チリも積もれば山となる

子供を学童クラブや保育園に迎えに行き、一緒に家まで歩く途中にコンビニエンスストアがあります。 娘達はいつもそこでお菓子を買いたがるので、なんとなくお店に入ってしまいます。 コンビニには昔で言う「駄菓子」的な安いお菓子もあって、子供はいつもそのエリアに陣取って「これがいい」「あれがいい」といいながらお菓子を見定めています。 あまり高いお菓子は無いのでほぼ毎...

Read More

スポンサーリンク

酉年は縁起のいい年

2017年の十二支は酉ですが、漢字で書けますか?普段使う点が4つある「鳥」ではなく、「酒」という字の右側の部分ですよね。この漢字の元々の意味は、口の細い酒つぼであるとか、お酒は熟した果物から作られることから「実る」という意味もあるのだそうです。どうしてこれを「とり」と読むようになったのか理由は定かではないのですが、どうやら単なる当て字のようなのです。 そ...

Read More

充実感のある生活を

若い頃に比べて1日が早い、1年が早いと感じたことはありませんか。この現象は「ジャネーの法則」呼ばれています。 例えば50歳の人の1年は50年生きてきたうちの1年、つまり1/50であり、5歳の人の1年は5年生きてきたうちの1年、つまり1/5ということになります。同じ1年という期間でも5歳より50歳の人の方が生きてきた年月から考えて短い期間に感じるというもの...

Read More

酉は竜より強い

酉年といえば鶏ですが、いつも思い出すお話があります。 沖縄の古い民話の中に「竜は絶対に鶏を襲わない」というものです。 正しい題名は忘れてしまいましたが、小さいころに読んで覚えているお話のひとつです。 あるお医者さんのところに「耳が痛くて眠れない」という患者がやってきます。 調べてみると耳の中に大きなムカデが入っていました。 お医者さんは「こんなことは普...

Read More

酉年に関する雑学について

2017年は酉年ですね。それでは酉年の酉って何の酉か皆様はご存じでしょうか。 酉にはいろいろいると思いますが、これはにわとりのことをさしています。なぜにわとりなのかは定かではないのですが、一説にはにわとりは、朝一番に鳴く酉、ということは新年に一番に鳴く酉という解釈で縁起が良いとされているからと言われています。 干支の置物を置くとき、皆様はどこに置かれて...

Read More

自分は会社に何ができるのか

新年あけましておめでとうございます。 本年のみなさんのご多幸とご健康を心よりお祈りします。 今年の正月は自宅で、年頭の抱負と合わせて、会社が個人に期待していることについて考えてみました。 「事業は人なり」と言いますが、まさしく会社は自分の夢を実現するために、自分の価値観に基づいて入社した、本来、自立した人たちによって事業がおこなわれています。 したがっ...

Read More

主客一如の心

新年あけましておめでとうございます。 本年のみなさんのご多幸とご健康を心より祈念いたします。 今年の干支丙子(ひのえね)。丙は物事が変化し成長する様子を示し、子は万物が勢いよく増加する様を表すとされ、景気は波乱含みであるが、よくなる年のようです。 しかも今年の干支、酉年の「とり」は「とりこむ」と言われ、商売などでは縁起の良い干支と言われています。 変化...

Read More

羽ばたけるのは大地があるおかげ

酉年の最初にやはり思うことは、月並みかもしれませんが、やはり鳥のように羽ばたける年になればなあ、と言う事です。 毎日の仕事の繰り返しの中で、決して安住せずに自分から何かを見つけて少しずつでも羽を広げていきたい、その羽で羽ばたいていきたいと言う事です。 まだまだひな鳥ではあっても、そんな夢をもって開始したい新年です。 そんな風に思いつつふと考え付いたのは...

Read More

スポンサーリンク

時は金なりということことわざがあります。

年があけ、今年は酉年です。1年に先駆けこの酉とは十二支の十番目に当たります。 酉は人に時を告げるとされています。確かに朝いちばんに庭にいる鶏が「こけこっこー」と泣き朝を知らせていたことを思い出します。 人に時を知らせる酉は、人をとりこむといわれ商売繁盛へと導いてくれるとされています。 今年の年賀状の52円切手の部分の絵を知っていますか?12年前は親鶏と...

Read More

新年への意識改革

今年も大過なく年の瀬を迎えることが出来ました。 いつもながら、一年を回顧し新年に対し新たな抱負を考える時期でもあっります。 先行き不透明な海外経済動向、不安定な金融市況、個人消費の低迷が長期化するなか、同業他社を見ても分かるように依然、多くの企業が高いリスクさらされていると思います。 この時期には、企業の優勝劣敗が一段と鮮明になり、特に総合企業は利益の...

