どんと焼き、鳥追い

お正月も過ぎ、そろそろ通常運転に戻っているご家庭も多いかと思います。
さて、皆さんのご自宅ではお正月飾りはどのように処理していますか?

多くの方が神社へ持って行ってるのではと思います。私の自宅でも正月飾りは神社が回収ボックスを設置するので、そちらへ納めています。
そして1月15日頃に自宅付近では、東京でいう「どんと焼き」という行事が行われ、正月飾りをたき火でもやし、その火でおもちや焼き芋を楽しみます。
私の生まれ故郷ではこのどんと焼きを「鳥追い」と言っていたのですが、自宅近くでは「左義長」と呼ぶそうです。
皆さんも子供のころ一度は参加されたことがあるのではないでしょうか。

私も幼少の頃は近所の子どもたちと参加していました。その頃はこの行事の意味が全く理解できておらず、たき火と美味しいものが食べられるという感覚しかありませんでした。
田んぼの真ん中でこの鳥追いが行われていたので、ついでに凧揚げや鬼ごっこを楽しんでいたのがとてもいい思い出です。

最近はたき火の制限地域もあり、この行事をやるのが難しい地域が増えてきたと聞きます。燃やすものダイオキシンの問題でやらないほうがいいという意見もあるようですね。
しかしこういう行事こそ地域とのつながりが深まり、また子供同士が仲良くなるきっかけにもなりますので、なくなって欲しくない行事の一つだなと思っています。

うちの地区は今年もこの左義長をやるという事なので、ちょっと今から楽しみです。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。