子供の日とは親も敬うとゆう意味もあるって知ってました。

  • 追加
  • 私はゴールデンウイークの5月5日の子供の日が子供の頃から好きでした。
    何故かとゆうと子供の日とゆう響きが子供ながらに嬉かったのを覚えています。

    大人になるに連れて、その響きの嬉しさもなくなりつつあったのですが、
    今日はスピーチとゆう事もあり子供の日の本当の意味を調べてみました。

    すると子供を祝う日でもあるのですが、子供が親を敬う日でもあるらしいのです。
    これには私も驚きました。

    子供の日が親も敬う日って皆さん知っていますか私は知らなかったです。
    その意味を知ると、大人になり嬉しさがなくなりつつあった子供の日がまた好きになってきます。

    確かに、私も子供が居ますが子供の日に祝日で子供と沢山遊んだりする事で子供は喜んで、
    遊んでもらえて子供も親にありがとうと思える。

    それが子供の日の意味何時ゅないかなと由来を知ってそう思います。
    なので、これからの子供の日には子供が一番したい事を親としてトコトンしてあげたいと思います。

    これは会社にも言える事で子供の日の考え方を生かしていくと良いと思います。
    私達の会社の支えてくれてる人々にお客様に何が一番喜んでもらえるのかトコトン考え、
    ありがとうと言ってもらえるそんな仕事をしていきたいです。

    そうすれば何か見えてくるかもしれないのです。
    まずは、一人一人の健康がなければいけません。

    体調管理をしっかりして、絶好調な環境で子供の日の精神で、今日も頑張っていきます。ヨロシクお願いいたします。
    私の朝礼を聞いて頂きありがとうございます。

    スポンサーリンク




    関連ネタ & スポンサーリンク