Read More

仕事は計画、実行、フォローです。

今年一年大変お疲れ様でした。仕事の終わりの挨拶として申し上げます。まずは今年一年を必ず振り返って頂きたい。年の初めに立てた自分自身、所属するチームでのやろうと決めた事は出来たのか、出来なかったのか?そして出来たのであれば何がよくて出来たのか、出来なかったとしたならば何が原因で出来なかったのか?そしてその出来なっかった要因をしっかり分析する事が大事です。そし...

Read More

年末のお礼と挨拶

会社勤めの人にとって年末の挨拶には2種類あります。 まずは社内です。会社の同僚や部下、上司など会社の大きい小さいにかかわらず、最終出社日には、本年のお礼と挨拶が必要です。いくら仲のいい間柄でも礼儀として必要です。仮に翌日から仕事だとしてもするのが筋です。これを面倒がるようでは社会人としてダメだと思います。 もう一つは取引先に対してです。取引先は自分たち...

Read More

一年を振り返って

今年も一年が終わろうとしています。 今年一年の社会情勢を鑑みると、バングラデシュのダッカ、フィリピンのダバオ、エジプトのカイロなど様々な地域でテロが頻発しました。 このテロのほとんどがイスラム教の過激派組織が行なったものです。 この様な話を聞くと、なんだかイスラム教は悪い宗教である様な感じがしますが、本来のイスラム教は、虫すら殺す事を許されない様な優...

Read More

今年一年を振り返って

今年も間も無く一年が過ぎ去ってしまいます。 今年一年を振り返ってみると、様々な反省点もあります。 これは皆様方も同じだと思います。 この反省点をどの様にして、来年につながるかが大切でありますが、皆様方はどの様にして今年の反省点をまとめているでしょうか。 私は、今年一年間使った手帳にスケジュールとその日の反省点を書き加えて過ごしてきました。 これは...

Read More

クリスマスエルフ

クリスマスは、子供たちにとってプレゼントも楽しみのひとつですが、クリスマスプレゼントはどうやって子供たちの枕元に届くかご存じですか? おそらく、大人は全員が「親がデパートで買っている」とか「子供の祖父母が工面している」とか「インターネットで注文して届けてもらっている」と言うでしょう。 しかし、それは間違いです。サンタクロースが届けているのです。 最近では...

Read More

スポンサーリンク

12月21日は冬至です

暦の二十四節気の中に冬至があることは皆さんよくご存じだと思います。 1年で最も昼の時間が短いので、この日は、太陽の力が最も弱い日とも言えます。 2016年は12月21日がその冬至にあたり、冬至南瓜や柚子湯で厄払いをする風習は有名です。 風邪をひかないように南瓜でビタミンンを補給し、お風呂にゆっくりとつかって身体を温め、疲れを取り、柚子の香りでリラックスし...

Read More

12月23日はなんの日でしょう

さて、25日にクリスマス、31日には大晦日、そして正月と今年もいよいよ終わり日づいてきましたね。 12月はイベントが多いですが12月23日は何の日か知っていますか? 昭和33年の12月23日は東京タワーが完成した日です 東京タワーは知っている方もいると思いますが高さが333メートル 完成当時はエッフェル塔の320メートルを抜いて世界で一番高い建物でした...

Read More

クリスマスが近づいています

誰もが楽しいクリスマスです。子供時代は親からプレゼントをもらって嬉しかった思い出があります。今年は何をくれるんだろうという期待感でいっぱいになります。 そして恋人ができると今度は何を渡そうかとあれこれ考えて楽しい日々が続きます。結婚すると今度は妻や子供に何を買ってあげようと悩んでまた楽しくなります。 自分が子供時代に期待して待ってそして貰って喜んだよう...

Read More

クリスマスの過ごし方

12月といえばクリスマスです。 日本で最初にクリスマスパーティーが開かれたのは明治6年のこと、そして不二家で最初にクリスマスケーキが売られたのは、それよりはるか後の明治48年のことです。 その後、クリスマスの過ごし方は、時代に合わせて変化してきましたが、日本なりのクリスマスのあり方が定着してきているように思います。 日本のクリスマスの最大の特徴は宗教...

Read More

クリスマスとこどもたち

12月といえば、とても忙しい時期ですが、楽しいイベントもその分たくさんあります。 最近はここの近くでもきれいなイルミネーションが見られるようになりましたね。 私の近所の方々も、ものすごく巨大なサンタクロースやトナカイ、クリスマスツリーなどのイルミネーションを準備していました。これが光ったらどうなるんだろう!と今から楽しみです。少し電気代が心配ではあります...

Read More

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';