オープントップバスについて

オープントップバスとは、屋根が無い2階建てのバスのことで、観光バス会社のはとバスが運行を開始したことで有名になり、高速の料金所など、高さギリギリのところを渡っていったりと、目線がいつもと違うので、関東に住んでいる人でも楽しめる観光バスとして人気があります。 また、西鉄バス「FUKUOKA OPEN TOP BUS」 も2012年3月24日より福岡市で運行...

Read More

スポンサーリンク

気持ちのいい「はい」が言えない人は、何ごとに対しても腰が重い。

『気持ちのいい「はい」が言えない人は、何ごとに対しても腰が重い。』は厳しいマナーで有名な平林都さんの言葉です。 一時テレビで時の人となった平林さんですが、接遇という言葉を知っている方も多いのではないでしょうか。 この方のすごいと思ったことは教えの中でどんなお客様に対しても、最高のマナーを守って対応するという精神です。 以前テレビで拝見したときは、お菓子...

Read More

困難は避けるものではなく、解決するものである。

『困難は避けるものではなく、解決するものである。』これは、日産のカルロス・ゴーンの名言です。 この言葉はあの日産の低迷期を救った彼だからこそ、言える言葉なのではないかと思います。 困難なことは普通避けたい、逃げたいと思うのが人間だと考えます。 仕事をする上でできることなら、難しくなく平和にやり過ごしたいと思うのではないでしょうか。 しかし困難を避ける...

Read More

趣味や好きな事は研究熱心になります

一般的に仕事は辛くても、趣味や好きなことは熱中できて楽しいものです。本を読み、ネットで検索し、SNSなどで趣味仲間を増やし、知識も豊富になり、趣味によっては技能や技術も上がります。その分野で極めると新しく始めた人にも教えることができます。 私は趣味と実用を兼ねたパソコンが好きで、ホームページの作成、ブログ運営や色々なソフトを使っての編集や加工など、様々な...

Read More

自分のいう人間のクレジット(信用)を広げる

この度、紹介させて頂くものは、新卒でリクルートに入社したのち、東京都で民間初の中学校校長となった藤原和博さんの著書「必ず食える1%の方法」に書かれていたものです。(お笑い芸人のキングコング西野さんのビジネス書『魔法のコンパス』にて紹介されていたものを引用しています。) 誰にでも出来るアルバイトのような仕事は給料が安いです。収入を上げるためには自分自身を(...

Read More

その時誰を思い浮かべるか?

今取り組んでいることは、皆さんそれぞれに苦労があり、決して楽なことばかりではないはずです。 では、今まさに皆さんが取り組んでいること。 それは一体誰の為に行っていますか? 会社にやれと言われたから、やっているのでしょうか。 上司に怒られない為にやっているのでしょうか。 やらなければならないものだと思って取り組むもの程苦痛なことはありません。 そんな...

Read More

木戸に立てかけし衣食住について

木戸に立てかけし、衣食住についてお話いたします。 ご存知の方もおられると思いますが初対面の方と話すときのテーマ選びの事です。 きは、気候の話、どは、道楽、趣味の話、ニュース、旅、テレビ、家庭、健康、 仕事、 衣、食、住の11個のテーマの中で、話題を見つけて親しくなれるというものです。 自分が好きな話題はもちろんですが、相手が興味を持つ話題がその中に必ず...

Read More

PDCAを活かした生活を送ろう

皆様はPDCAサイクルという言葉をご存知でしょうか? PはPlan(計画)、DはDo(実行)、CはCheck(評価)、AはAct(改善)を繰り返す事で、仕事における効率を徐々に上げていこうという考え方です。 この言葉はビジネス用語なのですが、この考え方は仕事以外でも大いに使う事が出来ます。 例えば趣味で何かスポーツをやっていたとしたら、これくらいのレベ...

Read More

スポンサーリンク

塵も積もれば山となるについて

「塵も積もれば山となる」とは、塵のようにごく僅かなものでも、積もり積もれば大きなものになるということわざです。 その分小さなことでもおそろかにしてはいけないという、戒めのような意味合いもありそうですね。 このことわざは仕事面でも大いに頭に入れておきたいものだと感じます。 事務であればちょっとした書類上のミスであれば、気づいたときに直してそれで終わりとい...

Read More

一発屋芸人について

最近ではお笑い芸人の中でも、一時爆発的にギャグやネタがヒットし有名になるも、しばらくするとテレビで見ることはなくなってしまうという一発屋芸人と呼ばれる人たちを定期的に目にします。 確かにお笑い芸人を含めて芸能界は浮き沈みが激しいところなので、有名でいられ続けれる人はほんの一握りだと思います。 しかし、できることであれば継続して支持されたいと思うことが普...

