資格を取得することの大切さ

  • 追加
  • 仕事をしていれば、その仕事内容をより良いものにするために、勉強しなければならないときが来るでしょう。

    もちろんその仕事内容についてだけ、勉強するのも良いと思います。
    しかし仕事内容よりも、まずはその仕事に関する資格を取ってみることに挑戦してみてはどうでしょうか。

    なぜ資格を取った方が良いかと言えば、信頼性を勝ち取りやすいからです。たとえば自分が営業だと想像してみてください。
    あなたが顧客を新規開拓している最中、非常に良さそうな会社を見つけたとします。ですが競合他社の営業も、あなたが良いと思った会社を顧客にしようとしています。

    このとき、あなたの営業としての実績も、競合他社の営業の実績も、同じくらいだとします。そうなると営業を持ち掛けられた会社は、どちらの営業が良いと感じるでしょうか。
    決め手は色々あると思います。あなたの人柄、話し方、身なりなど、1つには絞り切れないでしょう。ですが確実に信頼できるものがあるとすれば、それは『資格の有無』と言えます。

    もしあなたが営業をする際、営業先で有利になる資格を持っていれば、同等の実績を持つ競合他社の営業にだって負けない、立派なアドバンテージとなります。
    逆にどんなに実績があったとしても、仮に資格を持っていなかったとしたら、資格を持つ競合他社の営業に顧客を取られてしまうことでしょう。

    必ずしも資格が必要とは言い切れません。
    ですが資格があることにより、それが自分の実力を示すステータスとなるのは間違いないと思います。

    スポンサーリンク




    関連ネタ & スポンサーリンク