アドベントカレンダー

12月の最大のイベントといえばクリスマスです。 クリスマスとはご存知の通り、イエス・キリストの生誕を祝うキリスト教のお祭りですが 今ではすっかり日本にも定着していて、最近ではお寺でもクリスマスツリーを飾り、クリスマスケーキを食べてお祝いするほど、 日本人にとってもおなじみのイベントとなっています。 さて、皆さんはアドベントカレンダーというもの...

Read More

スポンサーリンク

師走

12月の声を聴くとやはりみなさんも1年の終わりであることを実感すると思います。 他の月と長さが違うわけでもないのに、「ああ、今年も1年が過ぎていくのか」と思うことでしょう。1年間のまとめであると共に次の年への橋渡しとなる月なのでそのように感じるのだと思います。 仕事では、よく時間との勝負という言葉がつかわれます。 この言葉は、この...

Read More

年末と言えば

12月も末が近づくと有馬記念の季節ですね。競馬の知識がない人でも日本ダービーと有馬記念は知ってるよ!という人もいると思います。 この有馬記念は日本中央競馬会の理事長だった 有馬頼寧(ありまよりやす)の提案により始まったレースなんですが元々は「中山グランプリ」との名前のレースでしたが 有馬頼寧の死去により第二回から有馬記念という名称に変更となりました...

Read More

5Sを行うには

5Sとは、「整理」「整頓」「清掃」「清潔」「しつけ」のことです。 「整理」とはいるものといらないものを分け、いらないものを捨てること、断捨離などかこれにあたります 「整頓」とは必要なものが必要な時に取り出せるように整えること。 「清掃」とは、掃除してゴミやホコリのない状態にすること、また実施時期を決めて定期的に行うことで点検の役割もあります。 ...

Read More

千里の道を進み切るためには

千里の道も一歩から、というのは良く言われることですね。 どんな長い道のりも、はじめの一歩を踏み出さなければ何もはじまらないということであります。 一般的に、こういった言葉に勇気付けられて、 スキルアップであったり、新しい業務への挑戦をするのではないでしょうか。 しかしながら、自戒を込めて、過去を振り返るならば、 千里進もうと踏み出した一歩、 その一...

Read More

自動車産業の今後について

自動車産業のこれからについて最近いろいろ考えることがあります。 特に日本においては若者の自動車離れが進んでいて、年間800万台以上販売されていた時代に比べると今は500万台も売れるかどうかという状況。さらには軽自動車のニーズも高まり、普通自動車に関してはなかなかヒット商品も出ないというところです。 しかし、世界的に見れば自動車産業はまだまだ成長し続...

Read More

健康は全ての基本

以前、とある広告で見た「健康でなければ、不健康なことはできない」というキャッチコピーが、非常に印象深く残っています。 考えてみれば、仕事をこなす、趣味を楽しむ、海外旅行に行く、温泉に入った後のビールを堪能する……これらすべて、入院した状態ではできないことですね。 自分の体が健康であることが大前提なのです。 残念ながら人間というものは、健康な状態では...

Read More

テスラモーターズの事故について

アメリカでテスラモーターズのEV車の事故が発生しました。 完全自動運転ではないとはいえ、オートパイロットモードでの交通事故です。これからIT,AI技術を生かして完全自動運転を目指すにあたって、大きな分岐点になってしまう可能性があります。 日本でも東京オリンピックを目指して自動運転の実現を開発している状況です。 しかし、伊勢志摩サミットで数百メ...

Read More

スポンサーリンク

次代を担う子供達への価値観の示唆

最近は価値観の多様化が進み、善悪の判断をいかに行うかと言うことも難しくなってきました。 ドラマや映画、日常の生活においても様々なステークホルダーが絡むので全訳の判断をすることが難しくなるのは当然のことです。 しかし、我々大人にとって子供たちに善悪の判断を教えることができなければならないのは当たり前の務めです。もちろん一昔前の時代劇のように勧善懲悪が...

Read More

昼休みをきちんと確保するといいことがたくさんあるのです

お昼休みの過ごし方は、みなさんそれぞれだと思います。 外回りが多い営業は、アポイントの合間に忙しく済ませてしまうことが多いです。 お弁当や買ってきたコンビニ食など栄養の偏った食事が日々続いている人もいるかもしれません。 このように何気に過ごしている昼休み、お腹を満たす為だけに済ませる食事は仕事効率の低下を招いてしまうこともあるのです。 どういうこと...

