仕事を効率よく終わらせる方法について

初めての仕事や慣れてない仕事は、なかなか効率よくいきませんね。
問題なのは、同じような仕事を何度やっても効率よく行かない場合です。
しかし効率が悪いからといって、仕事の能力自体が無いと考える必要はありません。
効率は仕事の仕方を工夫したり、経験によるスキルアップによって改善できるものと思います。

非効率な仕事の原因を考えると、大きく3つに分けられます。
その原因をあげて、解決方法を紹介しましょう。

①全体的な処理スピードが遅い。
考えられる原因としては、準備不足、手順が悪い、人が足りない、経験不足などですね。
準備不足はもう一度準備をし直してから再開する、手順が悪いのは手順を考え直して工夫する。
人が足りないのは応援を依頼する、経験不足は経験のある人に意見を聞くとか、経験者と未経験者をペアで組ませて仕事を行なうなどの対応が必要です。

②仕事の途中で、何かの原因により先に進めず停滞する。
本来はそのときに必要だった物や情報が、準備不足や何かの原因で得られず、仕事がストップしている状態ですね。
これはその仕事に従事している人の生産性がゼロになり、最も非効率な状態です。
このときはその必要な物や情報を手配する間、その仕事に関連する他のできる仕事をして、時間的ロスをできるだけ抑えましょう。

③途中で予期しなかったトラブルが発生した場合。
選択肢としては中止する、中断する、かまわず進めるですが、どちらを選ぶかは今の仕事との優先順位にもよりますね。
どちらの選択になっても、まずは上司への報告を行ない、現場の自分の意見を言ったうえで、上司からの指示をもらうことが必要です。

仕事がうまくいかない場合は、遠慮なく他の人の力と知恵を借りましょう。
そのために仲間や上司がいるのですから。
それには、日頃から気軽に話せる人間関係を築いておく必要がありますね。
アドバイスをしてくれる先輩や上司に聞いて、その解決策を見つけるのも一つの方法です。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';