262の法則

  • 追加
  • 2,6,2の法則を聞いたことがありますか?
    結構有名な法則なのでご存知の方が多いかもしれません。
    人が集団になると、そのうちの2割の人が優秀で生産性が高く、6割の人は優秀でもなく、不出来でもなく凡庸で、残りの2割が不出来で生産性型が低い能力の低い人に自然と分かられるという法則です。

    私は必ずしもこの法則が正しいとは思いません。
    1つの仕事の局面や1つの作業だけで見れば、この法則が当てはまってしまうかもしれません。
    誰しも得意苦手はあるものです。

    でも、仕事は1つだけの作業や、1つだけの局面で出来ているものではなく、いくつもの局面と作業の連続して出来ているものです。
    そして、幸いなことに私たちは会社に所属して部署として仕事に当たっています。
    例えばある人事務作業は得意ですが、お客様と会話を膨らませたり、お客様の気持ちを聞き出すのは得意ではありません。
    上がってしまって、頭の中が真っ白になってしまうのです。
    だけど、その分、確実な事務作業を行うことは得意です。
    この部署の中にその人とは反対の人もいると思いますし、一部は似ていて一部は全然似ていない人もいると思います。

    なら、その人は事務作業が苦手な方の事務作業をカバーすることはできます。
    その分、お客様とのやりとりは別の得意な人の力を借りることもできるはずです。

    このように、集団として誰かの苦手は誰かが補うという仕組みができていれば、2,6,2の法則は簡単に崩すことができます。
    補い合うことで高め合い、優秀な2の部分を3にも、4にもできるのも、集団ならではの力ではないでしょうか。

    スポンサーリンク




    関連ネタ & スポンサーリンク