ケチることは悪いことではない

会社で仕事をしてますと、コピー機やプリンターの紙をジャンジャン使う人が散見をされます。

自分のお金で印刷をしている訳では有りませんから、コピーや印刷でお金がかかっていると言う意識が欠落しているのかもしれません。

カラー印刷は、白黒印刷と比較をすると約10倍のコストがかかります。

パソコンの初期設定では、白黒印刷ではなく、カラー印刷が設定されている事が多いと聞きます。

会社内で見ていると、カラー印刷でなくても良い様なものを、パソコンの初期設定のまま、カラーでどんどん印刷をして、少し確認をしたら、即ゴミ箱という様な場面を見る事が多いですし、もっとひどいと思うのは、プライベートの飲み会の会場などの地図をカラー印刷して出している場面まで散見されます。

1人が1日10枚の無駄なカラー印刷をしていれば、会社としては100円から150円程度の損失となります。

それが月に20日ほどあれば、2000円から3000円ほどとなり、こんな社員が10人いれば、20000円から30000円の損失を会社が負うことになります。

最終的な利益が売上の10パーセント程度の会社であれば、この損失を取り返すためには、10万円から20万円の売上が必要だという事になります。

小さな節約は、実は大きな事に結びついてしまうのです。

せっかく自分達で立てた売上なのですから、利益も自分達で守り抜くという姿勢が大切なのではないでしょうか。

ケチることは悪いことではありません。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。