだと思います。それは、ドラえもんが強制したわけではありません。いなくなることが、それに気づかせてのび太くんのやる気に火をつけたと思います。

    スタッフを信じて仕事をさせるときも同じだと思います。相手の力を信じないで、細かく指示を出している限り、相手はこちらに頼っているので本気に取り組んでくれません。
    困ったら頼ればいいと思ってしまいます。

    離れて見守ることによって、相手に本当にやりたいことを思い付かせることが必要です。
    自分で思い付いたことだからこそ、必死にできると思います。

    親ばかみたいな愛情。
    自分目線な愛情。
    そういう愛情はやめて、大きな心で見守り、時には突き放す、そういう人になりたいです。

    スポンサーリンク




    関連ネタ & スポンサーリンク