せっかくなら手作りしても面白いもの

  • 追加
  • 日本では3月というとひな祭りや東大寺のお水取りが風物詩として揚げられると思います。
    それぞれ少しずつ暖かくなってくる春の訪れを感じる日本らしくていいものです。

    海外は、と見てみると大きなものは3月17日にある「セント・パトリックデー」というものがあります。
    セント・パトリックはアイルランドの守護聖人で、アイルランドにカトリックを布教した方だそうです。
    その命日が3月17日、功績をたたえてアイルランドでは祝日になっているのです。

    このアイルランド、「エメラルド色の島」という呼び方があって、「緑」はアイルランドのシンボルカラーになっています。
    ですからセント・パトリックデーには緑色のものを身につけてお祝いするのだそうです。

    最近は日本でもセント・パトリックデーのお祭りパレードが行われるところが増えてきましたから、見物に行くチャンスもあるかもしれません。
    そのときには必ず「緑色の何か」を身につけて行くとより楽しめるでしょう。
    本当かどうかわかりませんが、緑色を身につけていないとつねられる、なんていう話もあるそうです。

    アイルランドでもうひとつ有名なのは、濃厚な黒ビールのギネスですが、セント・パトリックデーでは緑色のビールを飲むことができたりします。

    この緑色のビール、実は日本でも楽しむことができるのです。
    レシピサイトで「グリーンビール」と検索してもレシピがヒットします。
    普通のビールに抹茶を混ぜるもの・ブルーキュラソーを使うものが普通のようです。

    セント・パトリックのお祭りに参加してもしなくても、このグリーンビールを「春の訪れを喜ぶビール」として自宅で楽しむのも悪くないな、と思います。

    スポンサーリンク




    関連ネタ & スポンサーリンク