大人から楽器を習い始め、交友の幅が広がりました

  • 追加
  • おはようございます。本日は私の趣味についてお話します。

    私は大人になってから弦楽器のチェロをを習い始めました。
    元々クラシックに興味があり弾いてみたかったのですが大人から始めることに不安があり、躊躇していました。
    でも仕事も落ち着いてきたし、近くにレッスンをしてくれる先生が住んでいることを知り思い切って始めました。

    大人になると体も頭も固くなってしまい、最初は指でまともに弦を押さえることすらできません。
    また音程も酷くて自分の出した音ながら聴けたものではありませんでした。
    弦楽器は音程を取るのがとても難しいのです。

    レッスンは基礎的なことばかりでなかなか上達した感じがつかめませんでした。
    子供から習っている人はとても上手でうらやましいと思ったものです。
    先生からは一日10分でいいから楽器を練習しなさいと言われました。

    それでもチェロの音色はとても好きだったので毎日少しづつ練習しました。
    数年後のある日、気が付くと音程が取れて自分の出した音が聴けるようになっていました。
    手指には筋肉が付き押さえらえなかった弦が抑えられるようになっていました。

    大人から始めてスタートが遅くても、毎日少しづつ練習していれば目には見えずとも上達できるものなのです。
    楽器を弾くのは指先のよい運動になり知能向上にも役立つという研究もあるそうです。
    最近は初心者も受け入れてくれるアマチュアオーケストラに参加して世代や業種の異なる人との出会いもありました。

    私はまだ仕事が忙しく、あまり練習時間が取れないのが悩みですが、生涯の趣味として続けていこうと考えております。
    皆さまも大人からでもあきらめずに、何か楽器を始めてみてはいかがでしょうか。
    趣味を通じた新しい交友の幅が広がりますよ。

    スポンサーリンク




    関連ネタ & スポンサーリンク