広告宣伝の手法について

だれしもが感じていることとして、従来のメディア、いわゆるテレビやラジオ、新聞に対する接触時間は若い世代になればなるほど減っています。

高い世代であっても、例えば、テレビに関してはTVCMを飛ばして視聴することによって、実質広告宣伝に触れる時間が圧倒的に減っていると言わざるを得ません。

では、これからの広告宣伝についてはどうあるべきかかんがえたことがあるでしょうか。

基本的にはオンラインメディア、いわゆるインターネットへの投資比率を高めていくべきという一般論がありますがこれだけではまだまだこれからの指針とするには弱いところがあると思います。

インターネットとはいえ、パソコン向けなのか、そしてニュースサイトが良いのか、キュレーションサイトが良いのか、それともSNSがよいのか、どういったところに広告を出稿していくことが有効なのかはまだまだ研究の余地があります。

また、単に広告を出稿するだけではせっかくの双方向性がもったいないのでリアルとの融合も考えたり、企業広告としての方向性をそこに入れ込んだりと様々な可能性を追っていくことができます。

だからこそ、これからは広告代理店の提案力が大事になってくることはもちろん、企業側の宣伝担当者も何をどうした投資にすれば、有効であるかのビジョンを考えていくことが非常に大きなミッションになります。

そしてその効果を探りつつでもしっかり確認し、試行錯誤しながら新たな施策を決めていかねばなりません。

スポンサーリンク

もう1記事読んでみませんか?

スポンサーリンク

フォローしませんか?

follow us in feedly

タグ

スポンサーリンク
お探しの記事は見つかりましたか?
サイト内検索も行えます。
';