落語に学ぶ庶民の知恵

12月も押し迫ってきました。 こう忙しいと、笑ってストレスを解消したくなりますね。 いや、八方ふさがりで「もう、笑うしかねえや、ははは、、」と言っているわけではありません。

私は落語が好きで、今でもたまに寄席に行くことがあります。 この頃、イケメンの若い噺家さんが増えました。そうするとお客さんも若い女性が増えて、 なんとなく場違いな雰囲気を感じるようになってきました。

そのうち、「ねえねえ、あそこ、おじさんのくせに、一人で寄席に来ているよ。」「えー、信じられない。」 などと言われるようなことにならないよう、切に祈っている次第でして、、、

この時期になると、聞きたくなるのが、「掛取り」というネタです。今でいうと借金の取り立てについての話ですね。 狂歌や芝居の素養がないと演じられないネタなので、この頃演じる噺家さんも減ってしまいましたが、、、

江戸時代、米やみそなどは庶民でも一回ごとにお金を払わない。掛け買いです。 支払いは、お盆と暮れの年2回です。半年分も溜めると、払えなくなる人がそちらこちらにいたのでしょう。 それを取り立てることを「掛取り」と言いました。 取れなければ、また半年待ちになります。何とも悠長な話しですが、当時のしきたりだからしょうがない。 そんなわけで落語には、何とかして取り立てようとする「掛取り」と、何とかして半年延ばそうという庶民の側との 攻防戦を描いた噺がいくつかあります。「掛取り」もその一つです。

主人公は、貧乏長屋に住む夫婦です。大みそか、次々とやってくる掛取りたちを何とか撃退しようと考えます。 そこで、掛け取りの大好きな趣味を取り入れた言い訳でケムにまき、追い返してしまおうと作戦を練ります。

狂歌に凝っている大家には即興の狂歌攻め。 お互いに狂歌の応酬があり、乗せられた大家はけむに巻かれながらも、いい気分で帰ってしまいます。

次に来たけんかが飯より好きな魚屋には、逆に喧嘩を吹っかけ、挙げ句の果てに借金を棒引きさせて、見事に撃退してしまいます。

こんな感じで、次々に掛取りを撃退した夫婦、めでたく年の瀬を乗り切ることができましたとさ、という話です。

まあ、借金を踏み倒す噺なので、真似をされても困りますが、 どんなに追い詰められた場面でも、相手の懐に飛び込んでしまえば何とかなるものだ、という 庶民のしたたかさを示す噺で、営業にも一脈通じる話しではないでしょうか。

まあ、世知辛い現代で、実際に上手くいくかどうかは責任持ちませんが。

それでは、今日も 1日頑張りましょう。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';