怖い怖い静電気の話

  • 追加
  • 冬になって空気が乾燥してくると、怖いのが静電気。何の心積もりも無い状態でパチッとこられると、痛いのと同時に気持ちも沈みます。

    よく静電気が起きる人と、そうでもない人がいるのはどうしてなのか、気になって少し調べてみました。

    まず、原子レベルで考えれば、地球上のどんな物質にも電気が発生していると考えられています。その電気が循環せず物質内に蓄えられてしまうと、パチッとなってしまうのです。つまり、どんな体質の人でも静電気自体は発生しているのですが、ため込みやすい人と、うまく外に逃がすことができている人がいる、というのが真相のようです。

    では、どういう人がため込みやすいのか、パチッとなりやすいか。

    この中にも、自分は静電気が起きやすい、と自覚している方がいらっしゃるかも知れません。人間の身体の仕組みは複雑なので一概には言えない、ということを念頭に置いていただいたうえで聞いていただきたいのですが、どうやら少々不健康気味の方のほうが帯電しやすいようなのです。

    例えば、血流が悪いとか、肩こりや冷え性だったりとか、何かしら身体のめぐりが悪くなっている人ほど、電気もたまりやすく、放出しにくいようです。また、静電気が発生しやすいのは湿度が20%以下、温度が20度以下になった頃だと言われていますので、肌が乾燥していたり、水分の補充が少ない人も要注意です。
    とにかく、乾燥を防いで水分を十分にとること。これが一番のようです。こまめに水を飲んだり、手を洗ったり、保湿クリームをつけて肌の乾燥を防ぐ。これがまず第一歩です。

    また、服の重ね着にも注意が必要です。なるべく同じ素材のものを重ねるほうが電気は起きにくいらしいです。化繊と毛皮を重ね着したりすると電気が起きやすいようなので、着る物の組み合わせも工夫したほうがよさそうです。
    いろいろ研究が進んできて、静電気イコール不健康のサインと考える人も少なくないようです。お得意様と名刺交換したときにパチッとなってしまって、照れ隠しに「静電気体質なもんで」などと言ってしまった経験、ありませんか?

    もちろん一概には言えませんが、ここはひとつ「静電気体質」という言葉は控えて、「嫌な季節になってきましたねぇ」くらいの感じで受け流した方が、お客様のためにもよいかもしれません。
    出先で車のノブなどでパチッと来ないようにするためには、銅やアルミに触れてから触ると軽減されます。ポケットに10円玉を入れておくとか、手軽にできる方法もありますので、いろいろ工夫して嫌な季節を乗り切りましょう。

    スポンサーリンク




    関連ネタ & スポンサーリンク