プレゼン能力の重要性について

プレゼン能力の重要性について、皆さんどうお考えでしょうか。

最近では学生の頃からプレゼン能力を伸ばすための研修や授業があり、プレゼンのストーリー作りや資料作り、さらにはプレゼンに臨むスタンスまですべてレクチャーされるようなこともあります。

翻って、日本人はプレゼンがあまり上手ではないといわれてきました。しかし、国際舞台でビジネスのコンペがあるような場合は間違いなくプレゼンが必要になります。

資料の作り方やバックデータに関しては、間違いなく日本人はレベルが高いと思います。課題はいかにプレゼンの能力を高めること言うところになります。

日本の企業のトップはここ数年来見ていると間違いなく欧米のトップに負けないほどのプレゼン能力を備えるようになっています。例えば、年頭の挨拶や新商品の発表時のプレゼン等は欧米のトップに比べても全くひけは取りません。

そして、これから企業でプレゼンを行うような世代は小学生や中学生、高校そして大学に至るまでプレゼンのレッスンを受けてきた強者達です。こうした世代が実践でさんにプレゼン能力を磨くことによって海外の企業とも張り合うことができるようになると私は信じています。

私自身も、社外のプレゼン研修を受けることで自分自身のプレゼン能力を伸ばしていきたいと考えています。こうしたスピーチの機会が増えれば増えるほど自分自身には自信がつくと信じています。何よりも番になれることが重要なポイントになります。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';