斬新的な恵方巻き

  • 追加
  • 2月の行事といえば恵方巻きです。

    節分の日に、その年の恵方を向いて太巻きを食べるという風習は、なんと関西から始まったものだそうです。
    福を巻き込むという意味で巻き寿司で、福を切らないという意味で包丁を入れないという意味です。

    縁起担ぎですが、楽しいですね。食べ終わるまで話をしてはいけないので、我が家では毎年一切話をしていません。実際無言って結構辛いですよ。

    それはさておき、我が家は毎年イトーヨーカドーの恵方巻きを買っています。芸人のあぶちゃんの旦那さん(料理人)が作ったイタリアンな恵方巻きがのってました。私はそれを頼みました。
    恵方巻きといったら一番よくある、たまご、椎茸、かんぴょう、きゅうりが入っているのを思い浮かべますが、今の恵方巻きは斬新的ですね。

    でも祖父母の代からしたら、やはり昔ながらの恵方巻きが良いみたいですね。恵方巻きに限らず、お寿司なども斬新的になっていますね。ネタには唐揚げがのってたり、エビフライがのってたり。

    話は戻りますが、2016年今年は南南東に向いて食べるそうです。毎年家族揃って食べているので、楽しみです。イトーヨーカドーに限らず、スーパーやコンビニエンスストア、デパ地下など色々な場所で売られてます。自分の好みの場所で買うのも良いですが、色々なところで色々な種類の恵方巻きを買って、比べてみるのも良いかもしれませんね。

    また恵方巻きの歴史を調べた上で、食べてみるのも楽しいかもしれません。””

    スポンサーリンク




    関連ネタ & スポンサーリンク