皇帝ペンギンのようになりたい

私が一番好きな動物は、ペンギンです。世に出ているキャラクターや動物園でヨチヨチと歩く可愛らしいイメージから、誰もが好印象を持っていることかと思います。 小さい頃は、ピングーのキャラクターが大好きで、お弁当箱や筆箱など、身の回りのものはほとんど全てピングーでした。笑  大人になってからは、ペンギンの中でも皇帝ペンギンのことが大好きになりました。それは、ある...

Read More

スポンサーリンク

日々の積み重ね

日々の清掃をどのように行っていますか。とあるお客様より質問をいただきました。 私は正直、ドキッとしたのですが皆さんはどうお感じになるでしょうか。 皆さんそれぞれだと思いますが、私はこのご質問により日々の掃除について考えるきっかけをいただきました。 注意してみると、床の汚れや窓の汚れ、お客様がお使いになるスペースなど行き届いているとはいいがたいものでした...

Read More

豊かな時間

石庭で有名な京都竜安寺にある茶室「蔵六庵」の路地に「つくばい」があります。口の所にかけひから流れ出る水が溜まるようになっている石で、徳川光圀が寄進したと伝えられています。 石の真ん中の形を口とみて、この周囲に書かれている文字をへんやつくりと見立てて、「吾・唯・知・足」と見ます。これを「吾(われ)、唯(ただ)、足る(たる)を知る(しる)」と読むそうです。 ...

Read More

ウサギとカメの続編

今日は「ウサギとカメ」の童話についてお話ししたいと思います。 かけっこの最中居眠りをしてしまったうさぎが足の遅いかめに負けてしまったという、手を抜いたり油断していると痛い目を見るという人生の教訓を物語この童話についてはみなさんよくご存じかと思いますが、実はこのお話に続編があるのをご存知でしょうか。 このお話は3部まであり、1部は私たちがよく知るウサギがか...

Read More

ダンディ坂野から学んだこと

ダンディ坂野さんを覚えていますか? 2003年「ゲッツ」というネタでブレイクしたお笑い芸人です。 しかし、「ゲッツ」以外のネタはなく、いわゆる一発屋芸人にカテゴライズされました。 その後、いつ芸能界から消えてもおかしくない状況の中にいる彼ですが、未だに芸人として活動しています。 しかも、彼の現在の年収は2000万円とも3000万円とも言われています。 ...

Read More

5月24日は「伊達巻の日」 伊達政宗の名言に学ぶ仕事の極意

5月24日は、「伊達巻の日」だそうです。 おせち料理に欠かせない伊達巻ですが、その名前の語源には諸説あります。「戦国武将、伊達政宗の好物だった」「女性の着物の帯の伊達巻に似ているから」「おしゃれで豪華なことを『伊達』と表現するため、特別感のある豪華な卵焼きをそう呼んだ」などですが、いずれも、伊達政宗に由来していることに違いがありません。 どの説でも、つ...

Read More

あなたのこれまでの人生は幸せでしたか?

先日、松下電器の創業者である松下幸之助さんについての書籍を読みました。 その書籍の中でとても奥深いストーリーがありました。 松下幸之助さんは会社に人を採用する際、最終面接の一番最後に必ずある質問をしていたそうです。 その内容というのが、「あなたのこれまでの人生は幸せでしたか」という質問で、そしてその質問に対して「はい」と答えた人を採用としたとのことです。...

Read More

落ちている石の話

先日身内の法事があり、住職さんに来ていただきました。 その際に住職さんがお話しされたことでとても印象深かったものがありますのでご紹介します。 例えば道を歩いているとき、その辺に石が転がっていて、その石につまづいてこけてしまったとします。 ほとんどの人が「なんでこんなところに石が落ちているんだ」と、自分がこけてしまったことを石がそこに落ちていたせいにしてし...

Read More

スポンサーリンク

4つの満足

会社を成功させるには4つの満足が大事であると耳にしたことはありませんか? 私も受け売りなのですが、以前勤めていた会社のCEOが幹部会議で仰っていた4つの満足のお話に大変感銘を受けたので広めてみたいと思います。 会社が成功するには、お客様・社員・社会・株主この4つ全てが満足していることが絶対不可欠です。極論ではありますが、例えばお客様だけを満足させたけれ...

Read More

いつもと違う景色を見るために

「智に働けば角が立つ。情に棹させば流される。意地を通せば窮屈だ。兎角に人の世は住みにくい。」 夏目漱石の草枕の冒頭部分です。ご存知の方も多いのではないでしょうか。 この一説を理解するにあたり、現代では中々馴染みのない言葉の説明を挟みたいと思います。 情に棹させばの「棹」とは船を進める櫂のことで「棹さす」とはこれを川底に立てて力を入れて進める事であり、流...

