釣り場での声掛けが楽しい一日になります

  • 追加
  • 私の趣味は鮎釣りです。鮎釣りは友釣りと言って縄張りをもった鮎にオトリ鮎に掛け針を付けたものを近づけて突進してきた鮎をひっかけるという特殊な釣りです。
    エサで釣るわけではないので場所が肝心になります。良い場所は釣り人も集まります。大きな大河であれば川も広く特に問題は無いですが中小河川などは釣り人がすでにいると遠慮して別の場所を探します。

    しかし大河であっても先行者がいれば必ず声を掛けるようにしています。
    人間関係は挨拶です。『こんにちわ、掛かりますか?、このあたりやってもいいですか』とこんな感じです。たまにあっちへ行ってくれという人がいますが、こんな人がいたら嫌なので場所を代ります。大半の人はどうぞやってくださいと言ってくれます。その後めいめいが釣りをして、昼時になると昼食を取ながらおしゃべりしたりします。

    知らぬ間に友人になっているのです。こうやって釣り場でも声を掛け話をすると楽しい一日が過ごせます。初めて会った人からは面白い情報が得られたりします。逆に自分が先行者の場合、声を掛けてくれた人には嬉しく思い、黙って行く人にはちょっと不審な気持ちになったりします。

    このようにその場の雰囲気を作るのはまず挨拶です。始めの挨拶がその人の持っているものを感じさせてくれます。これは会社内でも同じで、他部署の人にも気軽に挨拶をする人と、黙って無視する人とは相手の受け取り方は完全に違うと思います。また取引先に行っても、目的の人以外にも挨拶をきちんとできれば、その会社の人全体の見る目が変わります。

    挨拶の重要性はわかっていながら自分でもできているかどうか、もう一度検証し仕事に役立てたいと思います。

    スポンサーリンク




    関連ネタ & スポンサーリンク