11月といえば、「ボージョレヌーボーの解禁日」ですね。

  • 追加
  • もう11月になりました。11月は日本の古い言葉で「霜月」と言います。
    冬が近くなり霜が降りる頃、という意味です。
    皆様は11月といて、何を連想されますか ?

    紅葉 ? 七五三 ? 酒好きの私は、「ボージョレヌーボーの解禁」を思い浮かべます。

    今日は、「ボージョレヌーボー」について二つほど蘊蓄を語ってみたいと思います。

    まず一つ目は「ボージョレヌーボーの解禁」についてです。

    「ボージョレヌーボーの解禁」は、皆さんよくご存じのように十一月の第3木曜日です。
    時差の関係で日本が最も早い解禁となるため ニュースなどでも取り上げられ、ちょっとしたお祭り騒ぎとなりますね。
    実は最初は11月15日が解禁日でした。しかし問題が起こりました。
    日付を固定してしまうと、日曜日にあたってしまうことがあります。フランスでは日曜日はお店も休みになってしまうのです。
    それではボージョレヌーボーの売れ行きに影響が出ます。そこで 1984年からフランス政府により今の11月第3週の木曜と定められたのです。
    粋な計らいをしてくれる政府ですね。

    次に二つ目の蘊蓄です。

    ボージョレヌーボーは単なる赤ワインの新酒ではなく「マセラシオン・カルボニック」(日本語では「炭酸ガス浸潤法」)
    という独特の醸造方法によりつくられたものです。ちょっと舌を噛みそうな名前ですね。
    これは発酵させるタンクの中を炭酸ガスで満たすという方法だそうです。
    この方法にも二つあり、タンクの中に外から炭酸ガスを注入するという方法と、もう一つ、ブドウ自身の発酵により炭酸ガスを発生させる方法だそうですが
    ボージョレ地区では後者の方法によりワインをつくっているそうです。さすが本場だと言えるでしょう。

    まあ何にせよ、飲んでおいしければ難しいことはどうでも良いのですがね。

    朝からお酒の話しで申し訳ございませんでした。おいしいお酒を飲めるように、今日も1日頑張りましょう。

    スポンサーリンク




    関連ネタ & スポンサーリンク