Read More

プレゼン能力の重要性について

プレゼン能力の重要性について、皆さんどうお考えでしょうか。 最近では学生の頃からプレゼン能力を伸ばすための研修や授業があり、プレゼンのストーリー作りや資料作り、さらにはプレゼンに臨むスタンスまですべてレクチャーされるようなこともあります。 翻って、日本人はプレゼンがあまり上手ではないといわれてきました。しかし、国際舞台でビジネスのコンペがあるような...

Read More

仕事は仲間を信頼し、和を大事にしてはじめて良い仕事が出来るのです。

皆さんおはようございます。 今月も元気に目標達成の為健康に留意して、仕事に励みましょう。 事故の無いように十分注意してください。 さて、日本には、昔から「和を以て尊しとなす。」と言うことわざがあります。 これは皆さんもご存じの通り、何事かをなすためにはお互いに信頼し合って、力を合わせて、事に当たらなければその仕事は絶対に成就しないと言うことを言った...

Read More

参考にしたい生き方をしている人物について

尊敬する人物、参考にしたい生き方をしている人として小泉純一郎元首相をあげたいと思います。 小泉純一郎元首相は、それまでの政治スタイルを打ち破り卓越した指導力で5年半もの長期政権を維持しました。 そんな小泉氏の行き方で参考にしたいのは、まずわかりやすい話し方です。 小泉氏の話し方は、極めてシンプルで率直なものでした。思ったことを、自分の言葉で飾...

Read More

前向きになれる言葉

皆さんは仕事をする上で、気持ちを奮い立たせたい時、前向きになりたい時に思い出す言葉はあるでしょうか? 私は、イギリス元首相ウィンストンチャーチルの「絶望することは罪である」という言葉が大好きです。ミスを犯して、気持ちが落ち込み絶望しかけた時にこの言葉を思い出して前を向くようにしています。 ウィンストンチャーチルは、第二次世界大戦でイギリスを勝利に導...

Read More

人生のなんで?はなんですか。

みなさんは今何気なく生きていると思います。 普通に起きて、通勤して、仕事をして、帰宅して寝る。そこにはまるで何も意味が無いかのようにです。人生というのは、毎日同じ朝が来て勝手に1日が終わってしまうものと思ってしまうクセは以前の私も同じでした。 もちろん一生懸命仕事はするのですが、生きていることに意味などを求めたことはありませんでした。 しかしそれは...

Read More

スポンサーリンク

「課題の分離」で悩みから自分を開放しよう

アドラー心理学で「課題の分離」という考え方があります。 課題というとなんだか難しく聞こえますが、自分でコントロールできるものかどうか、自分がその結果に対して責任を取る立場にあるかどうかで物事を「自分の課題と」と「他者の課題」に分けます。人間関係の悩みの9割はこの課題の分離がうまくできていないことが原因で起こると言われています。 例えば仕事場面でこん...

Read More

「あたりまえ」を辞める

毎日同じことをしていると それが「あたりまえ」になっていまします。 でもそれって、 ただの自己満足でしょ? この際「あたりまえ」を考え直してみませんか? 自分の中で「あたりまえ」と思っている事を 「ありがとう」に変えてみる。 これってすごく大事な事だと思います。 例えば自分が荷物を大量に運んでいて 何も言わずに同僚がさっとドアを開けてく...

Read More

大人になってもベルマークを集めましょう

今日はベルマークについてお話しさせていただきます。 ベルマークと聞くと、小学生の頃のベルマーク集めを思い出しませんか? お子さんがいらっしゃる方は、現在もしっかり集めていらっしゃるかもしれませんね。 「集めたベルマークで学校の備品などを買っているんだよね」くらいのことはご存知だと思いますが、ベルマークについてもう少し詳しく紹介します。 ベルマーク運...

Read More

宝塚「ブスの25か条」

あの華やかな宝塚でスポットを浴びる前に、宝塚音楽学院の生徒として、勉強と訓練を積むことは皆さんご存知だと思います。 その宝塚音楽学院に「ブスの25か条」という言葉があります。 ちょっと長いですが引用しますと、 01. 笑顔がない 02. お礼を言わない 03. 美味しいと言わない 04. 精気がない 05. 自信がない 06. 愚痴をこぼす 07...

Read More

子孫たちに笑われないように

最近、『忘れられた日本人』という本を読みました。 これは、民俗学者の宮本常一氏が日本全国の村々を歩いて村の老人たちから聞いた体験談や村の変遷の様子などをまとめた本です。 非常に有名な著作で、民俗学的な面でも大きな価値のある本です。 そして、こうした優れた著作があるからこそ、私たちは100年前もの昔の人々の考えや生活を知ることができるのです。 この本...

Read More

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';