Read More

早起きは三文の徳ということわざについて

「早起きは三文の徳」ということわざは、朝早く起きると人より早く仕事ができるので、何かと徳という意味があります。 最近は朝活という形で朝早く起きて英語を勉強したり、ランニングしたりという活動をするビジネスマンが増えています。 また、朝の始業前の出勤を推奨し、夜の残業を減らそうとする取り組みを行なっている企業もあると聞いたことがあります。 定時後の夜に残業...

Read More

USJのハリーポッターエリアの立役者の驚くべき構想

今となっては来場者数が年々増加しているUSJですが、一時は経営に苦しくなってしまうような状態になっていました。 そんなときに奇抜なアイデアでUSJに再び光を当てたのが森岡さんという方です。 この方のすごいところは何と言っても常識に囚われないところです。 それは、450億円という大金を投資してハリーポッターエリアを作ろうというものです。 これにはもちろ...

Read More

急がば回れということわざについて

「急がば回れ」とは、急いで物事を成し遂げようとするときは、危険を含む近道を行くよりも、安全確実な遠回りを行く方がかえって得策だという、ことわざです。 急ぐからといって慣れていない道を行ってもかえって迷ってしまい、道に迷って時間がかかってしまうかもしれません。 それよりも多少の回り道をしても知ってる道や本道を通ったほうがかえって早く着くかもしれませんよね。...

Read More

NOと言える勇気を

会社組織は、YESマンが伸びると言われている事がありますが、一概にそのような事は言えないと思います。 様々な企業を見てきますと、上に対して何も考えずにYESと言っている人間は、逆に上からの信用がないのではないかと思います。 上に好かれようとするあまり、上が何か発言をすると、すかさず同意をする人達がいますが、何も考えずにYESマンになっていく事を上司は見...

Read More

日々の疑問を解明することが自分の成長になります

日々生活しているといろんな疑問にぶつかります。仕事中やテレビを見ていてなど色々な場面でふとした疑問が浮かび上がります。 昔なら疑問は人に聞いたり、辞典で調べたりでした。その少ない情報を元に自分のものにしていました。 疑問があっても放置すればそれまでですが、今は情報の時代ですから、疑問があれば、スマホやパソコンで調べたらすぐ出てきます。 その表示された...

Read More

スポンサーリンク

休日の完全リフレッシュ法

通常休日のリフレッシュというのは自分の趣味を楽しんだり、家族と行動したりと人それぞれです。休日は仕事を完全に忘れて何かに没頭すると言うのは大切なことです。 しかし没頭し過ぎて疲れが残り仕事に影響したり、趣味と仕事の切り替えが出来なかったりと完全リフレッシュ出来ない場合があります。 実際私も趣味である釣りに終日没頭し過ぎて、仕事中は疲れが残り、休日前にな...

Read More

時は金なりについて

「時は金なり」ということわざは時間は貴重なもので、お金と同じように大切なものだから、決して無駄にしてはいけないという、いわば戒めのようなことわざです。 時間は有効に使わなくてはいけないということですね。 このことわざはどんな仕事によっても大切になってくると思います。 一日に仕事に費やせる時間はある程度限られています。 同じ仕事を「まだ締め切りまで時間...

Read More

石の上にも三年について

「石の上にも三年」とは辛くても辛抱して続ければ、いつかは成し遂げられるということわざです。 冷たい石でも三年も座り続ければ暖まるということから転じて何事にも忍耐強さが必要ということだそうです。 最近では新入社員が入ってすぐ辞めてしまうということも多く、三年以内の離職率も昔に比べると高くなっていると感じます。 このことわざは仕事に置いても同じことが言える...

Read More

テレビのコマーシャルについて

テレビのコマーシャルはいわば視聴者がドラマやバラエティ、ニュースを見ている間の箸休めの立ち位置にあると思います。 だからこそコマーシャルの途中に別の用事を済ましたり、ただなんとなく見ているだけという人も多いと思います。 コマーシャルだけを熱心に注意して見るという方はなかなかいないのではないでしょうか。 そんな中でも人々の記憶に残るようなコマーシャルが毎...

Read More

仕事においての礼儀作法

「最近の若い奴はー」という表現は、いつの時代でもあります。 しかし、現代の若い人たちのマナーには疑問を持っている事も事実です。 先日、後輩たちとエレベーターに乗りました。 後輩たちは、真っ先にエレベーターに乗り込み奥の方で陣取っており、私が後からエレベーターに乗り込み操作パネルの前に立ちました。 そして、後ろから「すみません。三階のボタンを押して下...

Read More

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';