レスポンスの重要さ

仕事をしてゆく上でのレスポンスとはなんでしょう?

たとえば、いついつまでに報告書を出しなさいと言われ、期日ギリギリに提出する人、いつも早い人、いつも遅れて催促される人がいます。

当然いつも早い人がレスポンスがいいわけです。このレスポンスが早い人は上司にとって喜ばれます。仕事が早いわけですから次々仕事を指示出来ます。ではいつもギリギリや催促される人はそれなりの対応になるでしょう。

社内でもこのようにレスポンスの差で対応が分かれますが、対外的にはどうでしょう。

取引相手からの問い合わせに対しレスポンスの早い人は、一定時間内に必ず返答します。逆にレスポンスの悪い人は『どうなりましたか?』と取引相手から催促される場合があります。

このレスポンスだけであの人はいい!とかあの人は対応が悪いとか言われる場合があります。さらにそのレスポンスの為にあの会社は対応がいいとか悪いとか会社のことになってしまう場合もあります。

自分が社内の部下や取引相手に依頼する立場だったら、このレスポンスの違いにどう感じるでしょう。

多分レスポンスの悪い人には今後依頼しなくなると思います。それくらいレスポンスというのは重要です。仕事に取り組む姿勢とか、仕事の成果以前の問題です。自分がある程度そういう立場になって初めてわかることです。

実際私もこのレスポンスの重要性を実感したのは取引先から仕入れをする担当になってからです。やってみないとわからなかった問題です。

この経験を今後生かしてゆく為に常にレスポンスのよい対応をしてゆきたいと思います。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';