スウェーデンのことわざより

  • 追加
  • スウェーデンのことわざを紹介しましょう。

    「貧乏人とは少ししかもたない者のことではなく、たくさんほしがる者のことである」

    物質的にどんなに恵まれていても、精神的に貧しければそれは「貧乏」ということでしょう。

    「足るを知る」ということわざもあるように、望んでいくときりがありません。
    どこで満足するか、どこで事足りたと思うか、それによってこれからの人生も変わっていくことでしょう。
    もちろんもっと暮らしを良くしよう、希望をかなえよう、との思いがなければいけませんが、どんどんそればかりを突き詰めて、自分の力以上のものを望みすぎてはいけないということでしょう。

    十分に今の暮らしで充足しているはずなのに、お金・お金・モノ・モノばかりを追いかけていては、足元がおろそかになり、今まで築いてきた暮らしが揺さぶられることになりかねません。

    無理をせずに、自分に合った暮らしを大事にしつつ、適正な努力をしていけば、その姿勢が向上につながります。
    実際の「貧乏」よりも、心の満たされない「貧乏」に陥らないように、今の暮らしを見つめて、今後の糧にしていきましょう。

    毎日の中に、日常の中に、豊かな心、豊かな暮らしはあるのです。
    じっくりと自分の今の暮らしを見つめなおす時間を作りましょう。
    ちょっと立ち止まることができる、ということもこれからの暮らしの向上にはとても大事なことです。

    物質的な豊かさよりも、心の豊かさのほうが大事です。
    心に余裕を持ちましょう。それが「裕福」ということです。

    スポンサーリンク




    関連ネタ & スポンサーリンク