分からないことは分からないと認めてこそ、成長のきっかけとなる

  • 追加
  • 私は、我が社に入社してからつい先日で3年を経過いたしました。そこで、いまの時点における自分の勤務態度について考えてみました。
    一言で言えば、入社当時の新鮮な気持ちがやや失われているのではないかと自己分析いたしました。一週間前に、小さくないミスをいたしましたのは新鮮な気持ちで仕事に当たる姿勢に欠け、疑問点があったのにそれを確認しないまま進めたことが原因だと思っています。

    入社当時は、もちろん「分からないこと」だらけでしたので、少しのことでも先輩によく質問しながら仕事をすすめておりました。しかし、最近は、仕事に慣れてきたという気持ちから、「これはこうだろう」「少し分からないこともあるけど、これでいいんじゃないか」と、不明点の確認を怠ってしまう傾向があった思います。

    京セラの稲盛和夫さんの著書(『稲盛和夫の実学 経営と会計』)を読みましたら、こういうことが書いてありました。

    まだ稲盛さんが30代なかばで、京セラも創業8年目のころ。実力のある外部の経理マンを経理部長として雇いました。稲盛さんは自らの専門は理系であって会計については素人でしたが、疑問に思ったことはどんな小さなことでも経理部長にぶつけました。稲盛さんは具体的な事例を納得できるまで掘り下げていくことにより、「京セラ会計学」を作っていきました。そしてこれが京セラの発展の原動力の一つになったそうです。

    稲盛さんは私からすれば大経営者で神様のような方です。しかし、若い頃にはこのような真摯な態度で経営に当たられていたということを知り感銘を受けました。

    私も入社して3年、そして先日はミスをし大変反省しております。このようなことを二度と繰り返さないためにも、稲盛さんの姿勢に学んで、「分からないことは分からない」と認めて、そして必ず納得を得るまで考える、そのような姿勢で仕事をに当たりたいと思います。そうしてこそ、自らの成長と会社の成長が実現できるのではないでしょうか。

    スポンサーリンク




    関連ネタ & スポンサーリンク