辛い時期を乗り越えると、幸せが待っている

  • 追加
  • 今日は季節に関するイギリスのことわざをご紹介します。
    「March winds and April showers. Bring forth May flowers.」というものです。

    これは直訳すると、「 3月の風と4月の雨が. 5月の花を運んでくる」と言う意味になります。
    日本でも三寒四温と言う言葉がある様に、3月の寒い風や、4月の冷たい雨などの荒れた天候があって、ようやく5月の穏やかな気候をもたらし花が咲く事を表しています。

    そして、このことわざにはもう一つの意味があります。
    それは「辛い時期を乗り越えると、幸せが待っている」というものです。

    4月は始まりのシーズンでもあります。
    何か新しい事を始めると、慣れない事に取り組んで辛い事や大変な事も少なくないと思います。
    しかしこの大変な時期をしんぼうし乗り越えることで、必ず幸せな時は訪れます。

    これから何か壁にぶつかってくじけそうになった時は、この風や雨をやり過ごせば必ず花が咲くんだと言う事を思い出してください。

    季節が必ず変わって行くように、自分を取り巻く環境も立ち止まらない限り必ず変化していきます。
    過ごしやすい時があれば、苦しい時もあります。
    しかし冬をこえた後、迎える春は慶びに満ちていますよね。

    ついつい当たり前のように日々を過ごしていると忘れてしまいそうになりますが、忙しくて余裕のない時ほど
    季節の移り変わりを感じながら深呼吸する事でリセットできることもあります。

    スポンサーリンク




    関連ネタ & スポンサーリンク