次代を担う子供達への価値観の示唆

最近は価値観の多様化が進み、善悪の判断をいかに行うかと言うことも難しくなってきました。

ドラマや映画、日常の生活においても様々なステークホルダーが絡むので全訳の判断をすることが難しくなるのは当然のことです。

しかし、我々大人にとって子供たちに善悪の判断を教えることができなければならないのは当たり前の務めです。もちろん一昔前の時代劇のように勧善懲悪が当たり前であれば、ウルトラマンや仮面ライダーのように正義と悪が明らかな場合は大人も子供に対して非常に示唆を与えやすい時代でした。

今は子供向けのテレビ番組や映画であっても勧善懲悪と言う声かけが少なく明らかな悪者がいないというのがストーリー展開としては多くなっています。

ですからこうしたテレビや映画を主張した後に子供と会話していてもあの人はいい人なのか悪い人なのかを聞かれて回答が違うと言うことが多くなります。そこで大人が誤った示唆を与えてしまうと、未来に向けて大きな過ちを犯すことになります。

このように価値観が多様な時代だからこそ大人がしっかりとした善悪の判断ができる価値観を持つことが非常に重要になると思います。

これからの時代、さらに大きな変化が訪れ、人間の価値観や判断が大きく左右されることが出てきます。今、我々大人たちが正しい価値観や判断を子供たちに教えてあげることが、素晴らしい未来につながるということを心に留めて子供たちと接していくことが大事だと思います。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';