指揮命令系統の徹底

  • 追加
  • 会社とは、社長を頂点としたピラミッド組織です。

    このピラミッドが歪んだものとなった場合、指揮命令系統は崩壊して効率の良い、適切な指揮命令が出来なくなってしまいます。

    一人の人間が直接管理できる人数は、概ね3人から5人程度であると言われています。

    それより多い人数をしっかり管理するためには、補佐が必要になるでしょう。

    理想で言えば、社長が3人程度の部下をしっかり管理し、その3人がそれぞれ3人?5人を管理し、さらにその下のポジションの人間が、それぞれ3人?5人を管理するというピラミッド型になることが理想です。

    社長が管理する3人とは、役職クラスの人間でしょうし、その役職クラスが管理するのは部長クラス、そして部長クラスが管理するのは課長クラス、そして課長クラスが管理するのは係長クラス、係長クラスが管理するのは主任クラスという具合でしょうか。

    1人が管理出来る人数は、先ほども申し上げたとおり3人?5人です。

    つまり、1人の部長の下に10人の課長を配置してしまったらバランスが悪いということです。

    自分が指揮を取らなければならない場面がきたら、3人?5人に1人はチームリーダー的な責任を負わせるリーダー格を指名すると管理しやすくなるでしょう。

    また、このチームリーダーに対して、どの様な意識づけをするか、立場づくりをするかが重要な要素になります。

    ただ単に、気が強いなどの理由でチームリーダーを指定するのではなく、総合的に判断をしてチームリーダーを決定しましょう。

    スポンサーリンク




    関連ネタ & スポンサーリンク