集中力を高めるための10分休憩のススメ

  • 追加
  • 人間の集中力は、1時間から2時間で一旦切れてしまうそうです。

    それ以上の時間は、頭の回転が悪くなってくるので、仕事の効率もダウンすると言われています。
    また、遅くまでの残業も、判断力や集中力の観点から見ると、あまりオススメできないものだそうです。
    もし、どうしても仕事が追いつかない場合は、定時を過ぎてからの残業ではなく、朝早く出社して仕事をした方がはかどるようです。

    とは言っても、実際仕事中に、休憩を取ったり、残業をしないで効率よく仕事をするのはなかなか大変です。
    仕事は毎日、川の流れのようにどんどん流れてきます。
    そんな中で、無理をして休むことなく頑張ってしまうと、仕事の効率はどんどん悪くなりますし、いつか倒れてしまうかもしれません。

    そこで、1時間や1時間半くらいを目安に、10分程度の休憩を入れることをオススメします。
    10分あれば、タバコを1本吸えますし、トイレの個室に入って瞑想をしたり、仮眠を取ることだって可能です。
    ちょっと社外に出てリフレッシュするのも良いでしょう。

    一度気分転換をすれば、脳はまた元気になります。
    もちろん、心もリフレッシュできるでしょう。
    10分が無理ならば、5分でも1分でも良いのです。
    とにかく、インターバルを入れることが大事なのです。
    例えて言うならば、F1でピットインするような感覚です。
    定期的に自分のメンテナンスをしていれば、また頑張るぞ!と仕事への士気も上がるでしょう。

    それでも、気が付くと2時間や3時間ぶっ通しで仕事をしてしまうという人は、携帯やスマホのタイマーをかけて強制的に自分を休ませてあげる習慣をつけましょう。
    休むことは悪いことではなく、むしろ良いことです。
    休むことも仕事の一つと考えられれば、1日頑張れるのではないでしょうか。

    スポンサーリンク




    関連ネタ & スポンサーリンク