現代の生き方についての話

  • 追加
  • 最近はあまり明るいニュースを聞きません。
    殺人事件、ストーカー、公務員のわいせつ行為など、悲しい、またはあきれる話題ばかりです。
    その背景には、インターネットの発達があります。

    この発達とは、二つの意味があります。
    一つ目は、科学の発展による検索範囲の増加です。
    今までは調べることができなかったことなども、簡単に調べることができます。

    二つ目は、使用年齢の発達です。
    今の時代は、小学生の低学年がインターネットを当たり前のように使っています。
    外で遊んで、怒られながらたくさんの体験をしていくことで子供は成長するものです。
    しかし、パソコンやスマホの前にはりついて、知らなくていいことまで知る子供が増えています。
    これらを嘆いていても仕方ありません。

    まずは、これが今の時代の在り方などだと受け入れることが大事です。
    そしてそのあと、良い方向に導くように考え行動することが大事なのです。

    例えば、スマホは子供には早いから禁止する。これはこれでありですが、解決にはなりません。
    スマホは子供だけで使うには早いから、正しい使い方を教えて一緒に使う。こうではないでしょうか。
    正しい答えなんてありません。しかし、正しくあろうと考えることは大事です。

    こんな時代だからこそ、必死に考え続けることが大事なのではないでしょうか。
    な方向転換は、仕事にも日常生活にも生かせると思いますので、ぜひ実行してみてください。

    スポンサーリンク




    関連ネタ & スポンサーリンク