Read More

名選手必ずしも名監督にならずという言葉

『名選手必ずしも名監督にならず』という言葉があります。皆さんご存知のことでしょうけれども、一流の野球選手あっても、一流の監督には皆なれないという事です。実際は選手でも監督でも一流になった人はいますが、ごくわずかです。この言葉を他の職業に置きかえるとわかりすいことがわかりました。 一流の料理人が一流の料理の先生になれるとは限りません。現場で一流の職人であっ...

Read More

趣味と仕事の関係

趣味を持っている人は多いと思います。よく聞くのは『あの人は趣味に熱中するくらい仕事にも熱中してくれたらもっと数字は上がるのに?』という言葉です。逆に趣味も頑張るが仕事も頑張るという人もいます。この趣味と仕事について考えて見ました。 趣味は自分の趣味ですから自分で考えて追及します。つまり自分が納得するまで極めるわけです。周囲でとやかく言うのは家族位のもので...

Read More

引き寄せの法則について

世の中にはポジティブな人と、ネガティブな人がいます。 私はどちらかと言うとネガティブなタイプだと思います。 仕事においても「これは上手く行かないのではないか?」「どうせ上手く行かないだろう」「また何か問題が起こるのではないだろうか?」などと考えがちです。 そして、何か悪いことが起こると、そのことをいつまでも引きずってしまいます 先日、テレビを見ていると「...

Read More

業務の不安は1人で抱え込まず、分からない事は曖昧にしないで下さい。

今日は、ホテルのコンシェルジュについてお話しをしたいと思います。 リゾートホテルやハイグレードなホテルにはフロントとは別にコンシェルジュ担当の人が別に存在する事があります。 このコンシェルジュはお客様に対して「致しかねます、出来兼ねます」と言ったお断りの言葉を口にするのは基本的にタブーとされています。 なんでも言いなりになるという事とは違いますが、可...

Read More

同じ社内目標に向かって頑張りましょう

今日は夢の国ディズニーランドについてお話しします。 ディズニーランドは大人も子供も嫌な事をわすれて楽しめるテーマパークですね。 そんな非日常的な場所で働いている人達の事をキャストと呼び、このキャストはスタッフ自身のモチベーションをあげることによって夢の国を作り出しているのです。 よく考えて見て下さい。遊びに行って、ディズニーランドのスタッフが元気なかった...

Read More

スポンサーリンク

自分から進んで自己開示をしましょう

みなさんは自己開示という言葉を知っていますか? 普段あまり使う言葉ではないですが私たちが人間関係を豊かに気づく為にはこの自己開示が必要になってきます。 会社という組織の中で働いていると一緒に働いている人の表面上しか見えてない事がよくあると思います。 人は誰しも自分を守ろうとして自分から自分の情報を人に伝えるのは苦手な生き物なのです。 しかし、この自己開...

Read More

3人のレンガ職人の話

みなさんは3人のレンガ職人のお話をご存知でしょうか? 私は以前の仕事の時に上司から教えられた話しがあります。 それがこの3人の職人についてです。 一見、職人さんだけに関係のある話しに思えるのですが今からお話しするのは仕事をする上でモチベーションを上げる事が出来る素敵なお話しです。 ある街に行くとレンガを積んでいる職人さんがいました。そして、それぞれの職人...

Read More

本当の豊かさとは

「豊かさ」という言葉から何が連想されるでしょうか。私がまず思い浮かんだのは「物の豊かさ」です。現代は技術や物流が発展し、お金さえあれば欲しいものを、欲しいときに手にすることが出来る時代になりました。しかし先日、「豊かさ=物の豊かさ」という私の中の公式を覆す出来事がありました。 いつも通り仕事を終えて家に帰ると、妻が「今日会った友達からお土産で貰った」と有...

Read More

今日できることは今日やろう明日やろうはバカ野郎

テレビドラマの中でグズグズして自分からは動こうとしない主人公にかけられたセリフです。 今やるべきときにやらないと明日状況が同じというわけではないので明日やりたくてもできなくなり昨日やっとけばよかったと後悔しないように戒める言葉で、昔からある言葉なのかと思っていたらどうやらこのドラマのオリジナルの台詞のようで韻を踏んでいてごろもよくいい言葉だと思います。 ...

Read More

知識は足し算、センスは掛け算

藤本篤志さんの「御社の営業がダメな理由」という本に書かれている言葉です。知識は積み重ねて増やせていけるが、センスは掛け算なので、センスがない人はセンスががる人の何倍も努力しなければいけないという意味です。極端な話し、センスがゼロの事柄に関しては、ゼロに何をかけてもゼロなので、頑張っても意味がないということになります。 例えば芸術のようにセンスという部分が...

Read More

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';